フー・ファイターズ、ジョン・レノンとヴァン・ヘイレンをマッシュアップした動画を公開

フー・ファイターズは、ジョン・レノンとヴァン・ヘイレンをマッシュアップしたパフォーマンス動画を公開している。

フー・ファイターズはツアーのためのリハーサルからツイッターで彼らのパフォーマンス動画を公開している。

このパフォーマンスはジョン・レノンの“Imagine”の音楽に乗せてヴァン・ヘイレンの“Jump”のリリックを歌うものとなっている。

デイヴ・グロールはツイッターにその動画を投稿し、次のように述べている。「夏のツアーのために練習をすることがこんなにも気分のいいことだと思ったことは今までないよ。そちらでみんなに会えればと思うよ。(その時までに俺は歌詞を覚えるから。誓うよ)インスピレーションを与えてくれたマイティー・マイクに感謝を(そう、あとヘイレンとレノンにもね)」

フー・ファイターズは現在、南アメリカでツアーを行っているが、その後アメリカで公演を行い、6月にヨーロッパとイギリスでツアーが始まることになっている。

先日、フー・ファイターズはヨーロッパ・ツアーのサポートアクトについて公表しており、ウルフ・アリス、ザ・キルズ、スレイヴス、そしてフランク・カーター・アンド・ザ・ラトルスネイクといったアーティストが参加する予定となっている。

フー・ファイターズは先日のブリット・アウォーズ2018の最優秀インターナショナル・グループ賞を受賞しており、授賞式のパフォーマンスではステージの上に家のセットを作って“The Sky Is A Neighbourhood”のパフォーマンスを行っている。

最優秀インターナショナル・グループ賞をトッテナム・ホットスパーのサッカー選手、ハリー・ケインとカミラ・カベロから受け取る際、デイヴ・グロールは次のように語っている。「この賞に本当に感謝しているよ。俺たちにとってはすごく大きな意味があるんだ。というのも、UKに来てから、もう20数年が経つからね。この場所を第二の故郷のように思ってるんだ」

「みなさんは世界でも最高の観客だよ。バンドであることを教えてくれた。だから、この賞に本当に感謝しているんだ」

RECOMMEND NEWS

  1. デイヴ・グロール、カート・コバーンの死後2度目となる“In Bloom”のパフォーマンスを披露

  2. デイヴ・グロールによる『プレイ』プロジェクト、日本公式バンドメンバーの募集が開始

  3. ベック、フー・ファイターズのデイヴ・グロールをドラマーに迎えたコラボレーションが実現

  4. フーファイのデイヴ・グロール、23分に及ぶソロ曲の制作を追ったドキュメンタリーのトレイラー映像が公開

  5. デイヴ・グロール、フー・ファイターズの船出にあたってエディ・ヴェダーの果たした役割を明かす

  6. フー・ファイターズ、シカゴ公演でチープ・トリックのリック・ニールセンと共演

  7. フー・ファイターズ、イーグルスのジョー・ウォルシュと共演して“Rocky Mountain Way”を披露

  8. デイヴ・グロール、レッチリのチャドとポール・マッカートニーのドラム演奏について語る

  9. フー・ファイターズ、ドラムを披露した少年がなかなかステージを降りようとせず話題に

  10. フー・ファイターズのデイヴ・グロール、ジョン・レノンやアデルのように歌いたかったと語る

  11. クリス・コーネル、メタリカやフーファイらが出演する追悼コンサートが開催されることに

  12. デイヴ・グロール、フー・ファイターズのステージに立つ前のお酒の飲み方を明かす

  13. フー・ファイターズのデイヴ・グロール、1人で全パートをレコーディングした23分の楽曲“Play”のビデオが公開

  14. フー・ファイターズ、俳優のジョン・トラヴォルタと共演

  15. フー・ファイターズ、主催フェス「CAL JAM」の日本特使にマキシマムザ亮君が就任