ミューズ、2018年のリリース計画について語る

ミューズは2018年の計画に言及して、いくつかのライヴを行うことを発表したほか、今年にニュー・アルバムをリリースする可能性を示唆している。

ミューズは、フロントマンであるマシュー・ベラミーとドラマーのドミニク・ハワードがバンドの今年のプランについて語る映像を公開している。バンドは今夏にいくつかのフェスティバルに出演することを発表しており、それ以上のライヴは行われないことが示唆されているものの、一方でニュー・アルバムを今年にリリースする可能性を示唆している。

「僕らの2018年のプランっていうのは、新曲をたくさん作って、それからアルバムも作ることになるだろうね」とマシュー・ベラミーは語っている。「何曲かシングルをリリースして、5つか6つのライヴをやる。これまでに出たことがなかったアメリカのフェスティバルとかね」

「ボナルーやナパ・バレーで開催されるボトルロック、そしてカロライナ・レベリオンでプレイするのを楽しみにしているよ」

ミューズは先日、『NME』に対してバンドの今後について語っている。

「僕たちは最大級のツアーをやって、観客を驚かせるつもりだよ。今までに彼らが観たことのないようなものを使ってね」とマシュー・ベラミーは『NME』に語っている。

「今まで誰も観たことがないようなものを作りたいと思っていてね。僕らはいつも最新のテクノロジーや最先端に関心を持っていて、これまでに誰もコンサートで観たことがない新しい仕掛けを常に考えているんだよ。それで、思いついたらそれを使うんだ」

「僕らはたくさんの新曲に取り組んでいるところなんだ」とマシュー・ベラミーは続けている。「今年は多くの新曲をリリースする予定だし、間もなくリリースするアルバムに向けて取り組んでいるんだ」

ミューズは先日、バンドが結成されてから、初期の2作品『ショウビズ』と『オリジン・オブ・シンメトリー』をリリースするまでの期間の音源やデモ、写真、映像を集めた『オリジン・オブ・ミューズ』のリリースを示唆している。

バンドは『オリジン・オブ・ミューズ』のプロジェクトについて、「現在も進行中」であると語っている。

RECOMMEND NEWS

  1. ミューズ、ニュー・シングル“Thought Contagion”のリリース日が決定

  2. ミューズのマシュー・ベラミー、アコースティックの新曲をソーシャル・メディアで公開

  3. ミューズ、『ドローンズ』ツアーの映像作品が日本でも劇場公開されることが決定

  4. ミューズ、今週劇場公開されるライヴ映像作品から“Psycho”の映像が公開

  5. ミューズのマシュー・ベラミー、交際相手のエル・エヴァンスと婚約したことが明らかに

  6. ミューズ、最新シングル“Thought Contagion”風のロゴが制作できるジェネレーターを公開

  7. ボナルー・フェスティバル、2018年のラインナップを発表

  8. ミューズ、『ドローンズ』ツアーの模様を収録した映像作品を一夜限定で劇場公開へ