U2、「エクスペリエンス+イノセンス」ツアーに連動したアプリを発表

U2は現行の「エクスペリエンス+イノセンス」ツアーに連動したアプリをローンチしている。「エクスペリエンス+イノセンス」ツアーについては10月からUK公演もスタートする。

「U2エクスペリエンス」と題されたアプリは、家の中やU2のライヴで拡張現実を体験できるというものになっている。

オーディエンスは、ライヴ中にアプリを起動してステージ上の100フィート(約30メートル)あるLEDの壁に携帯電話を向けると、「特別仕様のオーディオ・ヴィジュアル体験」を画面を通じて体験できるという。

また、家の中でアプリを起動してU2の最新アルバムである『ソングス・オブ・エクスペリエンス』のジャケットに画面を向けると、“Love Is All We Have Left”を歌うボノのパフォーマンスが起動する。
また、アプリの容量は358メガバイトとなっており、WiFi経由でのダウンロードが推奨されている。

App Storeでのダウンロードはこちらから。

Google Playでのダウンロードはこちらから。

Google Play で手に入れよう

一方、ライヴ中の携帯電話の使用に関してU2とは正反対の対応を取っているアーティストも多く、その1人であるジャック・ホワイトはライヴ中の携帯電話の使用を禁止している。

携帯電話に関しては、コメディアンのクリス・ロックも先日ライヴでの使用を禁止しているほか、「BBC ラジオ1」のDJであるアニー・マックもライヴを携帯電話で録画されることに苦言を呈している。

U2については先日、パール・ジャムが過去にガンズ・アンド・ローゼズとU2との共同ツアーを持ちかけられたものの、それを断ったという逸話が明かされている。

共同ツアーはガンズ・アンド・ローゼズのフロントマンであるアクセル・ローズによって1993年に提案されたもので、パール・ジャムはその2年前となる1991年にデビュー・アルバム『Ten』をリリースして大々的に成功を収めているが、パール・ジャムのマネージャーであるケリー・カーティスは共同ツアーの提案を即座に却下したという。

RECOMMEND NEWS

  1. U2、“Love Is Bigger Than Anything In Its Way”のミュージック・ビデオが公開

  2. U2、白人警察官の無罪判決を受けてセントルイス公演をキャンセル

  3. U2、第60回グラミー賞授賞式でのパフォーマンス映像が公開

  4. U2、最新シングル“You’re The Best Thing About Me”のカイゴによるリミックスが公開に

  5. U2、マーヴィン・ゲイの“What’s Going On”のカヴァー音源をスポティファイで公開

  6. U2、ジャック・ホワイトのサード・マン・レコーズでレコーディングする映像を公開

  7. U2のボノ、パラダイス文書に自身の名前があったことについて声明を発表

  8. U2のボノ、最新作の制作にあたって死の淵に瀕したことについて詳細を語るのを拒否

  9. 第60回グラミー賞授賞式、U2、サム・スミス、ケンドリック・ラマーなどの出演が決定

  10. パール・ジャム、ガンズ・アンド・ローゼズとU2との共同ツアーを断っていたことが明らかに

  11. U2、ニューヨーク公演で亡くなったアンソニー・ボーディンに楽曲を捧げる

  12. U2、新曲“American Soul”のリリック・ビデオを公開

  13. U2のボノとカニエ・ウェストのコラボレーション曲、当面リリースされないことが明らかに

  14. ノエル・ギャラガー、U2とのツアーでボノから逃げ出そうとした体験について語る

  15. U2、新作よりケンドリック・ラマー参加の新曲“American Soul”を公開