ザ・1975、数日以内に新曲がリリースされる可能性を示唆

ザ・1975は、今週中に新曲がリリースされる可能性が示唆されている。

先日、ザ・1975がソーシャル・メディアへの投稿を大量に削除したことを受けて、ファンはバンドが新曲と共にシーンに復帰する準備が整ったのではないかと推測していた。

とあるファンが現地時間4月21日、バンドが2016年にリリースしたセカンド・アルバム『君が寝てる姿が好きなんだ。なぜなら君はとても美しいのにそれに全く気がついていないから。』のネオンのアートワークを彷彿とさせる、ピンク色の夕焼けの中に雷が落ちている様子を写した写真をツイッターに投稿したところ、バンドのマネージャーで彼らのレーベルのダーティ・ヒットの創業者であるジェイミー・オーボーンはこのツイートに反応をしてしており、「そう。あと何日かはね」と返信している。

新曲についての憶測が広がっていることもあり、当然ながらファンはジェイミー・オーボーンの返信に歓喜している。

ファンの反応は以下の通り。

「やったね。あと数日よ。数週間じゃなくね。ジェイミー、何てことをしてくれたの」

「文字通りの数日? もしくは比喩的な数日?」

フロントマンのマット・ヒーリーは以前サード・アルバムが6月にリリースされることを示唆しているほか、マネージャーのジェイミー・オーボーンも新曲について「本当にもうすぐなんだ」とツイートしている。

ザ・1975は昨年の大半を、多くの期待が寄せられているサード・アルバム『ミュージック・フォー・カーズ』に取り組むのに費やしている。

「『ミュージック・フォー・カーズ』というタイトルはブライアン・イーノを好きなことに由来してEPに付けたんだ」とマット・ヒーリーは昨年『NME』に語っている。「アルバム・タイトルとしても使うつもりでね。というのも。ザ・1975の世界にあるものをメタ的に自己言及しているものなんだよ。これまでやってきた中でも常に『ミュージック・フォー・カーズ』はお気に入りのタイトルでね。すべてを包み込んでくれるところがあるんだよ」

マット・ヒーリーは以前、次のアルバムに求めるものを語っており、既に「前作と同じくらい良い」新曲をいくつかあり、「多くのアンビエントでクラシックなトラック」があるとしている。

「サード・アルバムについて言うなら、『OKコンピューター』か『クイーン・イズ・デッド』か、そういうものをやらなきゃいけないんだ」と彼は語っている。「後世に遺るような作品にしたいんだ。みんなが振り返って、この10年にバンドが出したアルバムとして最も重要な作品だと思ってもらいたいんだよ」

ライヴに関する発表は夏になると明かしていたマネージャーのジェイミー・オーボーンは先日、サード・アルバムのための最初の公演がUKで行われることを明かしている。大規模なツアーを行う前に小さな会場でのライヴを行うのかとファンに訊かれた彼は次のように答えている。「いや。最初のライヴは世界でも最大のライヴ・スペクタクルにしたいんだ」

RECOMMEND NEWS

  1. レディング&リーズ・フェスティバル、ヘッドライナー以外の第1弾ラインナップも発表に

  2. The 1975

    The 1975のマット・ヒーリー、最新作が『OKコンピューター』と比較されていることについて言及

  3. The 1975

    The 1975のマット・ヒーリー、バンドの各時代を演奏する連続公演を行いたいと語る

  4. ザ・1975のマット・ヒーリー、新たにミュージック・ビデオの監督を務めていることが明らかに

  5. The 1975

    The 1975のマット・ヒーリー、2000年代はArctic Monkeys、2010年代は自分たちと語る

  6. ザ・1975のマット・ヒーリー、ロック・バンドを聴かない理由について語る

  7. レディング&リーズ・フェスティバル、2019年のヘッドライナーを発表

  8. The 1975のマット・ヒーリー、「ミュージック・フォー・カーズ」期をゴリラズになぞらえる

  9. ARCTICMONKEYS

    イギリスで2018年に最も売れたアナログ盤のランキングが明らかに

  10. ザ・1975、新作に関連していると思われる謎めいた映像を投稿

  11. ザ・1975のマット・ヒーリーの母親、息子の薬物中毒との闘いについて語る

  12. The 1975

    The 1975、Arctic Monkeys以来となるデビュー作より3作連続での全英1位を獲得

  13. The 1975、最新作を携えたツアー初日のセットリストが明らかに

  14. ザ・1975、2017年7月以降のソーシャル・メディアへの投稿をすべて削除

  15. ザ・1975のマット・ヒーリー、父親のティム・ヒーリーとレコーディングしたことが明らかに