ノエル・ギャラガー、“Whatever”のビデオで小汚い格好をしていた理由を語る

ノエル・ギャラガーはオアシスの1994年のシングル“Whatever”のミュージック・ビデオでなぜあんな小汚い格好をしていたのかについて説明している。 ノエル・ギャラガーはクリスマス週の第1位を獲得していないが、この年最も近くまで迫っていて、イースト17によるクリスマスのクラシック“Stay Another Day”とマライア・キャリーの“All I Want For Christmas Is You”に負けて、3位に甘んじている。 “Whatever”の成功にもかかわらず、この曲のミュージック・ビデオでノエルは小汚い格好をしており、その理由について「アラン・カー・クリスマス・チャッティ・マン」という特別番組でアラン・カーに説明している。 「あの日は酔っ払っていたんだ」とノエル・ギャラガーは語っている。 「徹夜して飲んでてね。あの時着ていたのは、普段ミュージック・ビデオの撮影の時に着るものじゃなかったんだよ」 「あの夜は出掛けて、パブに行ったんだ。起きたらメイダ・ヴェールのバス・ターミナルだったんだ」 彼は次のように続けている。「まだ携帯電話のある時代の前だったからね。ミュージック・ビデオの撮影をどこでやるか知らなかったんだ。誰とも連絡をとる方法がなかったんだよ」 「俺がタクシーを止めようとしている時にレーベルの奴がたまたま通りかかってね。どこに行くかも知らなかったんだけどさ。でも、素晴らしいビデオにはぴったりだったんじゃないかな」 クリスマスが好きかどうかを尋ねられると、ノエル・ギャラガーは次のように語っている。「クリスマスは嫌いだよ。俺は2人のアイルランド人にクリスマスにちなんで名付けられたんだけどな!」 「(クリスマスの)広告を見るとムカつくんだよ。最近放送されてる(ヴォーダホンの)マーティン・フリーマンのやつとかな。ナンセンスだね。あれのどこがクリスマスと関係あるんだ?」 「クリスマスで何をやんなきゃいけないんだろうね? イエス様にしなきゃならないことは? 誰もイエスのことなんて言ってないだろ」 「俺はああいう広告とかがダメでさ。俺の曲にすんごい金を払ってくれるのは別だけどな。それは問題ないからね」

RECOMMEND NEWS

  1. アンダーワールド、日本時間10/21午前4時よりアムステルダム国立美術館のライヴが生中継

  2. ビョーク、ニュー・シングル“The Gate”のミュージック・ビデオを公開

  3. リアム・ギャラガー、オアシスの再結成を断る条件を明かす

  4. ジャック・ホワイト、突如新曲“Servings and Portions from my Boarding House Reach”を公開

  5. YUKIYA(D≒SIRE/JILS)率いるKαin、 結成10周年記念の関西ライブ、 11月25日赤坂BLITZワンマン開催決定

  6. ゲスの極み乙女。新曲MV 「週刊文春」と驚愕コラボ

  7. カセットストアデイジャパン2017のアンバサダーに初音ミクが就任! 初音ミクの楽曲から厳選されたオムニバス形式のカセットアルバムもリリース!

  8. ノエル・ギャラガー、ビゲスト・ウィークエンドでの“Don’t Look Back In Anger”の映像が公開

  9. ノエル・ギャラガー、プレミア・リーグ優勝を決めたマンチェスター・シティを祝福

  10. リアム・ギャラガー、オアシスの最初の3作を全編演奏したいと語る

  11. 「絢香&三浦大知」がシングルリリース、プロデューサーは小林武史

  12. H ZETTRIOの「Dancing in the mood」が テーマパーク“東京ミステリーサーカス”の イメージソングに決定!

  13. グレース・ヴァンダーウォール、フル・アルバムのリリースを発表&新曲を公開

  14. テロ事件から1年を受けてマンチェスター市民がオアシスの“Don’t Look Back In Anger”を大合唱

  15. U2、新作が全米1位を獲得して全米チャートにおける新記録を樹立