ジミー・ペイジ、レッド・ツェッペリン結成50周年の2018年は驚くべきことが起こると語る

ジミー・ペイジは来年レッド・ツェッペリンが結成50周年を迎えるのを受けて「ありとあらゆる驚くべきこと」が起こると予告している。

レッド・ツェッペリンは1968年に結成され、1980年に解散している。以降、4度しか一緒にパフォーマンスを行っておらず、最後は2007年となっている。

アカデミー・オブ・アチーヴメントのインタヴューでジミー・ペイジは、残っているメンバーで2018年の節目を祝福するつもりだと語っている。「レッド・ツェッペリンの商品が出る予定なんだ。きっとみんなが聴いていないものなんだけどね。だって、僕は今それに取り組んでいるからね」

彼は次のように続けている。「来年は結成50周年だからね。ありとあらゆる驚くべきことが起こるよ」

インタヴューの映像はこちらから。

一方、ロバート・プラントは先日レッド・ツェッペリンの曲の中にもう聴かないものがあることを認めている。ロバート・プラントは今なおソロ・ライヴでレッド・ツェッペリンの楽曲を演奏しているものの、いくつかの曲で自分のヴォーカルに耐えられないものがあると語っている。

「“Babe I’m Going To Leave You”のような曲だとさ、あの曲の僕のヴォーカルを今聴くと、ゾッとすると気づいたんだ。僕はもっと静かにしとくべきだったってね」

最新アルバム『キャリー・ファイアー』をリリースしたロバート・プラントはレッド・ツェッペリンをもう一度やることについても否定している。「後退することはできないわけでね。1年前のことでも同じことを繰り返すのは厳しいわけで、49年前のことならなおさらでね。進み続けるしかないんだよ」

関連NEWS

  1. Greta Van Fleet

    Greta Van Fleet、「サタデー・ナイト・ライヴ」のパフォーマンス映像が公開

  2. テイラー・スウィフト、ゾンビに変身するまでを追った舞台裏映像を公開

  3. ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ、来年1月に新作をリリース&新曲を公開

  4. “テラスハウス史上No.1美少女”Niki「JELLY」表紙に初登場

  5. フランツ・フェルディナンド、10/25に新曲をリリースすることを予告か

  6. BiSH 自身出演「Mステ」内TVCMで”最大のお知らせ”

  7. ポール・マッカートニーとリンゴ・スター、トム・ペティに追悼の意を表明

  8. テイラー・スウィフト、“All Too Well”の歌詞に出てくるスカーフについてマギー・ギレンホールが語る

  9. ビョーク、新作『ユートピア』からの新曲“Blissing Me”を公開

  10. ビーチ・フォッシルズ、デイグローとの共演で3月に来日公演が決定

  11. ビートルズのプロデューサーのジョージ・マーティン、未発表曲を収録したアルバムが発売へ

  12. XTCのアンディ・パートリッジ、著作の邦訳版が12月に刊行されることに

  13. アンダーワールド、日本時間10/21午前4時よりアムステルダム国立美術館のライヴが生中継

  14. UKのレコード会社の収入、ブリットポップ期以来で最高の伸び率を記録したことが明らかに

  15. オーディナリー・ボーイズのプレストン、酔ってバルコニーから転落して入院していたことが明らかに