メタリカのマネージャー、バンドのチケット料金が上がった理由を明かす

メタリカのマネージャーとして知られるピーター・メンチは新たなインタヴューの中で、メタリカのライヴのチケット料金が上がった理由を明かしている。

ピーター・メンチはBBCの連続ドキュメンタリー『ヒッツ、ハイプ&ハッスル:アン・インサイダーズ・ガイド・トゥ・ザ・ミュージック・ビジネス』に出演しており、UKのプロモーターであるジョン・ギディングスのインタヴューに答えている。

ジョン・ギディングスが「90年代はまだ古いルールで生きていましたよね。レコードのセールスは巨大で、バンドの収入の80%を占めていました……けど、続きませんでしたよね」と言うと、ピーター・メンチは次のように振り返っている。

「俺が初めてナップスターについて聞いたのはこのオフィスにいた時なんだ。俺たちは当時、オフィスでパソコンを持っていた人を見つけなくちゃいけなくてさ。彼女がそれにいくつか打ち込むと、 俺にはよく分かんないけど、50種類の“Enter Sandman”があったんだ」

「もうおしまいだって沈んだ気持ちになったかって? そりゃあ……えらいことになったと思ったよね」

ジョン・ギディングスによれば、ここ5年の間にアルバムのセールスは50%となったものの、ライヴ・チケットの需要は「急上昇」することになったという。

ピーター・メンチは次のように語っている。「俺たちは数年間、アルバムを作っていなかったんだ。俺たちのやるべきことは、ファンの前で演奏することだったんだよ。ロック・バンドは常にファンに届けなければいけなかったんだ」

「俺たちはここ数年でいくつかテストを行ったんだ。それで、メタリカのチケットの最も高いチケット料金を、これまでよりも高くできることに気付いたんだよ。それで、そうすることにしたんだ――反発する観客はいなかったよ」

「かつてなら1倍だったかもしれないショーは今、3倍のものを生み出すんだ。チケットの料金がすべてを変えたんだ」

RECOMMEND NEWS

  1. メタリカ、Vansとのコラボレーション・アイテムが本日より販売開始

  2. メタリカ、スポティファイのデータを使って都市ごとにセットリストを変更していることが明らかに

  3. メタリカのラーズ・ウルリッヒ、バンドの慈善イベントで得た手応えについて語る

  4. メタリカのラーズ・ウルリッヒ、ポーラー音楽賞の授賞式に出席して受賞の喜びを語る

  5. メタリカ、ナップスターとの訴訟について後悔はしていないと語る

  6. メタリカのラーズ・ウルリッヒ、メガデスやスレイヤーなどよりも成功した要因について語る

  7. メタリカ、ノルウェー公演でa-haの“Take On Me”をカヴァー

  8. メタリカ、ヘルシンキ公演ではマイケル・モンローと共演

  9. メタリカ、バンドによるフードバンクの支援イベントへの参加をファンに呼びかける

  10. メタリカ、北米ツアー初日にガービッジの“Stupid Girl”のカヴァーを披露

  11. メタリカ、『メタル・ジャスティス』30周年記念盤を11月にリリースすることを発表