ポール・マッカートニー、ジョンが亡くなったニューヨークで銃規制を求めるデモに参加

ポール・マッカートニーはザ・ビートルズのバンドメイトだったジョン・レノンを偲んで銃規制を求める「マーチ・フォー・アワー・ライヴス」に参加している。

17名が亡くなったパークランドでの銃乱射事件を受けて、現地時間3月24日、アメリカをはじめ世界各地で厳しい銃規制をがないことに抗議するデモに多くの人が参加することとなった。

1980年に銃弾で倒れたジョン・レノンを偲んで、ポール・マッカートニーはニューヨークの行進に参加している。

CNNに今回のデモ行進についてポール・マッカートニーは次のように語っている。「これが僕らにできることであり、だから、こうしてやっているんだ。僕の親友の一人がまさにこの街で銃による暴力で殺害されたんだ。銃の問題は僕にとって重要なことなんだよ」

ポール・マッカートニーが語る映像はこちらから。

パークランド銃乱射事件の生存者たちは「マーチ・フォー・アワー・ライヴス」のデモ行進に先立って『タイム』誌の表紙を飾っている。

ジャクリン・コリン、アレックス・ウィンド、エマ・ゴンザレス、キャメロン・カスキー、デヴィッド・ホッグの5人が表紙に登場しており、コピーには「Enough(もう十分だ)」と記されている。5人は銃乱射事件当日に高校にいた生徒であり、銃による暴力と乱射事件を根絶することを求めて、立法府に呼びかける運動を立ち上げている。

記事の中でキャメロン・カスキーは800ヶ所以上で行われることとなった抗議運動を始めた動機について次のように説明している。「世界は我々を失望させました。私たちは次の世代により安全な世界を残すためにこうしているのです」

RECOMMEND NEWS

  1. ポール・マッカートニー、アーカイヴ・コレクション既発8タイトル日本盤は紙ジャケ仕様

  2. ポール・マッカートニー、ニューヨーク公演でブルース・スプリングスティーンと共演

  3. オノ・ヨーコ、ジョン・レノンの誕生日に“Imagine”のニュー・バージョンを公開

  4. ポール・マッカートニー、「カープール・カラオケ」に来週出演することが明らかに

  5. ポール・マッカートニー、「カープール・カラオケ」特番で日本での逮捕について語っていることが明らかに

  6. ポール・マッカートニー、アビイ・ロード・スタジオ前の横断歩道を渡る映像が公開

  7. リンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンド、2019年3月から4月にかけて来日公演が決定

  8. ポール・マッカートニー、5/18にカタログ作品4作品のリイシューが決定

  9. ポール・マッカートニー、待望の新作を引っ提げた来日公演が10〜11月にかけて正式決定

  10. ビートルズ、『イエロー・サブマリン』50周年上映のトレイラー映像が公開

  11. ビートルズ、“What Goes On”の貴重なデモ音源がオークションに

  12. ジョージ・ハリスン、“Hey Jude”制作時のポール・マッカートニーのこだわりについて語った逸話が明らかに

  13. ビートルズ、ステレオ盤SHM-CD紙ジャケ・シリーズ16タイトルが「W復刻帯」仕様で再発売決定

  14. ポール・マッカートニーによるファッツ・ドミノへの追悼文の全文訳を掲載

  15. ポール・マッカートニー、いかにジョージの強気な態度がビートルズを助けてくれていたかを語る