リアム・ギャラガー、ソロでの復活劇までを追ったドキュメンタリーが上映されることに

オアシスのフロントマンだったリアム・ギャラガーがソロで成功を収めるまでを追ったドキュメンタリー作品が上映されることが発表されている。

「ザ・ハリウッド・レポーター」の報道によれば、『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』と題されたドキュメンタリーが現在制作されているとのことで、“Chinatown”のミュージック・ビデオの監督も務めたチャーリー・ライトニングが指揮を執り、ビヨンセやジョージ・マイケルのドキュメンタリーを手がけた経験のあるスティーヴン・ラパンが本作のプロデューサーを務めているという。

ドキュメンタリーで描かれるのは、「オアシス時代の目も眩むような、まさに“Champagne Supernova”と言える時期の成功から、追放されて、退屈さと酒、法廷闘争による音楽的につらい日々の中で迷い、窮地に立たされたロック史上最も偉大なフロントマンの1人を描いた感動的なストーリー」だという。

ドキュメンタリーでは「リアム・ギャラガーがノエル・ギャラガーの陰から抜け出して世界屈指のバンドから1人でスタートし、裸一貫で隠れる場所などないなか、その期待に応えていく」様子も描かれているという。

また別の報道によれば、プロデューサーはリアム・ギャラガーが本作で「ものすごく正直」に「初めて自分の言葉で物語を語っている」と述べているという。

『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』とには「家族や仕事仲間、コラボレーター」によるインタヴューも収録される。

「『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』とは俺の音楽界への復帰についてのドキュメンタリーなんだ」とリアム・ギャラガーは語っている。「ソロ・ファースト・アルバムの作曲過程やレコーディング過程から、それを初めて地元のマンチェスターや世界中で披露するまでが収められているんだ。ぜひこの作品を楽しんでもらいたいね」

監督のチャーリー・ライトニングは次のように続けている。「個人的にもクリエイティヴな面でもリアムのことは10年以上知っていたから、彼がいるべき場所に戻ってきて、そんな彼に対するリアクションをもう一度見られたことは素晴らしいことでね。リアムは僕を参加させてくれて、あらゆることをパーソナルなレベルで間近で記録させてくれて、自身の言葉で物語の全体を語ることでこの素晴らしい作品を作り上げてくれたんだ。史上最高のロックンロールの復活劇の1つを、あらゆる面で体験できるんだよ」

『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』とは、今月開催されるカンヌ国際映画祭で初上映されるものと見られている。

リアム・ギャラガーは先日、2017年の『アズ・ユー・ワー』に続くセカンド・アルバムに取り組み始めたことを認め、「聖書のようだ」と評している。

RECOMMEND NEWS

  1. スパイス・ガールズ、リアム・ギャラガーに影響を受けたドキュメンタリー作品を制作か

  2. リアム・ギャラガー、オアシスの最初の3作を全編演奏したいと語る

  3. リアム・ギャラガー、クリスマスにイギリスのハルでライヴを開催か

  4. リアム・ギャラガー、初めて買ったレコードについて語る

  5. リアム・ギャラガー、セカンド・ソロ・アルバムをリリースする可能性について語る

  6. リアム・ギャラガー、ソロよりもオアシスが好きでも無理強いはできないと語る

  7. リアム・ギャラガー、会場の電気関係の問題でリチャード・アシュクロフトとのライヴが中止に

  8. リアム・ギャラガー、ローリング・ストーンズのサポート・アクトを務めることが明らかに

  9. The Who

    The Whoのロジャー・ダルトリー、回想録の中でLiam Gallagherについて触れる

  10. リアム・ギャラガー、昔はビースティ・ボーイズやNWAといったヒップホップが好きだったと語る

  11. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、oasisの公演でLiamが観客に払い戻すと言った時のことを振り返る

  12. リアム・ギャラガー、魚以外ならステージに何でも投げ入れていいとファンに呼びかける

  13. オアシス、メンバー同士を最初に引き合わせた人物がバンドの再結成の可能性に言及

  14. リアム・ギャラガー、6月にロンドンで行う大規模公演のサポート・アクトについて言及

  15. リアム・ギャラガー、“I’ve All I Need”のミュージック・ビデオが公開