レディオヘッド、バンドとして15年ぶりに“True Love Waits”のオリジナル・バージョンを披露

レディオヘッドのトム・ヨークは、現地時間4月20日に行われたブラジル公演で“True Love Waits”のオリジナルのアコースティック・バージョンを15年ぶりに披露している。

“True Love Waits”は約20年前からライヴで披露されてきており、ファンから人気の楽曲となっていたが、“True Love Waits”が最終的にオリジナル・アルバムに収録されたのは2016年発表の最新作『ア・ムーン・シェイプト・プール』となっている。その際はミニマルなピアノを主体としたアレンジとなっており、その後のツアーではこのバージョンで演奏されていた。

トム・ヨークのソロ公演ではここ10年の間にも何度か披露されているものの、現地時間4月20日に行われたサウンドハーツ・フェスティバルのリオデジャネイロ公演で、レディオヘッドとしては2003年以来15年ぶりに“True Love Waits”のアコースティック・バージョンを披露している。

観客が撮影した“True Love Waits”のパフォーマンスはこちらから。

この日のセットリストは以下の通り。

Daydreaming
Ful Stop
15 Step
Myxomatosis
Lucky
Nude
Pyramid Song
Everything in Its Right Place
Let Down
Bloom
Reckoner
Identikit
I Might Be Wrong
No Surprises
Weird Fishes/Arpeggi
Feral
Bodysnatchers
Encore:
Street Spirit (Fade Out)
All I Need
Desert Island Disk
Lotus Flower
The National Anthem
Idioteque
Encore 2:
True Love Waits
Present Tense
Paranoid Android
Karma Police

今回のツアーのアルゼンチン公演では、トム・ヨークは安全柵が壊れるハプニングに“The Gloaming”をアカペラで披露して対処している。

安全柵が壊れたことでパフォーマンスは一時中断となり、観客からは困惑の声が上がっていたものの、バンドのフロントマンであるトム・ヨークは『ヘイル・トゥ・ザ・シーフ』に収録されている“The Gloaming”をアカペラで披露して観客を落ち着かせることに成功している。

“The Gloaming”のアカペラ・パフォーマンスはこちらから。

関連NEWS

  1. レディオヘッドのトム・ヨーク、新たなアート・プロジェクトに参加することに

  2. レディオヘッドのトム・ヨーク、楽曲を提供した長編作品『サスペリア』の予告編が公開に

  3. リアム・ギャラガー、一連のツイートでレディオヘッドを批判

  4. Thom Yorke

    RADIOHEADのThom Yorke、Silent Nightのカヴァーをライヴで披露

  5. レディオヘッドとハンス・ジマー、海洋ドキュメンタリー番組の音楽でコラボレーション

  6. マムフォード&サンズ、レディオヘッドの“All I Need”のカヴァーを披露

  7. レディオヘッド、コロンバス公演で“A Wolf at the Door”を6年ぶりに演奏

  8. ラナ・デル・レイ、レディオヘッドとの“Creep”をめぐる争いが終わったことを明かす

  9. レディオヘッドのトム・ヨーク、ソロとして今年の冬に全米ツアーを行うことを発表

  10. レディオヘッドのトム・ヨーク、『サスペリア』のサントラより新曲“Open Again”が公開

  11. Thom Yorke

    Thom Yorke、新たに手掛けたクラシック楽曲を披露するロンドンとフランスでの公演が正式発表に

  12. レディオヘッドのジョニー・グリーンウッド、サウンドトラックから新曲が公開

  13. Radiohead

    Radiohead、レア曲Ill Windのストリーミング・サービスでの配信が開始

  14. レディオヘッドのトム・ヨーク、映画『007』のために書いた“Spectre”をライヴで初披露

  15. The 1975

    The 1975のマット・ヒーリー、最新作が『OKコンピューター』と比較されていることについて言及