ザ・リバティーンズ、フェスティバルのキュレーションを手掛けることが明らかに

ザ・リバティーンズは今夏にケント州で開催されるホイールズ&フィンズ・フェスティバルのヘッドライナーを務めることが発表されており、そのうちの一日のラインナップのキュレーションを手掛けるという。

ホイールズ&フィンズ・フェスティバルは9月7日から9日にかけてブロードステアーズのジョス・ベイ海岸で開催され、ザ・リバティーンズはヘッドライナーとして9月9日のメイン・ステージに出演する。

プレス・リリースによれば、ザ・リバティーンズは「途轍もないほどの音楽的歓喜の宝庫をキュレーションする」とされているものの、出演者に関してはまだ発表されていない。

バンドはツイッターで「すごく興奮している」とし、「1日を通してたくさんの素晴らしいアーティストに来てもらって、演奏してもらおうと招待する」予定だとしている。

ザ・リバティーンズはまた自身のパフォーマンスに際して地元のチャリティ団体「アスピレーションズ・センター」と「パイ・ファクトリー・ミュージック」と協力するという。

告知動画はこちらから。

ホイールズ&フィンズ・フェスティバルのほか、ザ・リバティーンズはY・ノット・フェスティバル、ケンダル・コーリング、ヴィクトリアス・フェスティバルといったUKでのフェスティバルに今夏出演する予定となっている。

なお、ホイール&フィンズ・フェスティバルは、ケント州マーゲイトのザ・リバティーンズの新しいホテル兼スタジオ「ジ・アルビオン・ルームス」からすぐ近くで開催される。

ドラマーのゲイリー・パウエルは先日、『NME』に対して「ジ・アルビオン・ルームス」や期待されている次回作といったザ・リバティーンズの夏の計画について語っている。

バンドの新作の進捗について、ゲイリー・パウエルは次のように語っている。「ピートとカールは集まって、一緒に曲を書いているよ。ジョンはデンマークにいて、僕はここで曲を書いたり、レコード・レーベルを運営しようとしている。自分たちにとって問題はクオリティだけどさ。ちょっと飲んで、まとめていけばすごく簡単にいくはずだよ。きっと大丈夫さ」

関連NEWS

  1. リバティーンズ、ニュー・アルバムのリリース時期を明かす

  2. リバティーンズ、ホテル兼スタジオを計画している不動産を無事購入したことが明らかに

  3. リバティーンズ、フェスでキュレーションを務めるステージの出演者が発表に

  4. リバティーンズやパティ・スミスら、パレスチナ難民の子供たちを支援する慈善ライヴに出演

  5. リバティーンズ、12月にブラックプールで予定されていた公演がキャンセルに

  6. ピート・ドハーティ、服役者の社会復帰を支援するチャリティにアートワークを出品

  7. リバティーンズ、ロバート・スミスによるメルトダウン・フェスでザ・キュアーの“Boys Don’t Cry”をカヴァー

  8. リバティーンズのゲイリー・パウエル、新作の進捗状況について語る

  9. リバティーンズ、ホテルをオープンさせる地元のパブで行ったライヴの映像が公開

  10. Pete Doherty

    Pete Doherty、新バンドによるデビュー作より“Who’s Been Having You Over”のビデオが公開

  11. リバティーンズ、ホテル兼スタジオの名称を発表してスタジオからの最初の映像を公開

  12. カサビアンのサージ・ピッツォーノの個展にリバティーンズのカール・バラーらが出席

  13. pete-doherty

    The Libertinesのpete doherty、The VerveのThe Drugs Don’t Workのカヴァーを披露

  14. リバティーンズ、来月に出演するフェスティバルが当面の間は最後のステージになると明かす

  15. リバティーンズ、9/22に予定されていたブラックプール公演を延期することを発表