SUGIZOソロ20周年記念アルバム『ONENESS M』から、第二弾発表の参加アーティスト6名コメントを公開

多彩なゲスト・ヴォーカリストを迎えて制作され、11月29日に発売となるSUGIZOソロ活動20周年のオリジナル作品『ONENESS M』。このアルバムに参加したアーティストの中から、先日発表された第一弾発表の参加アーティストに続き、第二弾発表アーティスト、TAKURO(GLAY)、京(DIR EN GREY/sukekiyo)、TOSHI-LOW(BRAHMAN)、清春、MORRIE(DEAD END/CREATURE CREATURE)、川上洋平([Alexandros])の6名のコメントが公開となった。

また、アルバム収録曲である「VOICE feat.清春」、「感情漂流 feat.辻 仁成」、「PHOENIX ~HINOTORI~ feat.Toshl」、「巡り逢えるなら feat.TERU」、「Rebellmusik feat.K Dub Shine」の5曲を試聴できるクロスフェード動画も公開された。使用されている写真も初公開の写真となっている。

なお、11月14日(火)深夜24時からiTunesにて『ONENESS M』のプレオーダーが全世界116か国で開始され、予約すると「VOICE feat.清春」、「感情漂流 feat.辻 仁成」の2曲が先行ダウンロードできる。

iTunesリンク(*11月14日(火)深夜24時から有効)
https://itunes.apple.com/jp/album/1304217080?app=itunes&at=10I3LI

また、『ONENESS M』特設サイトも公開となっている。
http://www.sugizo.com/20th/index.html

■参加アーティストコメント

僕は毎日スギゾーさんの為にお祈りしています。
「神様、スギゾーさんはあんなに音楽を愛しているのだから
今度生まれかわってもどうか大好きな音楽の1番近くに生まれかわりますように」と。

「人間なんて贅沢は言いません。例えばジョンの丸メガネ、ジミヘンのヒゲとかボウイのジギーの衣装やなんなら、INORAN君の投げるようのピックとか。」
毎日毎日僕は祈っているのです。
TAKURO(GLAY)

絶望と美

この楽曲の持つ旋律から感じたこの2つのワードを
自分なりに咀嚼し、自分の世界観を滲ませました。
京(DIR EN GREY/sukekiyo)

拝啓 スギちゃん

ソロ作るから言葉入れてよ!的なお誘いを受けて
ああ何か大人数でコーラスをやる感じだと思って
あ~いいよ~!なんて軽~く返事をしたら
俺の音楽経験上に全くない音がビッチリ入った
芸術点の高すぎる楽曲がガツンっと送られてきて
今まで力技だけで音楽をギリ何とか演っちゃってる俺の
頭の先っぽから煙がプスプス焦げつき始めて
何なの!(怒)これは最新型の辱めプレーなの?って時に
スギちゃんから送られてきた曲のへのヒントの言葉
「悪化の一途を辿る世界情勢、睨み合いをやめられない悲しいレベルの各国家、迷走する日本政府、震災後の新しい生き方を模索する日本。できれば最後にはポジティブな方向へ…」
はあ!?このドロ沼の状況の最後にポジティブ!?何々この超難題!?
脳味噌筋肉の俺に難しすぎんだろ~…って諦めかけてた
レコーディング前日に中津川のフェスで一緒に歌った
仲井戸”CHABO”麗市が最後に朗読したその一言に希望の救いを見つけ
何とか「Garcia」を仕上げることが出来ました
これが正解だったのか合格点に辿りついたかはわからないけど
スギちゃんと一緒にこの曲を作りあげられたことは
これからどんな未来になろうが胸を張って生きられる証になるよ
また夜明けまでフラっフラになるまで飲もうよ
あの日の朝の約束を石巻で実行してくれて
本当にありがとう

心の同志 TOSHI-LOWより
TOSHI-LOW(BRAHMAN)

美学を貫き昇天させ、変化させられる人は少ない
お互いの美学が共鳴し合う関係にあるギタリストとヴォーカリストの例も日本にはあまりない
SUGIZO君と知り合い
SUGIZO君を見ていて思う
数少ない、僕にとって理想的な人だと
清春

始めに世界ありき。音楽的才能に恵まれたギタリストは数あれど、音楽を通じて独自の世界を実現しようとしているギタリストは稀にしかいません。SUGIZOはそんな世界を持っている数少ないギタリストの一人だと思っています。そして、ここにSUGIZOの世界と私の世界の融合が果たされました。死、すなわち永遠の無の眠りの果てには何があるのだろうか。そんなことに思いを馳せながら歌いました。あなたの永遠のレクイエムに。
MORRIE(DEAD END/CREATURE CREATURE)

