パール・ジャム、ガンズ・アンド・ローゼズとU2との共同ツアーを断っていたことが明らかに

パール・ジャムは、かつてU2とガンズ・アンズ・ローゼズとの共同ツアーを持ちかけられたものの、それを断っていたことが明らかになっている。

共同ツアーはガンズ・アンド・ローゼズのフロントマンであるアクセル・ローズによって1993年に提案されたもので、パール・ジャムはその2年前となる1991年にデビュー・アルバム『Ten』をリリースして大々的に成功を収めている。今回、ファン・サイト「ガンズ・アンド・ローゼズ・セントラル」によるインタヴューの中で、ガンズ・アンド・ローゼズの元マネージャーであるダグ・ゴールドスタインは当時U2はツアーに合意したものの、最終的にツアーが白紙になったことを明かしている。

「何があったかというと、アクセル(・ローズ)が僕のところへ来て、当時はパール・ジャムがブレイクした頃だったんだけどさ、ちょうど『TEN』をリリースして人気に火がついたところでね。僕らはその時、イスラエルのテルアビブで公演をやっていたんだ」とダグ・ゴールドスタインは語っている。「ある朝アクセルが僕のところへ来て、こう言ったんだ。『俺たちのスケジュールが空いてるかは関係ない。報酬もなくたって構わない。俺たちとパール・ジャム、そしてU2がトリを務めるっていう公演を1回か、もしくは数回やりたいんだ。関係者全員に電話してくれるかい?』ってね。僕は、『もちろん』と言ったよ」

3組での共同ツアーについて、当時U2のマネージャーを務めていたポール・マクギネスからは合意を得られたものの、その後、パール・ジャムのマネージャーであるケリー・カーティスからは、バンドに確認することもなく即座に断りを入れられたという。ダグ・ゴールドスタインはケリー・カーティスとの当時のやり取りについて、最終的に彼から「俺の仕事に口出しするな」と言われ、その後でダグ・ゴールドスタインが彼に「素晴らしい人生を送る」よう祈ったところで会話が終了したことを明かしている。

ダグ・ゴールドスタインのインタヴューはこちらから。

パール・ジャムは先日、ニュー・アルバムをリリースする予定であることを発表し、ファン・クラブ向けに公開されていた新曲“Can’t Deny Me”がアルバムに収録されることを明かしているほか、今夏のワールド・ツアーの日程も発表している。

RECOMMEND NEWS

  1. ガンズ・アンド・ローゼズのアクセル、アップルCEOを音楽界のドナルド・トランプと批判

  2. U2、新作が全米1位を獲得して全米チャートにおける新記録を樹立

  3. ガンズ・アンド・ローゼズのスラッシュ、現在のロック・バンドが置かれた状況について語る

  4. デイヴ・グロール、フー・ファイターズの船出にあたってエディ・ヴェダーの果たした役割を明かす

  5. ガンズ・アンド・ローゼズのアクセル、カート・コバーンが亡くなった当時の逸話が明らかに

  6. ガンズ・アンド・ローゼズ、ダウンロード・フェスティバルの映像をSNSで公開

  7. ガンズ・アンド・ローゼズのスラッシュ、ソロ・アルバムを秋にリリース予定であることを発表

  8. パール・ジャム、新作について2019年のリリースになることを示唆

  9. U2、新曲“American Soul”のリリック・ビデオを公開

  10. レッチリのチャド・スミス、コールドプレイやガンズのメンバーが参加したスーパーグループを結成

  11. ガンズ・アンド・ローゼズ、『アペタイト・フォー・ディストラクション』が29年ぶりに全米チャートのトップ10に

  12. U2、マーヴィン・ゲイの“What’s Going On”のカヴァー音源をスポティファイで公開

  13. ガンズ・アンド・ローゼズのスラッシュ、リンキン・パークのチェスターとレコーディングした過去を明かす

  14. U2のボノ、パラダイス文書に自身の名前があったことについて声明を発表

  15. U2、新曲を公開してニュー・アルバムの詳細を正式発表