ノエル・ギャラガー、ブリストルのフェスでヘッドライナーを務めることが明らかに

ノエル・ギャラガーとポール・ウェラーはブリストルで開催される今年のダウンズ・フェスティバルのヘッドライナーを務めることが発表されている。

フェスティバルは9月1日に開催される予定で、ノエル・ギャラガーがトリを務め、ポール・ウェラーはその直前に出演するという。

一方、セカンド・ステージにはオービタル、ベースメント・ジャックスのDJセット、ゴールディーらが出演するという。

主催者は次のように述べている。「ブリストルにはノエル・ギャラガーやポール・ウェラーをライヴで観たいという大きな需要があることを知っています。ノエルはブリストルで単独公演をやったことがないので、彼と彼のバンドをこの街に呼ぶことができて非常に興奮しています。これまでのダウンズ・フェスティバルでも最高のラインナップになったと思っています」

ノエル・ギャラガーは先日マンチェスター・シティのジョン・ストーンズと一緒にプレイリストを作成している。

ノエル・ギャラガーとジョン・ストーンズはFIFAマッチアップズの一環でマンチェスター・シティの控室の音楽的傾向について語り、プレイリストを作成している。

二人はプレイリストに2曲のオアシスの楽曲、“Wonderwall”と“Don’t Look Back In Anger”を選出している。ジョン・ストーンズがチームが「いつも入場してくる」時に“Wonderwall”をかけていると語ると、ノエル・ギャラガーは次のように語っている。「“Rock And Roll Star”のほうがいいんじゃないかい? “Wonderwall”は、夜の終わりに自身の女性が去っていく、そういうものだからね。ダービーをやる前にかける曲だとは思えないけどな」

RECOMMEND NEWS

  1. ベルセバのスチュアート・マードック、ノエルによる90年代のほうが自由だったという意見に反論

  2. ザ・コーラル、新作の日本盤発売に寄せてノエル・ギャラガーのコメントが到着

  3. ノエル・ギャラガー、U2とのツアーでボノから逃げ出そうとした体験について語る

  4. ノエル・ギャラガーとジョニー・マー、それぞれが“If Love Is The Law”での共作について語る映像が公開

  5. リアム・ギャラガー、オアシス解散以降のノエル・ギャラガーについて語る

  6. ノエル・ギャラガー、クリス・マーティン協力のグラストンベリー・フェス50周年本が刊行されることに

  7. ノエル・ギャラガー、ソングライティングから心が離れていた時期があったと明かす

  8. ノエル・ギャラガー、オアシス時代に使用した大量の機材を売りに出すことに

  9. ノエル・ギャラガー、映画『スーパーソニック』がオアシスへの愛を再燃させてくれたと語る

  10. 英テレビ局の「スカイ・アーツ」、オアシスに関する2番組を一挙一夜に放送することに

  11. ノエル・ギャラガー、ニュー・アルバムのために来年スタジオ入りする予定であることを明かす

  12. ノエル・ギャラガー、オアシス脱退翌日にメタリカのラーズ・ウルリッヒからもらったメールを明かす

  13. ノエル・ギャラガー、ロックンロールが失われてしまった原因について語る

  14. イングランド代表、W杯での敗退を受けてサポーターが“Don’t Look Back In Anger”を熱唱

  15. ブロッサムズ、マンチェスター・アリーナ再オープン公演でノエルと会えたことを明かす