この度はSUGIZOさんのソロ作品に参戦させていただき、誠に光栄です。しかもTAKUROさんが書いた歌詞を歌えるなんて「RYUICHIさんとTERUさんの気持ちを一瞬でも味わえる」と胸が躍りました。そして実はそのTERUさんにSUGIZOさんとの一席を設けていただき、今回のお話に至ったことも感謝です。
川上洋平([Alexandros])

■ニュー・アルバム発売情報

SUGIZO『ONENESS M』
2017年11月29日発売
【初回限定盤】と【通常盤】の2形態で発売。

【初回限定盤】
品番:UICZ-9099
価格:\10,000(税抜)、\10,800(税込)
2CD(SHM-CD)+Photo Book+三方背ケース
[CD1:フィーチャリング・ヴォーカル・アルバム]
[CD2:CD1のヴォーカルレス・インスト・アルバム]
[Photo Book:撮り下ろし写真集+ライナーノーツで約100P]
※マスタリング・エンジニア:スチュワート・ホークス(metropolis)
※プレイパス(R)対応
CD予約はこちら
http://store.universal-music.co.jp/product/uicz9099/

1.永遠(※ヨミ:トワ)feat. RYUICHI
2.Daniela feat. Yoohei Kawakami
3.絶彩(※ヨミ:ゼッサイ)feat. 京
4.Rebellmusik(※ヨミ:リベルムジーク)feat. K Dub Shine
5.巡り逢えるなら feat. TERU
6.PHOENIX ~HINOTORI~ feat. Toshl
7.Garcia feat. TOSHI-LOW
8.感情漂流 feat. 辻仁成
9.VOICE feat. 清春
10.光の涯 feat. MORRIE

■『ONENESS M』リリースイベント情報

11/19(日)「石巻BLUE RESISTANCE」ライヴ終焉後プレミアムサイン会
11/22(水)「名古屋Electric Lady Land」ライヴ終焉後プレミアムサイン会
11/23(木)「大阪ESAKA MUSE」ライヴ終焉後プレミアムサイン会
11/24(金)「タワーレコード梅田NU茶屋町店」トーク・セッション&サイン会
11/25(土)「柏PALOOZA」ライヴ終焉後プレミアムサイン会
12/03(日)「HMV&BOOKS TOKYO」トーク・セッション&サイン会
12/06(水)「Zepp Tokyo」ライヴ終焉後プレミアムサイン会

ライヴ終焉後プレミアムサイン会についての詳細はこちら
http://www.universal-music.co.jp/sugizo/news/2017-10-23-event/
トーク・セッション&サイン会についての詳細はこちら
http://www.universal-music.co.jp/sugizo/news/2017-10-23-event02/

■ツアー情報
「SUGIZO TOUR 2017 Unity for Universal Truth」
11月19日(日)石巻BLUE RESISTANCE Open 16:30 / Start 17:00
11月22日(水)名古屋Electric Lady Land Open 18:00 / Start 18:30
11月23日(木・祝)大阪ESAKA MUSE Open 16:30 / Start 17:00
11月25日(土)柏 PALOOZA Open 16:30 / Start 17:00
12月6日 (水)Zepp Tokyo Open 17:30 / Start 18:30

チケット情報はこちら
http://sugizo.com/2017tour//index.html

関連NEWS

  1. YOSHIKI舞台挨拶「倒れるその瞬間まで」語るも無念のドクターストップ

  2. コーン、2018年3月に来日公演が決定

  3. H ZETTRIO 年末追加公演、年明けホールツアー、完売続出! 来春ニュー・アルバム発表!アジア国際映画祭上映作品に新曲提供も!

  4. LUNA SEA主宰フェス、オープニングアクトに「LUNACY」が決定

  5. RIZE 結成20周年イヤー企画、ファン投票による ”ALL TIME BEST mixed by MIGHTY CROWN” の制作が決定!

  6. ローリング・ストーンズ、『オン・エア』より“(I Can’t Get No) Satisfaction”を公開

  7. GLAY「無償提供したい」結婚式での楽曲使用に全面協力

  8. リアム・ギャラガー、オアシス解散以降のノエル・ギャラガーについて語る

  9. 斉藤和義 25周年イヤー突入で41都市47公演のツアーを発表

  10. YOSHIKI「前に進む事がリハビリに」ウルトラFES2017で復活への1歩

  11. ロバート・プラント、トム・ペティの死について「あまりに早過ぎる」と語る

  12. 石川さゆり SUGIZO KenKenら“怪物舞踏団”がシークレットライブ

  13. デイヴ・グロール、レッチリのチャドとポール・マッカートニーのドラム演奏について語る

  14. ゲスの極み乙女。新曲MV 「週刊文春」と驚愕コラボ

  15. 松たか子 NHK朝ドラ主題歌で8年ぶりシングル発売