テイラー・スウィフト、ケイティ・ペリーと和解したことを明かす

ケイティ・ペリーは「誤解を解くため」に文字通りオリーヴの枝を差し出したことで、テイラー・スウィフトとケイティ・ペリーの長年の不仲に終止符が打たれたと見られている。

お互いに険悪な感情を抱いていたことで2人は知られ、テイラー・スウィフトの “Bad Blood”はケイティ・ペリーについて書かれた曲であるとされている。

昨年、ケイティ・ペリーは敬虔なファンを使って物事を荒立てられたことについて批判し、『NME』に次のように語っている。「そうは言ったけど、なにも私はブッダじゃないのよ。イラっとすることもあるわ。毎回、寛大に許せればいいけど、弱虫ってわけでもないわけ。特に誰かがいたいけな少女であるファンを使って私の人格を傷つけようとする時はね。ひどすぎるわ!」

しかし、現地時間5月8日、アリゾナ州グレンデールで行われた最新作『レピュテーション』のツアー初日に際して、テイラー・スウィフトは、ケイティ・ペリーから届いたオリーブの枝と直筆の手紙の動画をインスタグラムで公開している。

「楽屋に入ると、本物のオリーブの葉があったの」とテイラー・スウィフトは動画の中で語っている。「本当に嬉しいことだわ」として「ありがとう、ケイティー」というキャプションを表示させている。

ファンは、ケイティー・ペリーからの手紙の断片を解読しようと試みていて、そこには「長年の友人よ、こんにちは。私たちの間の過去の誤解や険悪さについて考えてきたの。本当に誤解を解きたいし、深く謝るわ」などと綴られていると見られている

テイラー・スウィフトはファンによるタンブラーの投稿も「いいね」したとのことで、その投稿はオリーヴの枝の象徴的な意味を説明するものとなっている。オリーヴの枝はキリスト教でも「平和のシンボル」とされている。

テイラー・スウィフトは現地時間5月8日にアリゾナ州グレンデールで『レピュテーション』ツアーをスタートさせており、“Shake It Off”ではチャーリーXCXとカミラ・カベロと共演を果たしている。

その時の模様はこちらから。

RECOMMEND NEWS

  1. テイラー・スウィフト、ワールド・ツアー初日のセットリストが明らかに

  2. テイラー・スウィフト、性的暴行被害者のための慈善団体に再び多大な寄付を行ったことが明らかに

  3. ホーキング博士の訃報を受けてケイティ・ペリーやスティーヴン・タイラーらが追悼の意を表明

  4. テイラー・スウィフト、“Delicate”のビデオにパクリ疑惑が持ち上がる

  5. テイラー・スウィフト、“Delicate”のミュージック・ビデオが公開

  6. テイラー・スウィフト、新作より新曲“New Year’s Day”のパフォーマンス映像が公開

  7. テイラー・スウィフト、最新ビデオで過去の自分と取っ組み合う場面の舞台裏映像を公開

  8. テイラー・スウィフトとケイティ・ペリー、長年の不和を経てついに和解か

  9. テイラー・スウィフト、明日11/3に新曲“Call It What You Want”を公開

  10. テイラー・スウィフト、ゾンビに変身するまでを追った舞台裏映像を公開

  11. ケイティ・ペリー、来日公演を前に最新インタヴュー映像が公開

  12. ケイティ・ペリー、最新作『ウィットネス』よりボーナス・トラック2曲が公開に

  13. ケイティー・ペリー、テイラー・スウィフトをソングタイターとして好きだと語る

  14. テイラー・スウィフト、“All Too Well”の歌詞に出てくるスカーフについてマギー・ギレンホールが語る

  15. テイラー・スウィフト、6月のLGBTQ月間に際してのメッセージを語る