リアム・ギャラガー、今週からセカンド・アルバムに取りかかると宣言

リアム・ギャラガーは、大きな成功を収めたソロ・デビュー・アルバム『アズ・ユー・ワー』に続く次回作に向けてロサンゼルスのスタジオに入ることを明かしている。

オアシスの元フロントマンであるリアム・ギャラガーは“For What It’s Worth”や“Paper Crown”といったヒット曲を生むことになった2017年の『アズ・ユー・ワー』の成功を受けて、再びプロデューサーにグレッグ・カースティンを起用することが明らかになっている。

リアム・ギャラガーはツイッターで、兄であるノエル・ギャラガーの「コズミック・ポップ」を忘れずに揶揄した上で、ロサンゼルスに向けて出発することを明かしている。

「あの丘たちはリアム・ギャラガーのサウンドと共に過ごすことになる。来週には『アズ・ユー・ワー』の次回作のためにLAに行くんだ。コズミック・ポップ好きの野郎ども、用心するんだな。乾杯」

リアム・ギャラガーの新曲をいつ聴くことができるのかは明らかになっていないものの、今夏にUKで行われる大規模なギグで披露する可能性が示唆されている。

リアム・ギャラガーはロンドンのフィンズベリー・パークやマンチェスターのオールド・トラッフォード・クリケット・グラウンドでの公演で新曲を披露する可能性はあるかと質問されると、「かもな」と返している。

リアム・ギャラガーは先日、オーストリアのスノウボミング・フェスティバルでヘッドライナーを務めており、オアシス時代の楽曲を数多く披露している。

「元オアシスのフロントマンは生き生きとソロでの楽曲を披露して、“Wall of Glass”ではそれがシンガロングが巻き起こるほどの人気を得ていることを示している」と『NME』はレヴューに綴っている。

「しかしながら、観客を最も魅了したのはオアシスのヒット曲たちで、リアム・ギャラガーはそれらをもって観客をブリットポップのノスタルジアへと誘っている。リアムのソロ作自体も素晴らしいのだが、この得体の知れないペルソナを纏った彼でさえ、オアシス時代という影からは逃げられないのだ。とりわけ“Wonderwall”のパフォーマンスでは、ことあるごとに観客にコーラスを任せ、観客を物悲しげな雰囲気に溶け込ませることとなった」

※公開後、記事を修正しました。

RECOMMEND NEWS

  1. リアム・ギャラガー、ローリング・ストーンズのサポート・アクトを務めることについてツイート

  2. リアム・ギャラガー、ビーディ・アイでオアシスの曲をあまりやらなかった理由を明かす

  3. リアム・ギャラガー、兄のノエル・ギャラガーについて心あたたまるツイートを投稿

  4. リアム・ギャラガー、“I’ve All I Need”のミュージック・ビデオが公開

  5. リリー・アレン、日本行きの飛行機内でリアム・ギャラガーと関係を持ったという噂に言及

  6. リアム・ギャラガー、自身が出演したパークライフ・フェスティバルの名前に不満を表明

  7. NMEアウォーズ2018、全受賞者一覧

  8. リアム・ギャラガー、会場の電気関係の問題でリチャード・アシュクロフトとのライヴが中止に

  9. リアム・ギャラガー、オアシスの再結成が実現しない原因として再びノエルの妻を批判

  10. リアム・ギャラガー、ブリット・アウォーズ授賞式でのパフォーマンス映像を正式公開

  11. リアム・ギャラガー、『アズ・ユー・ワー』の限定ピクチャー・ディスク盤が発売されることに

  12. リアム・ギャラガー、サポート・アクトを務めるローリング・ストーンズ公演の意気込みをツイート

  13. トラヴィスのフラン・ヒーリー、かつてリアム・ギャラガーを涙させた逸話を明かす

  14. スパイス・ガールズ、リアム・ギャラガーに影響を受けたドキュメンタリー作品を制作か

  15. リアム・ギャラガー、初めて買ったレコードについて語る