ノエル・ギャラガー、“Whatever”のビデオで小汚い格好をしていた理由を語る

ノエル・ギャラガーはオアシスの1994年のシングル“Whatever”のミュージック・ビデオでなぜあんな小汚い格好をしていたのかについて説明している。 ノエル・ギャラガーはクリスマス週の第1位を獲得していないが、この年最も近くまで迫っていて、イースト17によるクリスマスのクラシック“Stay Another Day”とマライア・キャリーの“All I Want For Christmas Is You”に負けて、3位に甘んじている。 “Whatever”の成功にもかかわらず、この曲のミュージック・ビデオでノエルは小汚い格好をしており、その理由について「アラン・カー・クリスマス・チャッティ・マン」という特別番組でアラン・カーに説明している。 「あの日は酔っ払っていたんだ」とノエル・ギャラガーは語っている。 「徹夜して飲んでてね。あの時着ていたのは、普段ミュージック・ビデオの撮影の時に着るものじゃなかったんだよ」 「あの夜は出掛けて、パブに行ったんだ。起きたらメイダ・ヴェールのバス・ターミナルだったんだ」 彼は次のように続けている。「まだ携帯電話のある時代の前だったからね。ミュージック・ビデオの撮影をどこでやるか知らなかったんだ。誰とも連絡をとる方法がなかったんだよ」 「俺がタクシーを止めようとしている時にレーベルの奴がたまたま通りかかってね。どこに行くかも知らなかったんだけどさ。でも、素晴らしいビデオにはぴったりだったんじゃないかな」 クリスマスが好きかどうかを尋ねられると、ノエル・ギャラガーは次のように語っている。「クリスマスは嫌いだよ。俺は2人のアイルランド人にクリスマスにちなんで名付けられたんだけどな!」 「(クリスマスの)広告を見るとムカつくんだよ。最近放送されてる(ヴォーダホンの)マーティン・フリーマンのやつとかな。ナンセンスだね。あれのどこがクリスマスと関係あるんだ?」 「クリスマスで何をやんなきゃいけないんだろうね? イエス様にしなきゃならないことは? 誰もイエスのことなんて言ってないだろ」 「俺はああいう広告とかがダメでさ。俺の曲にすんごい金を払ってくれるのは別だけどな。それは問題ないからね」

関連NEWS

  1. ザ・ナショナル、約30分のスタジオ・ライヴ映像が公開

  2. H ZETTRIO、新曲「What’s Next」が NECのノートPC「LAVIE Note NEXT」CMソングに! 11月中旬以降、全国オンエア!映像には本人も出演。 該当曲12/6(水)配信リリース

  3. リンプ・ビズキット、2018年4月に来日公演が決定

  4. リンゴ・スター、イギリスのEU離脱についてどんどん進めるべきだと語る

  5. ザ・フラテリス、2018年3月に新作をリリースすることを発表&新曲を公開

  6. ザ・1975のマット・ヒーリー、新たにEPをリリースすることを示唆か

  7. 坂本龍一 ドキュメンタリー「Ryuichi Sakamoto: CODA」で東京国際映画祭の第4回SAMURAI賞を受賞。”音で感じられる映画であって欲しい”

  8. マリリン・マンソン、テキサス州銃乱射事件を受けてマシンガンを使った自身の演出について声明

  9. GLAY 55thシングルジャケット解禁&リード曲先行配信スタート

  10. リンキン・パークのチェスター・ベニントンの息子、国際自殺予防週間に際してメッセージ動画を公開

  11. ウドー音楽事務所が招聘した海外アーティストのサインやギター、秘蔵写真の展示会が有楽町で開催

  12. ナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナー、ドラッグが人生にもたらしたものを語る

  13. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、スポティファイで新たなプレイリストが公開

  14. ホワイト・ストライプス、新たなライヴ・アルバムがリリースされることが明らかに

  15. AC/DCのマルコム・ヤングが逝去。享年64歳