メタリカ、Vansとのコラボレーション・アイテムが本日より販売開始

メタリカはヴァンズとコラボレーションしたスニーカーとアパレルのアイテムの販売が開始されている。

メタリカとスケーター・ブランドとして知られるヴァンズがコラボレーションするのは今回が3回目となっている。

新たなスニーカーは、ハイカットの商品は黒地にかかとの部分にメタリカのロゴが白で入れられたものとなっている。一方、スリッポンのほうは左右両足にロゴが分かれて入れられたものとなっている。両方とも白地のゴムソールにはメタリカのロゴがエンボスで入れられている。

Tシャツとキャップは「Off The Wall」のスローガンで知られるヴァンズのロゴとメタリカのロゴを組み合わせたものが入ったものとなっている。

この商品は本日2月16日より販売されている。

一方、メタリカのジェイムズ・ヘットフィールドは大量殺人犯のテッド・バンディの伝記映画で劇映画へのデビューを果たすことが明らかになっている。

ジェイムズ・ヘットフィールドは映画『エクストリームリー・ウィックド、ショッキングリー・イーヴィル・アンド・ヴァイル(原題)』で「真面目」なユタ州の高速道路パトロール、ボブ・ヘイワードの役を演じている。

ボブ・ヘイワードはザック・エフロン演じるテッド・バンディの車を停止させて、1975年に初めて逮捕した警察官となっている。

映画『エクストリームリー・ウィックド、ショッキングリー・イーヴィル・アンド・ヴァイル』は、ドキュメンタリー映画『メタリカ:真実の瞬間』を監督したジョー・バーリンジャーが監督を務めている。

「ジェイムズやメタリカの面々とは舞台裏で膨大な時間を過ごしたから、彼のカリスマ性や強い存在感というのは体験していたんだ」とジョー・バーリンジャーは述べている。「その同じパワーや魅力を劇映画役に持ってきてもらうことこそが自然だと思ったんだ。だから、彼が映画に出演してもらう説得に同意してくれた時は興奮したよ」

RECOMMEND NEWS

  1. メタリカ、ナップスターとの訴訟について後悔はしていないと語る

  2. メタリカ、カリフォルニア州の山火事を受けて1000万円以上を寄付したことが明らかに

    メタリカ、カリフォルニア州の山火事を受けて1000万円以上を寄付したことが明らかに

  3. Metallica

    Metallica、コミュニティ・カレッジにおける職業訓練教育に100万ドルを寄付

  4. クリス・コーネル、メタリカやフーファイらが出演する追悼コンサートが開催されることに

  5. メタリカ、ノルウェー公演でa-haの“Take On Me”をカヴァー

  6. スマッシング・パンプキンズのビリー・コーガン、リル・ピープについて初期のメタリカのようと語る

  7. メタリカのラーズ・ウルリッヒ、バンドが引退するのではないかという噂に言及

  8. メタリカ、北米ツアー初日にガービッジの“Stupid Girl”のカヴァーを披露

  9. メタリカ、『メタル・ジャスティス』30周年記念盤を11月にリリースすることを発表

  10. メタリカのラーズ・ウルリッヒ、ポーラー音楽賞の授賞式に出席して受賞の喜びを語る

  11. Metallica、2019年2月にアコースティック・ライヴ・アルバムをリリースすることが明らかに

  12. メタリカ、スポティファイのデータを使って都市ごとにセットリストを変更していることが明らかに

  13. メタリカのラーズ・ウルリッヒ、バンドの慈善イベントで得た手応えについて語る

  14. メタリカのラーズ・ウルリッヒ、メガデスやスレイヤーなどよりも成功した要因について語る

  15. メタリカ、ヘルシンキ公演ではマイケル・モンローと共演