ノエル・ギャラガー、ソーシャル・メディア時代のロック・バンドについて語る

ノエル・ギャラガーはソーシャル・メディア時代のロック・バンドについて自身の見解を語っている。

ノエル・ギャラガーはレッドブルによる雑誌『レッド・ブレティン』のインタヴューに応じており、名声について、ロックスターについて、ロック・ミュージックの現状について語っている。

「始めた時は有名になんかなりたくなかったんだ。金持ちにはなりたかったけどね。名声? そんなのはどうでもいいわけでさ。名声と付き合うのは得意だけどね。それに悩まされることもないしね。でも、それが原動力になることはないわけだよ。俺は自分のことをロックスターだと考えたことはないわけでね。表向きにはそうなんだろうけど、俺はロックスターみたいに歩きたくないし、あんな感じで喋りたくないね」

「今、ロックスターがいるかい? ロックスターなんて残ってないんだ。イングランドの今のロックスターは? そんなの時代遅れか、40代を超えているだろ。もしくは、何も言うべきことがなく、曲を書いてないかね。もしくは、変な髪型でダサい靴を履いてるとかさ」

彼は次のように続けている。「そう、今のロック・ミュージックっことでいくと、デイヴ・グロールとかは『叫ぶのをやめてもらえないかな?』と思うんだ。そして、グリーン・デイなんかについては『文句を言うのはやめてもらえないかな』と思うわけでさ。みんな同じ格好して、タトゥーが入ってて、ピアスをして、髪を染めているんだ」

「俺はそういう人間じゃないし、そんな風になったこともない」

「バンドがファンのものになってしまってるんだよ。ソーシャル・メディアでやりとりをするようになってしまったからね。ファンはバンドにやってもらいたいことを指図するようになって、レコード会社もバンドがやるべきことを指図するんだ」

「申し訳ないけど、俺は誰のものでもない。俺の考えも、何を着るかも、誰にバンドにいてもらいたいかも指図できないんだ」

先日、ノエル・ギャラガーは“It’s A Beautiful World”のリミックスEPをオンラインで公開している。

4曲が収録された同作は元々4月21日のレコード・ストア・デイに12インチのモノクロのアナログ盤でリリースされていた。

音源はこちらから。

RECOMMEND NEWS

  1. リアム・ギャラガー、オアシス解散以降のノエル・ギャラガーについて語る

  2. リアム・ギャラガー、兄のノエル・ギャラガーについて心あたたまるツイートを投稿

  3. ノエル・ギャラガー、Bサイド曲“Alone On The Rope”のリリック・ビデオが公開

  4. ノエル・ギャラガー、自身のサウンドについて自分が「何かを発明したわけではない」と語る

  5. ノエル・ギャラガー、フジロックフェスティバルのステージで遭遇した虫について語る

  6. ノエル・ギャラガー、オアシス脱退翌日にメタリカのラーズ・ウルリッヒからもらったメールを明かす

  7. ノエル・ギャラガー、オアシスの最盛期は自分がすべてを掌握していたからと語る

  8. ノエル・ギャラガー、13歳以来初めて家にギターがないと語る

  9. ノエル・ギャラガー、U2に向けられている批判について語る

  10. リアム・ギャラガー、イングランド代表はW杯で優勝しないと語ったノエル・ギャラガーを批判

  11. テロ事件から1年を受けてマンチェスター市民がオアシスの“Don’t Look Back In Anger”を大合唱

  12. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、ダヴズも参加する大規模なマンチェスター公演の開催を発表

  13. ノエル・ギャラガーとジョニー・マー、それぞれが“If Love Is The Law”での共作について語る映像が公開

  14. ノエル・ギャラガー、オアシス時代に使用した大量の機材を売りに出すことに

  15. ノエル・ギャラガー、“Whatever”のビデオで小汚い格好をしていた理由を語る