U2、新作よりケンドリック・ラマー参加の新曲“American Soul”を公開

U2はニュー・アルバムよりケンドリック・ラマーが参加した新曲“American Soul”を公開している。

PRESS

Photo: PRESS

U2は12月1日に通算14作目となるニュー・アルバム『ソングス・オブ・エクスペリエンス』をリリースする。本作は2014年にリリースした前作『ソングス・オブ・イノセンス』と対をなす作品となっている。

“American Soul”はケンドリック・ラマーの最新作『ダム』に収録されている“XXX.”のメロディーを使ったものとなっている。

新曲“American Soul”はこちらから。

『ソングス・オブ・エクスペリエンス』は、ダブリン、ニューヨーク、ロサンゼルスでレコーディングが行われた。アイルランドの詩人・小説家であり、ダブリンのトリニティ・カレッジの名誉教授であるブレンダン・ケネリーがボノに「自分が死んだかのように書くのだ」とアドバイスしたことが、アルバムの主題に影響を与えたという。

アルバムのプロデューサーは、U2のアルバムではおなじみのジャックナイフ・リー、ライアン・テダーとスティーヴ・リリーホワイトに加え、アンディ・バーロウ、ジョリオン・トーマス(ロイヤル・ブラッド、スレイヴスなど)も名を連ねている。

アルバム・ジャケットはアントン・コービンによる写真で、写っている2人はイーライ・ヒューソンとサイアン・エヴァンス、それぞれU2のボノとジ・エッジの子供である。

iTunesではアルバムの予約が受け付けられており、予約すると先行で“You’re The Best Thing About Me”、“Get Out Of Your Own Way”、“The Blackout”、“American Soul”の4曲をダウンロードできる。

リリースの詳細は以下の通り。

U2
『ソングス・オブ・エクスペリエンス』 2017年12月1日発売
CD: UICI-9068 / ¥2,500+税
日本盤ボーナス・トラック1曲収録
1. ラヴ・イズ・オール・ウィ・ハヴ・レフト
2. ライツ・オブ・ホーム
3. ベスト・シング
4. ゲット・アウト・オブ・ユア・オウン・ウェイ
5. アメリカン・ソウル
6. サマー・オブ・ラヴ
7. レッド・フラッグ・デイ
8. ザ・ショウマン(リトル・モア・ベター)
9. ザ・リトル・シングス・ザット・ギヴ・ユー・アウェイ
10. ランドレディ
11. ザ・ブラックアウト
12. ラヴ・イズ・ビガー・ザン・エニシング・イン・イッツ・ウェイ
13. 13(ゼア・イズ・ア・ライト)
14. オーディナリー・ラヴ(エクストラオーディナリー・ミックス)
15. ブック・オブ・ユア・ハート
16. ライツ・オブ・ホーム(セント・ピーターズ・ストリング・ヴァージョン)
17. ベスト・シング(U2 VS カイゴ)
18. ザ・ブラックアウト(ジャックナイフ・リー・リミックス) ※日本盤ボーナス・トラック

RECOMMEND NEWS

  1. マリリン・マンソン、ジャスティン・ビーバーが送ってきた謝罪メールの内容を明かす

  2. GLAY『聖者のいない町』がドラマ「マクガイバー」ED曲に決定

  3. YUKI、自らポールに 15th第2弾シングルはインパクトある逆立ち

  4. ロバート・プラント、トム・ペティの死について「あまりに早過ぎる」と語る

  5. U2、“Get Out Of Your Own Way”のビデオ撮影をトラファルガー広場で敢行

  6. ハードフロア、『交響詩篇エウレカセブン』新劇場版挿入曲の“Acperience 7”のビデオが公開

  7. H ZETTRIOの「Dancing in the mood」が テーマパーク“東京ミステリーサーカス”の イメージソングに決定!

  8. PUFFY大貫亜美「肝障害と言われるほどの数値…」快方へ退院報告

  9. BiSH 自身出演「Mステ」内TVCMで”最大のお知らせ”

  10. 米米CLUB、結成35周年…時代を先駆けてきた音楽ショーを特別披露

  11. マルーン5、最新シングル“What Lovers Do”のミュージック・ビデオを公開

  12. GREENROOM FESTIVAL’18、開催が決定。第1弾アーティストが発表に

  13. セックス・ピストルズ、40周年を記念して『勝手にしやがれ!!』の35周年盤が再発されることに

  14. ラスベガスの音楽フェスで銃乱射事件が発生。現場の映像がオンラインに

  15. リバティーンズ、9/22に予定されていたブラックプール公演を延期することを発表