NMEアウォーズ2018、全受賞者一覧

NMEアウォーズ2018の授賞式が開催され、全受賞者が明らかになっている。

今年のNMEアウォーズはリアム・ギャラガーがゴッドライク・ジーニアス賞を受賞し、キャリア全体に及ぶセットリストを披露した他、最優秀アルバム賞はJ・ハスの『コモン・センス』が受賞している。

現地時間2月14日にブリクストン・アカデミーで開催されたNMEアウォーズの授賞式はステフロン・ドンとスケプタによる“Ding-a-Ling”のパフォーマンスで幕を開け、アルト・ジェイは“In Cold Blood”を披露し、ペール・ウェーヴスはNMEアンダー・ザ・レーダー賞を受賞した後、デビュー・シングル“There’s A Honey”を披露している。

ガービッジのシャーリー・マンソンはNMEアイコン賞を受賞し、グライム集団のボーイ・ベター・ノウはNMEイノヴェーション賞を受賞している。他にもロイル・カーナー、ザ・ビッグ・ムーン、ロードらが賞を受賞している。

授賞式の模様はこちらから。

全受賞者の一覧は以下の通り。

Best British Band – Alt-J
Best British Solo Artist – Loyle Carner
Best New Artist – Stefflon Don
Best Live Artist – Kasabian
Best Track – Charli XCX, ‘Boys’ –
Best International Band, Haim
Best Mixtape – Avelino, ‘No Bullshit’
Best Album – J Hus ‘Common Sense’
Best Collaboration – Craig David and Bastille, ‘I Know You’
Best Festival – Glastonbury
Best Film – Baby Driver
Best Music Video – The Big Moon, ‘Sucker’
Under The Radar Award – Pale Waves
Best Festival Headliner – Muse
Best International Solo Artist – Lorde
NME Icon – Shirley Manson
NME Innovation Award – Boy Better Know
Godlike Genius – Liam Gallagher
Best Book – Wiley, Eskiboy
Best TV Show – Stranger Things 2
Best Reissue – Radiohead, ‘OK Not OK’
Best Small Festival – Festival Number 6
Music Moment of The Year – One Love Manchester
Best Music Film – Gaga: Five Foot Two
Hero of the year – Ariana Grande
Villain of the year – Piers Morgan

RECOMMEND NEWS

  1. リアム・ギャラガー、コールドプレイについて最初の2枚は素晴らしいと語る

  2. 初回から50周年を迎えるワイト島フェスティバル、2018年のヘッドライナーを発表

  3. リアム・ギャラガー、3/4に予定されていたドイツのケルンでのライヴを延期

  4. リアム・ギャラガー、スペインのフェスでファンのために“Wonderwall”の演奏を途中で止める

  5. フー・ファイターズのテイラー・ホーキンス、ドラマーとしてリアム・ギャラガーと共演したいと語る

  6. イングランド代表、W杯での敗退を受けてサポーターが“Don’t Look Back In Anger”を熱唱

  7. リリー・アレン、日本行きの飛行機内でリアム・ギャラガーと関係を持ったという噂に言及

  8. リアム・ギャラガー、TRNSMTより“Wall Of Glass”のパフォーマンス映像が公開

  9. リアム・ギャラガー、シェーン・メドウズとミュージック・ビデオの撮影を行ったことが明らかに

  10. リアム・ギャラガー、「俺がブラーと問題があったことはない」と語る

  11. ロビー・ウィリアムス、オアシスの再結成についての持論を語る

  12. リアム・ギャラガー、初めて買ったレコードについて語る

  13. リアム・ギャラガー、ローリング・ストーンズのサポート・アクトを務めることについてツイート

  14. リアム・ギャラガー、ストーン・ローゼズから受けた影響について改めて語る

  15. リアム・ギャラガー、会場の電気関係の問題でリチャード・アシュクロフトとのライヴが中止に