チャーチズ、新作の詳細を発表&ザ・ナショナルのマット・バーニンガー参加の新曲を公開

チャーチズはザ・ナショナルのマット・バーニンガーが参加した新曲“My Enemy”を公開し、ニュー・アルバム『ラヴ・イズ・デッド』の詳細を発表している。

チャーチズにとって通算3作目となる新作は5月25日にリリースされる。アルバムについてローレン・メイベリーは「世界には素晴らしいこともあれば、ひどいこともあって、どちらか片方を手にすることはできないという事実と折り合いをつける」作品だと述べている。

イアン・クックは次のように続けている。「僕らは混乱しているし、世界も混乱している。でも、結末はまだ省略されているわけでね。それが『ラヴ・イズ・デッド』なんだ。例えば、僕らはどうやってここまで辿り着いたのか? ここからどうやって進んでいくのか? それが『ラヴ・イズ・デッド』なんだよ。僕らは混乱している。じゃあ、次は?っていうね」

新曲“My Enemy”はこちらから。

ザ・ナショナルのマット・バーニンガーと再び協力することになった“My Enemy”についてローレン・メイベリーは次のように語っている。「私たちはずっとザ・ナショナルの大ファンだったの。フェスティバルに何度か一緒に出演したことはあったんだけど、マットと知り合いになったのはプランド・ペアレントフッドのための7インチに参加した時だったの。彼が推進したチャリティと認知向上のためのキャンペーンだったんだけど、憧れの他のアーティストと会うのって刺激になるし、勇気づけられるし、彼らは世界に対して善きことをやろうとしていたの」

「その後は連絡を取り続けて、“My Enemy”をレコーディングすることになった時、イアンとマーティン(・ドハーティ)がマットに歌いたいかどうか訊いてみるメールを送ることを提案してくれたの。現実的に彼にそんなことをする時間があるとはまったく思ってなかったんだけど、彼はすぐに返事をくれて、次の日には自宅でレコーディングしてくれたのよ」

アルバムの方向性については「すべてを正直にしたかった」と述べ、次のように続けている。「よりポップにするなら、より攻撃的なポップにすべきだと思ったの。中途半端にはやらないっていうね」

「後悔するなんてよくないからね。これまでやってきたこととも調和しているけど、よりライヴ体験を感じられるものになっていると思う」

リリースの詳細は以下の通り。

アーティスト:CHVRCHES(チャーチズ)
タイトル:Love Is Dead(ラヴ・イズ・デッド)
レーベル:Hostess
発売日:2018/5/25(金)
価格:輸入盤オープンプライス
※日本盤情報は後日発表
1. Graffiti
2. Get Out
3. Deliverance
4. My Enemy
5. Forever
6. Never Say Die
7. Miracle
8. Graves
9. Heaven/Hell
10. God’s Plan
11. Really Gone
12. ii
13. Wonderland

RECOMMEND NEWS

  1. チャーチズ、『ハンザ・セッション』EPを今週リリースすることが明らかに

  2. チャーチズ、ビヨンセの“XO”のカヴァー・パフォーマンス映像が公開

  3. チャーチズ、リアーナの”Stay”をカヴァーした音源が公開

  4. チャーチズ、新作からの新曲“Never Say Die”が公開

  5. チャーチズ、最新作より“Graffiti”のミュージック・ビデオが公開

  6. チャーチズ、2019年2月〜3月にかけて来日公演が決定

  7. チャーチズのローレン・メイベリー、ドナルド・トランプ米大統領について改めて語る

  8. チャーチズのローレン・メイベリー、業界におけるセクハラのダブル・スタンダートを批判

  9. チャーチズ、米TV番組でのパフォーマンス映像が公開

  10. チャーチズ、ニュー・アルバムからの新曲“Miracle“を公開

  11. チャーチズ、ロラパルーザより“Miracle”のVRパフォーマンス映像が公開

  12. チャーチズ、EU離脱やスコットランド独立反対において人々の恐怖が利用されたと語る

  13. チャーチズ、フルセットのロンドン公演の映像を公開

  14. チャーチズ、水曜日のカンパネラ参加の新曲“Out Of My Head”のビデオが公開