ザ・1975、2017年7月以降のソーシャル・メディアへの投稿をすべて削除

ザ・1975がソーシャル・メディアへの投稿を大量に削除したことを受けて、ファンはバンドが新曲と共にシーンに復帰する準備が整ったのではないかと推測している。

ザ・1975は昨年の大半を、多くの期待が寄せられているサード・アルバム『ミュージック・フォー・カーズ』に取り組むのに費やしている。

バンドは2016年にセカンド・アルバム『君が寝てる姿が好きなんだ。なぜなら君はとても美しいのにそれに全く気がついていないから。』をリリースしており、同作はその年のNMEが選ぶアルバム・オブ・ザ・イヤーの1位に選ばれている。

アルバム・リリースの発表に先立って、セカンド・アルバムの時もソーシャル・メディアへの投稿をすべて消すことをザ・1975は行っており、この時は新たな「ピンク」のイメージと共にソーシャル・メディアに復帰を果たしている。

バンドは今回2017年7月以降のソーシャル・メディアへの投稿をすべて削除している。投稿の大部分は白黒のスタジオでの写真だったが、ファンは前作同様に新曲をリリースする準備が整ったのではないかと希望を寄せている。

フロントマンのマット・ヒーリーは以前サード・アルバムが6月にリリースされることを示唆していたが、マネージャーのジェイミー・オーボーンは先週、新曲について「本当にもうすぐなんだ」とツイートしている。

「『ミュージック・フォー・カーズ』というタイトルはブライアン・イーノを好きなことに由来してEPに付けたんだ」とマット・ヒーリーは昨年『NME』に語っている。「アルバム・タイトルとしても使うつもりでね。というのも。ザ・1975の世界にあるものをメタ的に自己言及しているものなんだよ。これまでやってきた中でも常に『ミュージック・フォー・カーズ』はお気に入りのタイトルでね。すべてを包み込んでくれるところがあるんだよ」

RECOMMEND NEWS

  1. ザ・1975、現地時間5/31放送のラジオ番組で新曲を公開することを示唆

  2. ザ・1975、数日以内に新曲がリリースされる可能性を示唆

  3. ザ・1975、新曲“Give Yourself A Try”を公開

  4. The 1975

    The 1975のマット・ヒーリー、幼少期に受けたマイケル・ジャクソンからの影響について語る

  5. ザ・1975、ライヴに復帰する時期について更なる情報が明らかに

  6. The 1975

    The 1975のマット・ヒーリー、最新作が『OKコンピューター』と比較されていることについて言及

  7. レディング&リーズ・フェスティバル、2019年のヘッドライナーを発表

  8. ザ・1975のマット・ヒーリー、ロック・バンドを聴かない理由について語る

  9. The 1975のマット・ヒーリー、「ミュージック・フォー・カーズ」期をゴリラズになぞらえる

  10. ザ・1975、“TOOTIMETOOTIMETOOTIME”のミュージック・ビデオが公開

  11. ザ・1975、来たる新作より新曲“Sincerity Is Scary”の音源が公開

  12. シゲット・フェスティバル2019、さらなるヘッドライナーが発表に

  13. ザ・1975、新作からの更なる新曲“TOOTIMETOOTIMETOOTIME”が公開

  14. ザ・1975のマット・ヒーリーの母親、息子の薬物中毒との闘いについて語る

  15. The 1975

    The 1975 アコースティック・パフォーマンス映像が公開