ボブ・ディランやマドンナらが滞在したチェルシー・ホテルの部屋の扉が競売で落札される

数多くのアーティストや作家を初めとした著名人が暮らしたことで知られる、ニューヨークの伝説的なホテルであるチェルシー・ホテルのドアがオークションによって売却されている。

今回、ボブ・ディランやレナード・コーエン、ジミ・ヘンドリックス、ジャニス・ジョプリン、ジョニ・ミッチェルらが使用していた部屋のドアがそれぞれ高額で落札されたという。

ボブ・ディランの部屋の扉は10万ドル(約1,070万円)で落札されているほか、レナード・コーエンが自身とジャニス・ジョプリンとの情事について歌ったとされる“Chelsea Hotel No.2”に登場する部屋の扉は8万5,000ドル(約910万円)で落札されている。

作家のジャック・ケルアックが1950年代に代表作『路上』を書き上げたという部屋の扉は3万ドル(約320万円)で落札されている。また、ジミ・ヘンドリックスとマドンナの部屋の扉はそれぞれ1万3,000ドル(約140万円)で落札されている。

ドアはホテルの元居住者であるジム・ジョージウーによって所有されていたといい、彼はドアが過去に捨てられそうになっているのを目撃して引き取ることにしたという。

ジム・ジョージウーは『ニューヨーク・タイムズ』紙に次のように語っている。「私にとって、あのドアは歴史であり美であり、私の心と一体になったものでした。これまで数多くの人々によって通り抜けられてきた、かけがえのないものなのです」

一方、ボブ・ディランは先日ある名曲を「同性婚のアンセム」へと変えて、新たなコンピレーションに参加している。

『ユニバーサル・ラヴ』と題されたコンピレーションは4月5日にリリースされており、ボブ・ディランのほか、セイント・ヴィンセント、ケシャ、ブロック・パーティーのケリー・オケレケ、デス・キャブ・フォー・キューティーのベン・ギバート、ヴァレリー・ジューンによる楽曲が収録されている。

この6曲収録のEPのためにボブ・ディランはフランク・シナトラやナット・キング・コールのバージョンで知られるアメリカン・クラシック“She’s Funny That Way”を“He’s Funny That Way”へと変えて歌っている。

コンピレーションのエグゼクティヴ・プロデューサーであるロブ・カプランによれば、ボブ・ディランはすぐにこのプロジェクトへの参加に応じてくれたという。「『分かった。やるよ』というのじゃなかったんだ。『そうだ、1曲アイディアがあるんだ』って感じだったんだ」

「ポップ・ミュージックの歴史に目を向けると、ラヴ・ソングの大部分はヘテロセクシャルな視点からのものでした」と共同プロデューサーのトム・マーフィーは『ニューヨーク・タイムズ』紙に語っている。「音楽を人々を結束させるものと考えると、こうしたポピュラー・ソングは誰に対しても開かれているべきではないでしょうか?」

RECOMMEND NEWS

  1. ジミ・ヘンドリックス、『エレクトリック・レディランド』50周年日本盤の早期予約特典が決定

  2. マドンナ、世界的バレリーナであるミケーラ・デプリンスの伝記映画の監督を務めることが決定

  3. ボブ・ディラン、名曲を同性婚向けに変えたカヴァーで新たなコンピレーションに参加

  4. ボブ・ディラン、来日記念盤がワールドワイドでもリリースされることが決定

  5. ボブ・ディラン、『血の轍』のセッションを収録したブートレッグ集第14弾のリリースが決定

  6. ジャニス・ジョプリン、『チープ・スリル』の50周年記念エディションのリリースが決定

  7. ジミ・ヘンドリックス、1973年のライヴ・ドキュメンタリー・フィルムが東阪のZeppで上映

  8. ボブ・ディラン、11月に『ザ・ブートレッグ・シリーズ第13集』のリリースが決定

  9. ジミ・ヘンドリックス、3月リリースのアルバムより“Hear My Train A Comin’”の音源が公開

  10. ジョン・レノンやカート・コバーン、デヴィッド・ボウイの手書き文字がフォントに

  11. ジミ・ヘンドリックス、『エレクトリック・レディランド』50周年盤のリリースが決定

  12. ジミ・ヘンドリックス、3月リリースのアルバムより“Mannish Boy”の音源が公開

  13. ボブ・ディランの『追憶のハイウェイ61』、ソニー自社一貫生産アナログ盤の洋楽第2弾に決定

  14. ボブ・ディラン、7/17に東阪Zeppで『ドント・ルック・バック』の上映が決定

  15. マドンナ、レナード・コーエンの“Hallelujah”をカヴァー