ブライアン・ウィルソン、背中の手術のためにツアー日程を一部延期することを発表

ブライアン・ウィルソンは、背中の手術を受けるためにツアー日程の一部を延期することを発表している。

ザ・ビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソンは現在、バンドの名盤『ペット・サウンズ』の再現ツアーを行なっている。

ブライアン・ウィルソンはツイッターに声明を発表して、「背中にいくつか問題を抱えており、日に日に悪化している」ことを明かしている。

ブライアン・ウィルソンは続けて、医師から「直ちに背中の手術を受ける」よう言われているとして、「そうすれば痛みから回復されると見込まれている」と綴っている。

「残念ながら、そのせいで5月のショウを延期せざるを得ないのです」とブライアン・ウィルソンは述べている。延期となる公演は、アメリカ・ツアーのワシントンD.C.公演、ナッシュヴィル公演、リッチモンド公演、オーガスタ公演、クリアウォーター公演、ビエラ公演、ポンパノビーチ公演となっている。

「私たちを観に来てくれる方々にご迷惑をおかけしてしまうことを申し訳なく思っています」とブライアン・ウィルソンは続けており、振替の日程については担当者が「すでに振替に向けて進めている」としている。

「音楽が私の心、魂、そして私自身の中にあるということを分かってください。私たちは近いうちに皆さんのためにパフォーマンスできることを楽しみにしています」

ブライアン・ウィルソンの声明はこちらから。

ブライアン・ウィルソンはジャネール・モネイの最新作『ダーティ・コンピューター』に參加している。

また、ブライアン・ウィルソンについては先日、母校の母校の高校から当時「F」判定だった音楽の成績を「A」に変更されている。

RECOMMEND NEWS

  1. ブライアン・ウィルソン、ビーチ・ボーイズの『クリスマス・アルバム』の再現公演を行うことに