ポール・マッカートニー、ジョンが亡くなったニューヨークで銃規制を求めるデモに参加

ポール・マッカートニーはザ・ビートルズのバンドメイトだったジョン・レノンを偲んで銃規制を求める「マーチ・フォー・アワー・ライヴス」に参加している。

17名が亡くなったパークランドでの銃乱射事件を受けて、現地時間3月24日、アメリカをはじめ世界各地で厳しい銃規制をがないことに抗議するデモに多くの人が参加することとなった。

1980年に銃弾で倒れたジョン・レノンを偲んで、ポール・マッカートニーはニューヨークの行進に参加している。

CNNに今回のデモ行進についてポール・マッカートニーは次のように語っている。「これが僕らにできることであり、だから、こうしてやっているんだ。僕の親友の一人がまさにこの街で銃による暴力で殺害されたんだ。銃の問題は僕にとって重要なことなんだよ」

ポール・マッカートニーが語る映像はこちらから。

パークランド銃乱射事件の生存者たちは「マーチ・フォー・アワー・ライヴス」のデモ行進に先立って『タイム』誌の表紙を飾っている。

ジャクリン・コリン、アレックス・ウィンド、エマ・ゴンザレス、キャメロン・カスキー、デヴィッド・ホッグの5人が表紙に登場しており、コピーには「Enough(もう十分だ)」と記されている。5人は銃乱射事件当日に高校にいた生徒であり、銃による暴力と乱射事件を根絶することを求めて、立法府に呼びかける運動を立ち上げている。

記事の中でキャメロン・カスキーは800ヶ所以上で行われることとなった抗議運動を始めた動機について次のように説明している。「世界は我々を失望させました。私たちは次の世代により安全な世界を残すためにこうしているのです」

RECOMMEND NEWS

  1. ポール・マッカートニー、ニューヨーク公演でブルース・スプリングスティーンと共演

  2. ジョン・レノンやカート・コバーン、デヴィッド・ボウイの手書き文字がフォントに

  3. ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスンの75回目となる誕生日を祝福

  4. ジョン・レノンとオノ・ヨーコ、49回目の結婚記念日を祝して展覧会の開催を発表

  5. ジョン・レノンを殺害したマーク・チャップマン、自身の罪は許されると綴った手紙が存在

  6. ジョン・レノンの名前に酷似したレモン飲料、商標侵害で名前が変更されることに

  7. デーモン・アルバーン、カニエ・ウェストによるポール・マッカートニーとの共作を批判

  8. リアム・ギャラガー、ポール・マッカートニーの前でマルガリータをピザと間違えた逸話を語る

  9. ポール・マッカートニー、いかにジョージの強気な態度がビートルズを助けてくれていたかを語る

  10. ビートルズのプロデューサーのジョージ・マーティン、未発表曲を収録したアルバムが発売へ

  11. ビートルズ、ステレオ盤SHM-CD紙ジャケ・シリーズ16タイトルが「W復刻帯」仕様で再発売決定

  12. ビートルズ、『イエロー・サブマリン』50周年上映のトレイラー映像が公開

  13. ビートルズ、クリスマス・ボックスなど12/15に発売される3つのリリースが発表に

  14. ポール・マッカートニー、5/18にカタログ作品4作品のリイシューが決定

  15. ビートルズのリンゴ・スター、ワールドワイドの楽曲出版契約をBMGと締結