パール・ジャム、ガンズ・アンド・ローゼズとU2との共同ツアーを断っていたことが明らかに

パール・ジャムは、かつてU2とガンズ・アンズ・ローゼズとの共同ツアーを持ちかけられたものの、それを断っていたことが明らかになっている。

共同ツアーはガンズ・アンド・ローゼズのフロントマンであるアクセル・ローズによって1993年に提案されたもので、パール・ジャムはその2年前となる1991年にデビュー・アルバム『Ten』をリリースして大々的に成功を収めている。今回、ファン・サイト「ガンズ・アンド・ローゼズ・セントラル」によるインタヴューの中で、ガンズ・アンド・ローゼズの元マネージャーであるダグ・ゴールドスタインは当時U2はツアーに合意したものの、最終的にツアーが白紙になったことを明かしている。

「何があったかというと、アクセル(・ローズ)が僕のところへ来て、当時はパール・ジャムがブレイクした頃だったんだけどさ、ちょうど『TEN』をリリースして人気に火がついたところでね。僕らはその時、イスラエルのテルアビブで公演をやっていたんだ」とダグ・ゴールドスタインは語っている。「ある朝アクセルが僕のところへ来て、こう言ったんだ。『俺たちのスケジュールが空いてるかは関係ない。報酬もなくたって構わない。俺たちとパール・ジャム、そしてU2がトリを務めるっていう公演を1回か、もしくは数回やりたいんだ。関係者全員に電話してくれるかい?』ってね。僕は、『もちろん』と言ったよ」

3組での共同ツアーについて、当時U2のマネージャーを務めていたポール・マクギネスからは合意を得られたものの、その後、パール・ジャムのマネージャーであるケリー・カーティスからは、バンドに確認することもなく即座に断りを入れられたという。ダグ・ゴールドスタインはケリー・カーティスとの当時のやり取りについて、最終的に彼から「俺の仕事に口出しするな」と言われ、その後でダグ・ゴールドスタインが彼に「素晴らしい人生を送る」よう祈ったところで会話が終了したことを明かしている。

ダグ・ゴールドスタインのインタヴューはこちらから。

パール・ジャムは先日、ニュー・アルバムをリリースする予定であることを発表し、ファン・クラブ向けに公開されていた新曲“Can’t Deny Me”がアルバムに収録されることを明かしているほか、今夏のワールド・ツアーの日程も発表している。

RECOMMEND NEWS

  1. ガンズ・アンド・ローゼズ、ボックスセットや再発盤に“One In A Million”が収録されないことが話題に

  2. ガンズ・アンド・ローゼズ、モーターヘッドのファスト・エディ・クラークを追悼

  3. U2、ドナルド・トランプ大統領に向けた“Get Out Of Your Own Way”のビデオを公開

  4. ガンズ・アンド・ローゼズ、2009年以来初めて全米メインストリーム・ロック・チャートにランクイン

  5. U2、第60回グラミー賞授賞式でのパフォーマンス映像が公開

  6. ガンズ・アンド・ローゼズとコールドプレイ、歴代興行成績のトップ10に入ったことが明らかに

  7. ノエル・ギャラガー、U2とのツアーでボノから逃げ出そうとした体験について語る

  8. ガンズ・アンド・ローゼズのアクセルとスラッシュとダフ、フー・ファイターズの公演に飛び入りで参加

  9. ガンズ・アンド・ローゼズ、放送禁止となっていた“It’s So Easy”のミュージック・ビデオが公開

  10. U2のボノ、最新作の制作にあたって死の淵に瀕したことについて詳細を語るのを拒否

  11. U2、新曲を公開してニュー・アルバムの詳細を正式発表

  12. ガンズ・アンド・ローゼズ、『アペタイト・フォー・ディストラクション』のボックスセットの発売が決定

  13. パール・ジャムのジェフ・アメン、ソロ・アルバムからの新曲“Safe In The Car”を公開

  14. 第60回グラミー賞授賞式、U2、サム・スミス、ケンドリック・ラマーなどの出演が決定

  15. AC/DC、アクセル・ローズを迎えて活動を継続することへの続報が明らかに