ノエル・ギャラガー、ロックンロールが失われてしまった原因について語る

ノエル・ギャラガーは最新インタヴューで「Tシャツとコーヒー」がロックンロールを殺したと語っている。

元オアシスのギタリストであるノエル・ギャラガーは米「ナショナル・パブリック・ラジオ」のインタヴューの中で自身にとってのロックンロールの定義について質問され、次のように答えている。

「俺にとってのそれは思想の自由であり、表現の自由なんだよ」とノエル・ギャラガーは語っている。「レザー・ジャケットやジャックダニエルじゃないんだ。それは確かに助けになるけどね。俺からすれば、音楽業界でキャリアを始めた当初、俺にとってロックンロールだったのはレッド・ツェッペリンであり、ザ・ビートルズであり、ストーン・ローゼズやセックス・ピストルズだったんだ。それが90年代の半ばになって、人々は1971年のローリング・ストーンズのツアー・TシャツやMC5のTシャツを大量に作りだしたわけでね。誰もがこう言ってたものだよ、『これこそがロックンロールだ。そうだろ?』ってね。それで、ロックンロールは失われたんだ」

インタヴュアーがTシャツがロックンロールを殺したのかと訊くと、ノエル・ギャラガーは次のように答えている。「Tシャツとコーヒーだよ。コーヒーショップが台頭してきて、カルチャーは失われてしまったんだ。そう思わないかい? 人々は音楽にお金を払うのをためらうようになったんだ。音楽にね! そのくせ、コーヒー2杯に20ドル費やすんだ。参るよね」

「(ドラマの)『フレンズ』のせいだと思ってるんだ」とノエル・ギャラガーは続けている。「コーヒーショップが増えたからね。セーターを着た奴らが、座って高すぎるコーヒーを飲みながらどうでもいいことを話してるんだよ」

ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズは先日、アメリカのテレビ番組に出演して、“Holy Mountain”のパフォーマンスを披露している。

以前「ザ・トゥナイト・ショウ・スターリング・ジミー・ファロン」に出演して“It’s a Beautiful World”を披露したノエル・ギャラガーだが、今回は「ジミー・キンメル・ライヴ」に出演して、パフォーマンスを披露している。

“Holy Mountain”のパフォーマンス映像はこちらから。

RECOMMEND NEWS

  1. ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ、“If Love Is The Law”のビデオが公開

  2. リアム・ギャラガー、オアシス解散以降のノエル・ギャラガーについて語る

  3. ノエル・ギャラガー、オアシス時代に使用した大量の機材を売りに出すことに

  4. ノエル・ギャラガー、ソングライティングから心が離れていた時期があったと明かす

  5. ブラーのデーモン・アルバーン、ノエル・ギャラガーとの親密な友人関係について語る

  6. ノエル・ギャラガー、公演終了後も“Wonderwall”を大合唱し続けるファンの映像がオンラインに

  7. ノエル・ギャラガー、ロックスターが生まれなくなってしまった原因について語る

  8. ノエル・ギャラガー、ブロンディのために楽曲を書いたものの提供しなかった理由を語る

  9. ノエル・ギャラガー、U2に向けられている批判について語る

  10. リアム・ギャラガー、イングランド代表はW杯で優勝しないと語ったノエル・ギャラガーを批判

  11. フー・ファイターズのデイヴ・グロール、ノエル&リアム・ギャラガーについて語る

  12. テロ事件から1年を受けてマンチェスター市民がオアシスの“Don’t Look Back In Anger”を大合唱

  13. ノエル・ギャラガー、自身のサウンドについて自分が「何かを発明したわけではない」と語る

  14. ノエル・ギャラガー、ビゲスト・ウィークエンドでの“Don’t Look Back In Anger”の映像が公開

  15. ノエル・ギャラガー、ソーシャル・メディア時代のロック・バンドについて語る