ブラーのグレアム・コクソン、ブラーとしてニュー・アルバムを制作する可能性について語る

ブラーのグレアム・コクソンは、バンドが再び再結成して新作に取り組む可能性については低いとしている。

ブラーはフェスティバルへの出演やワールド・ツアーのために再結成しており、その後2015年に多くの評価を得ることになったアルバム『ザ・マジック・ウィップ』をリリースしている。それ以来、ファンはブラーが新作やライヴ日程を発表することを待ちわびている状況が続いている。

しかしながら、「iニュース」にブラーとして新たなアルバムを作る構想があるのかと訊かれたグレアム・コクソンは、次のように答えている。「いや、ないと思うね。実際、アルバムを出す理由が見つからないんだ」

「ブラーという物語にはいい形でピリオドが打てたと思うんだ。それが最後の終止符なのかどうかは分からないけど、現時点では他に何かをしようというプランはないよ」

グレアム・コクソンは次のように続けている。「歳を取ると、何かと難しくなってくるからね。そういうことに費やす時間は少なくなるわけで、だからミュージシャンは歳を取るにつれてクリエイターとしては下り坂になっていくんだと思うよ」

グレアム・コクソンは先日、『NME』にブラーとして新曲を作ることについては話し合ったことがないと明かしており、今回のニュースはそれに続くものとなっている。

グレアム・コクソンは今年1月にテレビ・ドラマ「このサイテーな世界の終わり(The End of the F***ing World)」のサウンドトラックをリリースしているほか、ブラーのフロントマンであるデーモン・アルバーンはゴリラズとしての新作にすでに取り組んでいることや、ザ・グッド、ザ・バッド・アンド・ザ・クイーンのセカンド・アルバムに取り組んでいることを明かしている。

RECOMMEND NEWS

  1. ブラーのアレックス・ジェームス、他にやることのない高齢のロック・ミュージシャンを批判

  2. ブラーのデーモン・アルバーン、人生最悪のライヴについて語る

  3. デーモン・アルバーン、アークティック・モンキーズの新作について自身の意見を語る

  4. リアム・ギャラガー、「俺がブラーと問題があったことはない」と語る

  5. ブラーのデーモン・アルバーン、ノエル・ギャラガーとの親密な友人関係について語る

  6. デーモン・アルバーン、カニエ・ウェストによるポール・マッカートニーとの共作を批判

  7. ブラーのグレアム・コクソン、ブリットポップ期のギタリストたちは退屈だったと語る

  8. ゴリラズ、ニュー・アルバムをサプライズでリリースか?

  9. デーモン・アルバーン、シリア人オーケストラとスペシャル・パフォーマンスを行うことが決定

  10. ザ・グッド、ザ・バッド・アンド・ザ・クイーン、セカンド・アルバムの発売日が決定

  11. ゴリラズ、ドイツ公演で4曲の新曲を初披露

  12. デーモン・アルバーン、ノエル・ギャラガーについて同志のような存在と語る

  13. ザ・グッド、ザ・バッド・アンド・ザ・クイーン、新作のタイトル・トラックが公開

  14. blurの『シンク・タンク』のジャケットを含むbanksyの作品に類似疑惑が持ち上がる

  15. デーモン・アルバーン、ザ・グッド、ザ・バッド・アンド・ザ・クイーンの新作が大詰めに入っていると語る