ジョン・レノンやカート・コバーン、デヴィッド・ボウイの手書き文字がフォントに

カート・コバーンやデヴィッド・ボウイ、ジョン・レノンなど、様々なロック・スターの手書き文字のフォントが作成されている。

ソングライター・フォントというこのプロジェクトは「本物の手書きの手紙やメモ」から書体を作るもので、他にもレナード・コーエンやセルジュ・ゲンズブールのフォントが作られている。

「ソングライティングとはインスピレーションに関するものです」とクリエイターのジュリアン・サンスとニコラス・ダミアンズは述べている。「以前に自身にインスピレーションを与えてくれた人物として曲を書くのです。ソングライター・フォントはミュージシャンにインスピレーションを与えるために作られました」

「影響力のあるソングライターの手書き文字で歌詞を書くことは想像力が膨らむのを手助けしてくれるでしょう。デヴィッド・ボウイやカート・コバーン、レナード・コーエン、セルジュ・ゲンズブール、ジョン・レノンの雰囲気に浸ることは本当に想像力に富んだ体験になるかもしれません。それがまさにポイントなのです」

フォントのダウンロードはこちらから。

https://www.songwritersfonts.com/

カート・コバーンについては先週、亡くなってから24年を迎えたことを受けて各方面から追悼の意が表されている。ニルヴァーナのフロントマンであるカート・コバーンは1994年4月5日にワシントン州シアトルの自宅で自ら命を絶っている。享年27歳だった。

カート・コバーンの妻であったコートニー・ラヴは4月5日、カート・コバーンと自身と彼との間に生まれた娘であるフランシス・ビーン・コバーンが一緒に写った写真をインスタグラムに投稿している。「この世界はいつだってこの日を迎えることになってしまう。そのオーシャン・ブルーの瞳。あなたが恋しいわ」とコートニー・ラヴは綴っている。

the universe always rips open on this day… those ocean blue eyes, we miss you

Courtney Love Cobainさん(@courtneylove)がシェアした投稿 –

RECOMMEND NEWS

  1. ボブ・ディランやマドンナらが滞在したチェルシー・ホテルの部屋の扉が競売で落札される

  2. ポール・マッカートニー、今週ロンドンでシークレット・ライヴを行うことが明らかに

  3. ポール・マッカートニーによるファッツ・ドミノへの追悼文の全文訳を掲載

  4. デヴィッド・ボウイ、ミュージカル『ラザルス』の映像がニューヨークで上映されることに

  5. ビートルズのリンゴ・スター、ワールドワイドの楽曲出版契約をBMGと締結

  6. デイヴ・グロール、カート・コバーンが亡くなった時期の自身を振り返る

  7. デヴィッド・ボウイ、バッキンガムシャーで3/25に銅像が公開されることに

  8. ジョージ・ハリスンの元妻のパティ、ビートルマニアの熱狂についてテイラー・スウィフトに語る

  9. デヴィッド・ボウイ、71回目の誕生日を記念して“Let’s Dance”のデモ音源が公開

  10. ニルヴァーナのクリス・ノヴォゼリック、ニルヴァーナやカート・コバーンの死について語る

  11. デヴィッド・ボウイ、007役で知られるロジャー・ムーアの訪問を避けていたことが明らかに

  12. ナイン・インチ・ネイルズ、デヴィッド・ボウイの”I’m Afraid of Americans”をライヴでカヴァー

  13. ビートルズの『リボルバー』のジャケット誕生までの制作過程を追ったドキュメンタリーがWOWOWで放送

  14. 725個のルービック・キューブで作られたデイヴ・グロールの肖像が公開

  15. マリリン・マンソン、デヴィッド・ボウイとの対面を台無しにされたことを振り返る