ウィーザー、新作『ブラック・アルバム』のリリース日が決定か

ウィーザーが来たるニュー・アルバム『ブラック・アルバム』のリリース日を明らかにしたと報じられている。

『ブラック・アルバム』は2017年発表の『パシフィック・デイドリーム』に続くもので、当初2016年に発表された『ウィーザー(ホワイト・アルバム)』の次回作として構想されていた。

オーストラリアのラジオ局「ダブルJ」の番組に出演したウィーザーは、『ブラック・アルバム』の発売日は5月25日になると語ったという。

ウィーザーは『パシフィック・デイドリーム』に着手する前から『ブラック・アルバム』に取り組んでおり、フロントマンのリヴァース・クオモは昨年『NME』に対して次のように語っていた。「去年の夏にパニック!アット・ザ・ディスコとのツアーが終わった時、僕は家へとすぐに舞い戻って、『ザ・ブラック・アルバム』に取り組み始めんだた。毎日曲を書いて、それらのMP3を『ザ・ブラック・アルバム』という名前のドロップボックスのフォルダに入れていったんだ」

「ある日、本当にいい曲が書けたんだけど、違ったスタイルを持ったそのフォルダには合わないものでね。それで、僕は別のフォルダに『パシフィック・デイドリーム』と名付けていれておいたんだよね」と彼は続けている。「1ヶ月が経ったら、『パシフィック・デイドリーム』のフォルダの方が先にいっぱいになってるのに気づいてね。それはとても力強くて、一貫したメッセージがあったからね。計画してたわけじゃないんだけど、それで今回このアルバムが出ることになったんだ」

リヴァース・クオモは当時『ブラック・アルバム』が「よりダーク」で「より実験的で、凶暴でネガティヴ」なものになっていると語り、次のように説明している。「よりモダンなエレクトロニックの要素を試しているんだ。片方では未来に踏み込みながら、もう一方では過去に根ざしたものになっているというね。過去に根ざしたものっていうのは、ジーザス&メリー・チェインのような感じなんだ」

RECOMMEND NEWS

  1. ウィーザーのリヴァース、スマパンの“1979”やグリーン・デイをカヴァー

  2. ウィーザーのリヴァース、スマパンの“Today”やオアシスの“Champagne Supernova”をカヴァー

  3. ウィーザー、フー・ファイターズとのジョイント・ツアーを行うことになった理由を語る

  4. ウィーザーのリヴァース・クオモ、ソロでのシングル“Medicine for Melancholy”を公開

  5. ウィーザー、TOTOの“Rosanna”のカヴァーを公開

  6. ウィーザー、亡くなった米『プレイボーイ』誌のヒュー・ヘフナーに追悼の意を表明

  7. ウィーザー、新作より新曲“Weekend Woman”を公開

  8. ウィーザー、10月リリースの新作より新曲“Beach Boys”の音源を公開

  9. ウィーザー、“Rosanna”に続いてTOTOの“Africa”をカヴァー

  10. ウィーザー、TOTOの “Africa”のカヴァーが2009年以来のヒットに