ジェイソン・ムラーズ、新曲“Have It All”のミュージック・ビデオが公開

ジェイソン・ムラーズは新曲“Have It All”のミュージック・ビデオが公開されている。

新曲“Have It All”は、ジェイソンとデヴィッド・ホッジズ(クリスティーナ・ペリー、ケリー・クラークソン)とJKash(マルーン5、チャーリー・プース、メーガン・トレイナー)が、ジェイソンの友人のミュージシャン、レイニング・ジェーン(モナ・タヴァコリ、チャスカ・ポッター、マイ・ブルームフィールド、ベッキー・ゲブハート)とコラボレーションして書き上げたという。

“Have It All”のミュージック・ビデオはこちらから。

2012年のミャンマーへの感動的な旅の最中に、ジェイソンが仏教僧にかけてもらった祈りの言葉の訳がこの曲の始まりとのことで、「2012年以来、世界は大きく変わった」とジェイソン・ムラーズは語っている。

「前より多くの人達が、自由と平等のために、その姿を見てもらおう、声を聞いてもらおうとマーチをしてる。アクティヴィズムが、再び盛り上がっているんだ。僕はあの時から今までに、不満を募らせた曲、怒っている曲、それに悲しい曲も沢山作った。でも、どれも進んで発表したい曲ではなかった。どれも歌いたい曲ではなかった。“Have It All”は僕が癒され、前に進むのを助けてくれる希望に満ちたメッセージの曲として、突出していたんだ。落胆とは正反対の寛容についてのメッセージの曲で、僧侶のメッセージを訳したことで、僕に授けられた曲。これはラップソングに変装した祈りの言葉で、人々に与えられて、共有されるために作られた曲だよ」

ミュージック・ビデオはこれまでもジェイソン・ムラーズのミュージック・ビデオを手掛けてきたダレン・ドーンが監督を務めており、ジェイソンの故郷ヴァージニア州リッチモンドで撮影されたこのビデオには、リッチモンド・コミュニティー演劇学校(SPARC)やリッチモンド周辺のターンアラウンド・アーツの生徒たち、また俳優のケイティー・グローバーが出演している。

RECOMMEND NEWS

  1. ジェイソン・ムラーズ、4曲のライヴ・パフォーマンス映像が公開

  2. ジェイソン・ムラーズ、8/10に新作をリリースすることを発表&新曲“Unlonely”を公開

  3. Jason Mrazがバリスタに!?ライブ&トーク&コーヒーサーブ!渋谷のホテルで極上のファン・イベントを開催!!

  4. ジェイソン・ムラーズ、新作より“Might As Well Dance”のミュージック・ビデオが公開