ノエル・ギャラガー、“Whatever”のビデオで小汚い格好をしていた理由を語る

ノエル・ギャラガーはオアシスの1994年のシングル“Whatever”のミュージック・ビデオでなぜあんな小汚い格好をしていたのかについて説明している。 ノエル・ギャラガーはクリスマス週の第1位を獲得していないが、この年最も近くまで迫っていて、イースト17によるクリスマスのクラシック“Stay Another Day”とマライア・キャリーの“All I Want For Christmas Is You”に負けて、3位に甘んじている。 “Whatever”の成功にもかかわらず、この曲のミュージック・ビデオでノエルは小汚い格好をしており、その理由について「アラン・カー・クリスマス・チャッティ・マン」という特別番組でアラン・カーに説明している。 「あの日は酔っ払っていたんだ」とノエル・ギャラガーは語っている。 「徹夜して飲んでてね。あの時着ていたのは、普段ミュージック・ビデオの撮影の時に着るものじゃなかったんだよ」 「あの夜は出掛けて、パブに行ったんだ。起きたらメイダ・ヴェールのバス・ターミナルだったんだ」 彼は次のように続けている。「まだ携帯電話のある時代の前だったからね。ミュージック・ビデオの撮影をどこでやるか知らなかったんだ。誰とも連絡をとる方法がなかったんだよ」 「俺がタクシーを止めようとしている時にレーベルの奴がたまたま通りかかってね。どこに行くかも知らなかったんだけどさ。でも、素晴らしいビデオにはぴったりだったんじゃないかな」 クリスマスが好きかどうかを尋ねられると、ノエル・ギャラガーは次のように語っている。「クリスマスは嫌いだよ。俺は2人のアイルランド人にクリスマスにちなんで名付けられたんだけどな!」 「(クリスマスの)広告を見るとムカつくんだよ。最近放送されてる(ヴォーダホンの)マーティン・フリーマンのやつとかな。ナンセンスだね。あれのどこがクリスマスと関係あるんだ?」 「クリスマスで何をやんなきゃいけないんだろうね? イエス様にしなきゃならないことは? 誰もイエスのことなんて言ってないだろ」 「俺はああいう広告とかがダメでさ。俺の曲にすんごい金を払ってくれるのは別だけどな。それは問題ないからね」

RECOMMEND NEWS

  1. ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ、“She Taught Me How To Fly”のビデオを公開

  2. U2、新曲“American Soul”のリリック・ビデオを公開

  3. コンピューター・マジック、最新作より“Clouds”のミュージック・ビデオが公開

  4. グレース・ヴァンダーウォール、フル・アルバムのリリースを発表&新曲を公開

  5. フレディ・マーキュリーの伝記映画、マイク・マイヤーズが出演交渉中と報道

  6. U2のボノ、パラダイス文書に自身の名前があったことについて声明を発表

  7. 和田唱(TRICERATOPS)× 大石昌良 クリスマスの恵比寿で”夢の共演”が実現!!

  8. U2、白人警察官の無罪判決を受けてセントルイス公演をキャンセル

  9. “It’s a beautiful day” Camp in 朝霧 Jam、タイムテーブルが発表に

  10. カート・コバーンの娘のフランシス、父親の遺産からの収入が明らかに

  11. カイゴ、新曲“Stargazing”のミュージック・ビデオを公開

  12. 中島美嘉 一人二役演じたストーリー仕立てのMVが完成

  13. レベッカ17年ぶり新曲MVで主演、行定監督も心奪われた15歳とは?

  14. LUNA SEA 最新アルバム『LUV』のオープニングナンバー配信スタート

  15. リアム・ギャラガー、イングランド代表はW杯で優勝しないと語ったノエル・ギャラガーを批判