ビースティ・ボーイズ、ゲームのトレイラー映像に自身の楽曲の使用を許可したことが話題に

ビースティ・ボーイズはゲーム『デスティニー2』のトレイラー映像で自身の楽曲を使用することを許可したことが報じられている。

GETTY

Photo: GETTY

『アドウィーク』誌によれば、マイク・Dとアドロックが「映画風のアクションと小気味のいいユーモアがミックスされた約2分間の映像を観て、曲の使用を承諾した」という。トレイラーの監督を務めたジョーダン・ヴォート・ロバーツはビースティ・ボーイズと仲がよく、今回のトレイラーのサウンドトラックとして曲を使用することを認めたとも報じられている。

公開されているゲームのトレイラーはこちらから。

ビースティ・ボーイズの楽曲については2012年にアダム・ヤウクが亡くなって以降、広告などでの楽曲の使用は禁じられてきた。米『ローリング・ストーン』誌によれば、遺言の中で「反対の趣旨の規定があったとしても、自分によって作られた画像、名前、音楽、アーティスト資産を広告目的で使用することはいかなる場合もないように」と指示されていたという。過去にこの件をめぐって、モンスター・ビヴァレッジ・コーポレーションとゴールディブロックス社に対してビースティ・ボーイズは訴訟を起こしており、モンスター・ビヴァレッジ・コーポレーションからは著作権侵害で66万8000ドル(約7400万円)が支払われている。

今回の『デスティニー2』のトレイラーは『スター・トレック』のトレイラーで楽曲使用を許可したのと並んで数少ない機会となっている。『スター・トレック・ビヨンド』のトレイラーでも“Sabotage”の使用が許可されていた。しかし、アーノルド・シュワルツェネッガーの主演映画『サボタージュ』で同曲を使用しようとした際には、その使用を禁じている。

RECOMMEND NEWS

  1. セックス・ピストルズ、40周年を記念して『勝手にしやがれ!!』の35周年盤が再発されることに

  2. ベック、新作より“Colors”のミュージック・ビデオが公開に

  3. 米米CLUB、結成35周年…時代を先駆けてきた音楽ショーを特別披露

  4. YUKI、自らポールに 15th第2弾シングルはインパクトある逆立ち

  5. アンドリュー・マクマホン、10月に開催される来日公演での演奏曲のリクエスト受付を開始

  6. フォール・アウト・ボーイ、ニュー・アルバムからの新曲“The Last Of The Real Ones”を公開

  7. yonige 1stフルアルバム『girls like girls』より、 新曲「ワンルーム」のMVを公開!

  8. リアム・ギャラガー、アルバムより“Greedy Soul”の音源を公開

  9. リンゴ・スター、イギリスのEU離脱についてどんどん進めるべきだと語る

  10. ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー、映画『グッド・タイム』ディレクターズ・カット版サントラの発売が決定

  11. 安室奈美恵 J-WAVE「TOKIO HOT 100」に生出演決定

  12. のん「KUBO」コスプレ撮影の苦労語るも、最後は会場に笑いが

  13. WEAVER、9年目に突入 Another Worldへ導いたデビュー記念日

  14. ローリング・ストーンズ、初のBBC音源作品『オン・エア』発売を記念して著名人の選ぶプレイリスト第2弾が公開

  15. トム・ペティ、訃報に際してマネージャーが発表した声明の全文訳を掲載