ノエル・ギャラガー、“Whatever”のビデオで小汚い格好をしていた理由を語る

ノエル・ギャラガーはオアシスの1994年のシングル“Whatever”のミュージック・ビデオでなぜあんな小汚い格好をしていたのかについて説明している。 ノエル・ギャラガーはクリスマス週の第1位を獲得していないが、この年最も近くまで迫っていて、イースト17によるクリスマスのクラシック“Stay Another Day”とマライア・キャリーの“All I Want For Christmas Is You”に負けて、3位に甘んじている。 “Whatever”の成功にもかかわらず、この曲のミュージック・ビデオでノエルは小汚い格好をしており、その理由について「アラン・カー・クリスマス・チャッティ・マン」という特別番組でアラン・カーに説明している。 「あの日は酔っ払っていたんだ」とノエル・ギャラガーは語っている。 「徹夜して飲んでてね。あの時着ていたのは、普段ミュージック・ビデオの撮影の時に着るものじゃなかったんだよ」 「あの夜は出掛けて、パブに行ったんだ。起きたらメイダ・ヴェールのバス・ターミナルだったんだ」 彼は次のように続けている。「まだ携帯電話のある時代の前だったからね。ミュージック・ビデオの撮影をどこでやるか知らなかったんだ。誰とも連絡をとる方法がなかったんだよ」 「俺がタクシーを止めようとしている時にレーベルの奴がたまたま通りかかってね。どこに行くかも知らなかったんだけどさ。でも、素晴らしいビデオにはぴったりだったんじゃないかな」 クリスマスが好きかどうかを尋ねられると、ノエル・ギャラガーは次のように語っている。「クリスマスは嫌いだよ。俺は2人のアイルランド人にクリスマスにちなんで名付けられたんだけどな!」 「(クリスマスの)広告を見るとムカつくんだよ。最近放送されてる(ヴォーダホンの)マーティン・フリーマンのやつとかな。ナンセンスだね。あれのどこがクリスマスと関係あるんだ?」 「クリスマスで何をやんなきゃいけないんだろうね? イエス様にしなきゃならないことは? 誰もイエスのことなんて言ってないだろ」 「俺はああいう広告とかがダメでさ。俺の曲にすんごい金を払ってくれるのは別だけどな。それは問題ないからね」

RECOMMEND NEWS

  1. ヒューイ・ルイス アンド ザ・ニュース、11月の来日公演で追加公演が決定

  2. スカパラ 走行中の都営大江戸線でシークレットライブ

  3. リアム・ギャラガー、ツイッターが自身のキャリアを「潰す」可能性があると語る

  4. ニール・ヤング、50年以上に及ぶキャリアを網羅した音源をオンラインで無料にて公開

  5. ポール・マッカートニー、アーカイヴ・コレクション既発8タイトル日本盤は紙ジャケ仕様

  6. GLAY 55thシングルジャケット解禁&リード曲先行配信スタート

  7. ガービッジのシャーリー・マンソン、モリッシーの性的告発に対する見解を非難

  8. ウィーザー、フー・ファイターズとのジョイント・ツアーを行うことになった理由を語る

  9. トム・ペティ、訃報に際してマネージャーが発表した声明の全文訳を掲載

  10. プラネタリウム“満天” GLAYとコラボ、テーマ曲は名曲『春を愛する人』

  11. 窪田正孝、筧美和子ら出演の愛憎劇「犬猿」主題歌はACIDMAN

  12. DURUMMER KAZIによる主催イベント開催

  13. リバティーンズ、12月にブラックプールで予定されていた公演がキャンセルに

  14. リンキン・パーク、チェスター・ベニントンの追悼公演をロサンゼルスで行うことを発表

  15. Superfly 髪をバッサリ切って復活、10周年記念ライブで力強い歌声