レディオヘッドとハンス・ジマー、海洋ドキュメンタリー番組の音楽でコラボレーション

レディオヘッドと作曲家のハンス・ジマーはタッグを組んでテレビ番組「ブルー・プラネットⅡ」に提供する楽曲を制作しているという。

BBC1で放送予定の海洋ドキュメンタリー番組「ブルー・プラネットⅡ」は、博物学者のデヴィッド・アッテンボローがナレーションを務める番組となっている。

GETTY

Photo: GETTY

今回のコラボレーションでは、レディオヘッドの“Bloom”のオーケストラ・バージョンが制作されるという。トム・ヨークはヴォーカルを再レコーディングする予定で、楽曲のプロデュースは英国アカデミー賞やエミー賞のノミネート経験があるブリーディング・フィンガー・ミュージックのCEOであるラッセル・エマニュエルが担当する。

楽曲は“(ocean) bloom”というタイトルで、9月27日正午に初公開される予定だという。

「“Bloom”は最初の『ブルー・プラネット』シリーズにインスピレーションを得てできたものなんだ。だから、この曲が一周回って、この素晴らしい作品の続編のために生まれ変わるなんてすごいことだよ」とトム・ヨークは今回のプロジェクトについて語っている。

「ハンスはいとも簡単に複数の音楽ジャンルを股に掛けてしまう並外れた作曲家だよね。だから、僕たち全員にとって、そんな才能ある人と仕事できて、彼がどうやって番組の音楽と“Bloom”を融合していくかを見られたのは解放的なことだったね」

ハンス・ジマーも次のように語っている。「視聴者が今回『ブルー・プラネットⅡ』でいざなわれることになる、驚くべき生物や海の景色を美しい形で“Bloom”は反映してくれる曲で、時代を先駆けて作られた曲みたいに思えたよ。トムやジョニーたちと作業する事は素晴らしい気分転換になったし、彼らの音楽世界をかいま見れる興味深い機会を与えてくれたんだ。一緒に仕事できるのが素晴らしかったし、みんながこの曲を気に入ってくれることを願っているよ」

「僕らが何年もかけて撮影したシーンと“(ocean) bloom”は途轍もなくパワフルな組み合わせになったんだ」と番組のエグゼクティブ・プロデューサーであるジェームズ・ハニーボーンは語っている。「今回のシリーズの素晴らしいオープニングとなっていて、みんなに公開するのがもう待ちきれないよ」

「ブルー・プラネットⅡ」は今年放送される予定となっている。

RECOMMEND NEWS

  1. グラストンベリー・フェスティバル、次回の開催日程が発表に

  2. TWICE いよいよ日本初のオリジナル曲となるシングル「One More Time」のリリースが決定!!

  3. シガレッツ・アフター・セックス、11月に東京1夜限りの来日公演が決定

  4. U2、新曲“American Soul”のリリック・ビデオを公開

  5. モリッシー、ツイッターを始める

  6. ニール・ヤング、50年以上に及ぶキャリアを網羅した音源をオンラインで無料にて公開

  7. “史上最高にかわいい”広瀬すずがスピッツ『歌ウサギ』を口ずさむ

  8. リンキン・パーク、チェスター・ベニントン追悼コンサートの模様が公開に

  9. ELO、35年ぶりとなるアメリカ・ツアーを行うことを発表

  10. VAMPS、活動休止が決まる前の貴重なオフィシャルインタビュー

  11. Perfume × 9nine出演イベントを広島で開催 西脇姉妹が共演

  12. レディオヘッド、2018年最初のライヴのセットリストが明らかに

  13. マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン、来年ニュー・アルバムをリリースか

  14. アークティック・モンキーズのマット・ヘルダース、地元シェフィールドのバーのCM音楽を手掛ける

  15. マリリン・マンソン、デヴィッド・ボウイとの対面を台無しにされたことを振り返る