ザ・キラーズ、ロックの殿堂の式典でトム・ペティに追悼の意を表したカヴァーを披露

ザ・キラーズは現地時間4月14日に開催されたロックの殿堂の式典で追悼の意を表して、トム・ペティをカヴァーしている。

トム・ペティは昨年の10月2日に亡くなっている。後に様々な鎮痛剤による不意のオーヴァードーズで亡くなったことが発表されている。享年66歳だった。

ザ・キラーズはトム・ペティの“American Girl”をカヴァーしたほか、パフォーマンスの最後で“Free Fallin”も披露している。

観客が撮影した映像はこちらから。

パフォーマンスの途中でブランドン・フラワーズは観客に立ち上がるように指示して、「計り知れないほどの達人だった永遠なるトム・ペティにロックンロールとしてのリスペクト」を示すよう促している。

ブランドン・フラワーズはこの日の式典でザ・カーズをロックの殿堂に迎え入れる紹介役も務めている。米『ローリング・ストーン』誌にザ・カーズについて彼は次のように語っている。「僕がザ・カーズのアルバムを手に入れて、スピーカーから出てきたサウンドに母親が文句を言ったのがまるで昨日のことのようなんだ。あれから20年以上が経ったなんで信じられないね。でも、彼らは僕が最初に恋に落ちたバンドだったんだ。僕を正しい方向へと導いてくれたんだよ」

続けて、ブランドン・フラワーズはザ・カーズが「帰るべき場所を与えてくれた」として、「現在の生活」と妻との結婚を導いてくれたと語っている。「それについては本当に感謝しているんだよ」

先月、ザ・キラーズは“Mr Brightside”がリリースから約14年を経て、200週目となる全英シングル・チャートへのランクインを果たしたことが明らかになっている。

RECOMMEND NEWS

  1. ザ・キラーズ、BBCでのパフォーマンス映像が公開

  2. トム・ペティ、未発表音源などを収録したボックスセットの日本盤発売が決定

  3. トム・ペティ、未発表音源などを収録したボックスセットの発売が決定&未発表曲が公開

  4. ザ・キラーズ、9月に来日公演が決定

  5. トム・ペティ、訃報に際してマネージャーが発表した声明の全文訳を掲載

  6. ザ・ハートブレイカーズ、トム・ペティの死後初めてのライヴでベックやパティ・スミスと共演

  7. ロバート・プラント、トム・ペティの死について「あまりに早過ぎる」と語る

  8. キラーズ、自身初となる全米アルバム・チャート1位を獲得

  9. キラーズ、英ラジオでデヴィッド・ボウイのカヴァーを披露

  10. ザ・キラーズ、最新作より“Rut”のミュージック・ビデオが公開

  11. 初回から50周年を迎えるワイト島フェスティバル、2018年のヘッドライナーを発表

  12. レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、オースティン・シティ・リミッツでトム・ペティをカヴァー

  13. ボナルー・フェスティバル、2018年のラインナップを発表

  14. キラーズ、ドナルド・トランプ政権下での北朝鮮情勢について語る

  15. トム・ペティ、未発表音源などを収録したボックスセットより“Gainesville”のビデオが公開