ポール・マッカートニー、ジョンが亡くなったニューヨークで銃規制を求めるデモに参加

ポール・マッカートニーはザ・ビートルズのバンドメイトだったジョン・レノンを偲んで銃規制を求める「マーチ・フォー・アワー・ライヴス」に参加している。

17名が亡くなったパークランドでの銃乱射事件を受けて、現地時間3月24日、アメリカをはじめ世界各地で厳しい銃規制をがないことに抗議するデモに多くの人が参加することとなった。

1980年に銃弾で倒れたジョン・レノンを偲んで、ポール・マッカートニーはニューヨークの行進に参加している。

CNNに今回のデモ行進についてポール・マッカートニーは次のように語っている。「これが僕らにできることであり、だから、こうしてやっているんだ。僕の親友の一人がまさにこの街で銃による暴力で殺害されたんだ。銃の問題は僕にとって重要なことなんだよ」

ポール・マッカートニーが語る映像はこちらから。

パークランド銃乱射事件の生存者たちは「マーチ・フォー・アワー・ライヴス」のデモ行進に先立って『タイム』誌の表紙を飾っている。

ジャクリン・コリン、アレックス・ウィンド、エマ・ゴンザレス、キャメロン・カスキー、デヴィッド・ホッグの5人が表紙に登場しており、コピーには「Enough(もう十分だ)」と記されている。5人は銃乱射事件当日に高校にいた生徒であり、銃による暴力と乱射事件を根絶することを求めて、立法府に呼びかける運動を立ち上げている。

記事の中でキャメロン・カスキーは800ヶ所以上で行われることとなった抗議運動を始めた動機について次のように説明している。「世界は我々を失望させました。私たちは次の世代により安全な世界を残すためにこうしているのです」

RECOMMEND NEWS

  1. ビートルズのリンゴ・スター、ワールドワイドの楽曲出版契約をBMGと締結

  2. デーモン・アルバーン、カニエ・ウェストによるポール・マッカートニーとの共作を批判

  3. ビートルズ、“In My Life”の作曲者について統計学を使って分析した研究結果が発表に

  4. ポール・マッカートニー、5/18にカタログ作品4作品のリイシューが決定

  5. ポール・マッカートニー、ビートルズが解散を迎えた当時の自身に送りたいアドバイスを明かす

  6. ジョン・レノン、『イマジン:アルティメイト・コレクション』の発売に向けて特集コンテンツが公開

  7. ポール・マッカートニー、新たにアメリカで行う5公演の日程を発表

  8. ビートルズ、『ホワイト・アルバム』のレコーディングからジョージ・マーティンが締め出されていた説が浮上

  9. ポール・マッカートニー、5/23にZepp東阪で映画『ロックショウ』の再上映が決定

  10. ジョン・レノンとオノ・ヨーコによる1972年公開の映像作品『イマジン』が新たに劇場上映されることに

  11. ビートルズ、クリスマス・ボックスなど12/15に発売される3つのリリースが発表に

  12. ビートルズ、『クリスマス・レコード・ボックス』発売を記念してプレゼント・キャンペーンを実施

  13. ポール・マッカートニー、ワールド・ツアー初日ケベック・シティ公演速報レポート

  14. ジョン・レノンを殺害したマーク・チャップマンの妻、事件の2ヶ月前に計画を明かされていたと語る

  15. ポール・マッカートニー、ビートルズ再結成の夢を度々見ると語る