NMEアウォーズ2018、全受賞者一覧

NMEアウォーズ2018の授賞式が開催され、全受賞者が明らかになっている。

今年のNMEアウォーズはリアム・ギャラガーがゴッドライク・ジーニアス賞を受賞し、キャリア全体に及ぶセットリストを披露した他、最優秀アルバム賞はJ・ハスの『コモン・センス』が受賞している。

現地時間2月14日にブリクストン・アカデミーで開催されたNMEアウォーズの授賞式はステフロン・ドンとスケプタによる“Ding-a-Ling”のパフォーマンスで幕を開け、アルト・ジェイは“In Cold Blood”を披露し、ペール・ウェーヴスはNMEアンダー・ザ・レーダー賞を受賞した後、デビュー・シングル“There’s A Honey”を披露している。

ガービッジのシャーリー・マンソンはNMEアイコン賞を受賞し、グライム集団のボーイ・ベター・ノウはNMEイノヴェーション賞を受賞している。他にもロイル・カーナー、ザ・ビッグ・ムーン、ロードらが賞を受賞している。

授賞式の模様はこちらから。

全受賞者の一覧は以下の通り。

Best British Band – Alt-J
Best British Solo Artist – Loyle Carner
Best New Artist – Stefflon Don
Best Live Artist – Kasabian
Best Track – Charli XCX, ‘Boys’ –
Best International Band, Haim
Best Mixtape – Avelino, ‘No Bullshit’
Best Album – J Hus ‘Common Sense’
Best Collaboration – Craig David and Bastille, ‘I Know You’
Best Festival – Glastonbury
Best Film – Baby Driver
Best Music Video – The Big Moon, ‘Sucker’
Under The Radar Award – Pale Waves
Best Festival Headliner – Muse
Best International Solo Artist – Lorde
NME Icon – Shirley Manson
NME Innovation Award – Boy Better Know
Godlike Genius – Liam Gallagher
Best Book – Wiley, Eskiboy
Best TV Show – Stranger Things 2
Best Reissue – Radiohead, ‘OK Not OK’
Best Small Festival – Festival Number 6
Music Moment of The Year – One Love Manchester
Best Music Film – Gaga: Five Foot Two
Hero of the year – Ariana Grande
Villain of the year – Piers Morgan

RECOMMEND NEWS

  1. リアム・ギャラガー、3/4に予定されていたドイツのケルンでのライヴを延期

  2. リアム・ギャラガー、「俺がブラーと問題があったことはない」と語る

  3. リリー・アレン、日本行きの飛行機内でリアム・ギャラガーと関係を持ったという噂に言及

  4. リアム・ギャラガー、ザ・キラーズのブランドン・フラワーズと飛行機で一緒になった時の逸話を語る

  5. リアム・ギャラガー、ローリング・ストーンズのサポート・アクトを務めることが明らかに

  6. リアム・ギャラガー、マンチェスターで再びテロの犠牲者に“Live Forever”を捧げる

  7. リアム・ギャラガー、昔はビースティ・ボーイズやNWAといったヒップホップが好きだったと語る

  8. リアム・ギャラガー、シェーン・メドウズとミュージック・ビデオの撮影を行ったことが明らかに

  9. リアム・ギャラガー、オアシスの再結成が実現しない原因として再びノエルの妻を批判

  10. リアム・ギャラガー、フー・ファイターズのフェスティバルでクラウドサーフを披露

  11. リアム・ギャラガー、コールドプレイについて最初の2枚は素晴らしいと語る

  12. リアム・ギャラガー、ニュー・アルバムの進捗状況について明かす

  13. リアム・ギャラガー、お気に入りのビートルズ・ソングについて語る

  14. リアム・ギャラガー、ディーエムエーズのセカンド・アルバムを絶賛

  15. リアム・ギャラガー、会場の電気関係の問題でリチャード・アシュクロフトとのライヴが中止に