ミューズ、『ドローンズ』ツアーの模様を収録した映像作品を一夜限定で劇場公開へ

ミューズは『ドローンズ』ワールド・ツアーの模様を収めた新たなライヴ・コンサート・フィルムの詳細を発表している。

本作はこれまで最も野心的なステージ演出の一つとなった、2016年に『ドローンズ』をひっさげて行われたいくつかのアリーナやスタジアムでのライヴの模様を撮影したものだという。

これまでも高く称賛・評価されてきたミューズのライヴ映像作品だが、最新の『ドローンズ』のワールド・ツアーを収録した本作については「見たことのない特殊効果をはじめ、ミューズのファンが期待してきたクリエイティヴなステージ・プロダクションを、畏怖の念を抱かせるレベルで完璧に捉えた本作はオーディオとヴィジュアルの究極的体験を保証します」と述べられている。

「人間らしさとテクノロジーの共生というのが、いつも僕が興味を持ってきたことなんだ」とフロントマンのマシュー・ベラミーはそのコンセプトについて語っている。「『ドローンズ』はそうしたもののとても興味深い現代的なメタファーのようなものなんだ。僕らの生活におけるテクノロジーの役割について自問自答し、善きものなのか悪いものなのかっていう、そうした考えをみんなに残したかったんだよね」

配給を担当するトラファルガー・リリーシングのCEOであるマーク・アレンビーは次のように語っている。「ミューズによる革新的で忘れがたいこのライヴのために我々が取り組めることを嬉しく思っています。彼らは世界で最も素晴らしいライヴ・バンドの一つであるということを何度も証明してきたグループです。このコンサート・フィルムは可能な限り最高の形で観る価値があります。すなわち他のミューズ・ファンと一緒に映画館のビッグ・スクリーンで観るに値するのです。今回の劇場公開を通して、バンドや彼らのマネジメント・チーム、レーベルとコラボレーションできることを楽しみにしています」

本作は7月12日に一夜限りで世界各地の映画館で公開されるという。

劇場公開についてのオフィシャル・サイトはこちらから。

https://www.musedrones.film

ミューズは先日、『NME』に対してバンドの今後について語っている。

「僕らはたくさんの新曲に取り組んでいるところなんだ」とマシュー・ベラミーは続けている。「今年は多くの新曲をリリースする予定だし、間もなくリリースするアルバムに向けて取り組んでいるんだ」

ミューズは今年、バンドが結成されてから、初期の2作品『ショウビズ』と『オリジン・オブ・シンメトリー』をリリースするまでの期間の音源やデモ、写真、映像を集めた『オリジン・オブ・ミューズ』のリリースも示唆している。

バンドは『オリジン・オブ・ミューズ』のプロジェクトについても「現在も進行中」であると語っている。

RECOMMEND NEWS

  1. ミューズ、『ドローンズ』ツアーの映像作品が日本でも劇場公開されることが決定

  2. ミューズのツアー・ディレクター、18年の仕事の中でも思い出深い公演を挙げる

  3. ミューズ、ニュー・シングル“Something Human”を7/19にリリースすることを発表

  4. ミューズ、今週劇場公開されるライヴ映像作品から“Psycho”の映像が公開

  5. ボナルー・フェスティバル、2018年のラインナップを発表

  6. ミューズ、ニュー・シングル“Thought Contagion”のリリース日が決定

  7. ミューズ、2018年のリリース計画について語る

  8. ミューズのツアー・ディレクター、新人バンドを支援するためのプロジェクトを始動

  9. ミューズのマシュー・ベラミー、新曲“The Dark Side”のギター・ソロを弾く映像を公開

  10. ミューズのマシュー・ベラミー、アコースティックの新曲をソーシャル・メディアで公開

  11. ミューズ、11月に新作をリリースをすることを発表&新曲“The Dark Side”が公開

  12. ミューズのマシュー・ベラミー、次のワールド・ツアーやグラストンベリー出演の噂について語る

  13. ミューズ、最新シングル“Thought Contagion”風のロゴが制作できるジェネレーターを公開

  14. ミューズのマシュー・ベラミー、交際相手のエル・エヴァンスと婚約したことが明らかに

  15. ミューズ、新曲“Something Human”のミュージック・ビデオが公開