ドレイク、2年連続で全米シングル・チャート10週連続1位を達成

ドレイクは今年1月にサプライズ・リリースしたシングル“God’s Plan”が全米シングル・チャートで10週連続1位を獲得したことで、2年連続となる全米シングル・チャート10週連続1位を達成している。

ドレイクは昨年も“One Dance”で10週連続1位を達成しており、全米シングル・チャートで10週1位に輝いた楽曲を2作品リリースした男性ソロ・アーティストとしては史上初だという。

“God’s Plan”のミュージック・ビデオはこちらから。

“God’s Plan”のミュージック・ビデオでドレイクは約100万ドル(約1億600万円)を慈善のために費やしている。

ビデオは「The budget for this video was $996,631.90. We gave it all away. Don’t tell the label(このビデオのための予算は99万6631ドルで、これをすべて配ってみたんだ。レーベルには言うなよ)」というキャプションで幕を開けるものとなっている。

ドレイクはこのミュージック・ビデオについてソーシャル・メディアで「これまでのキャリアでも最も重要なものとなった」と述べている。

RECOMMEND NEWS

  1. ドレイクによるN.E.R.Dの“Lemon”のリミックス音源が公開

  2. ドレイク、ニュー・アルバムのタイトルとリリース時期を発表

  3. コーネリアス、ドレイクの“PassionFruit”をカヴァーした音源が公開

  4. ニッキー・ミナージュ、プシャ・Tからゴーストライター疑惑について攻撃されたドレイクを擁護

  5. ドレイク、約1億円を配る“God’s Plan”のミュージック・ビデオを公開

  6. ドレイク、6/29に新作をリリースすることを発表&“I’m Upset”のビデオが公開