ビースティ・ボーイズ、ゲームのトレイラー映像に自身の楽曲の使用を許可したことが話題に

ビースティ・ボーイズはゲーム『デスティニー2』のトレイラー映像で自身の楽曲を使用することを許可したことが報じられている。

GETTY

Photo: GETTY

『アドウィーク』誌によれば、マイク・Dとアドロックが「映画風のアクションと小気味のいいユーモアがミックスされた約2分間の映像を観て、曲の使用を承諾した」という。トレイラーの監督を務めたジョーダン・ヴォート・ロバーツはビースティ・ボーイズと仲がよく、今回のトレイラーのサウンドトラックとして曲を使用することを認めたとも報じられている。

公開されているゲームのトレイラーはこちらから。

ビースティ・ボーイズの楽曲については2012年にアダム・ヤウクが亡くなって以降、広告などでの楽曲の使用は禁じられてきた。米『ローリング・ストーン』誌によれば、遺言の中で「反対の趣旨の規定があったとしても、自分によって作られた画像、名前、音楽、アーティスト資産を広告目的で使用することはいかなる場合もないように」と指示されていたという。過去にこの件をめぐって、モンスター・ビヴァレッジ・コーポレーションとゴールディブロックス社に対してビースティ・ボーイズは訴訟を起こしており、モンスター・ビヴァレッジ・コーポレーションからは著作権侵害で66万8000ドル(約7400万円)が支払われている。

今回の『デスティニー2』のトレイラーは『スター・トレック』のトレイラーで楽曲使用を許可したのと並んで数少ない機会となっている。『スター・トレック・ビヨンド』のトレイラーでも“Sabotage”の使用が許可されていた。しかし、アーノルド・シュワルツェネッガーの主演映画『サボタージュ』で同曲を使用しようとした際には、その使用を禁じている。

RECOMMEND NEWS

  1. ボブ・モールド、亡くなったハスカー・ドゥのグラント・ハートへの追悼メッセージを公開

  2. グウェン・ステファニー、10/6にクリスマス・アルバムの発売が決定&新曲が公開に

  3. TRFが手掛ける81名ものダンサーが織りなすストーリー、その真相とは?

  4. フォール・アウト・ボーイ、ニュー・アルバムからの新曲“The Last Of The Real Ones”を公開

  5. 和田唱(TRICERATOPS)× 大石昌良 クリスマスの恵比寿で”夢の共演”が実現!!

  6. 朝霧JAM 2018、出演日別ラインナップ&タイムテーブルが発表に

  7. ニルヴァーナの『イン・ユーテロ』のレコーディングで使われたマイクが競売に

  8. LOUD PARK 17、ステージ別タイムテーブルが発表に

  9. シガレッツ・アフター・セックス、11月に東京1夜限りの来日公演が決定

  10. ハードフロア、『交響詩篇エウレカセブン』新劇場版挿入曲の“Acperience 7”のビデオが公開

  11. リアム・ギャラガー、ブリットポップという言葉が「嫌い」で「侮辱的」と語る

  12. 映画『ジャスティス・リーグ』のサウンドトラック、12/6に日本盤のリリースが決定

  13. aiko 1年2か月ぶりにシングル発売 初オンエアは岡村隆史のANN

  14. デヴィッド・T.ウォーカー、2018年1月に来日公演が決定

  15. ビバ・ブラザー、まもなく再結成を発表か