スマッシング・パンプキンズのビリー・コーガン、“Sweet Sweet”を23年ぶりに演奏

スマッシング・パンプキンズのビリー・コーガンは、『サイアミーズ・ドリーム』に収録されている“Sweet Sweet”を23年ぶりに披露したという。

これは「オルタナティヴ・ネイション」が報じているもので、現地時間9月19日にイリノイ州ハイランド・パークにある自身のお店、マダム・ズーズーズ・ティーハウスでパフォーマンスを行っており、『ギッシュ』や『サイアミーズ・ドリーム』期の“Daydream”や“Vanilla”、“Smiley”、“Snail”といった楽曲と共に“Sweet Sweet”を演奏したという。

Press / Alpha Pan

Photo: Press / Alpha Pan

ビリー・コーガンが公開しているパフォーマンスの映像はこちらから。

ビリー・コーガンは本名のウィリアム・パトリック・コーガン名義で10月13日にセカンド・ソロ・アルバム『オギララ』をリリースすることが発表されている。

「物心ついて以来、自分自身のために書いた曲といずれにせよバンドのために書いた曲の描写するポイントというのは説明できないものなんだ」とウィリアム・パトリック・コーガンはアルバムについて語っている。「そして、それは続いていて、自分自身のために書いた曲というのはすごくパーソナルなものでね、時期は関係ないんだよ。『オギララ』の曲の唯一となる違いは装飾的なものにはしたくない感じだったんだ」

「ヴォーカルとギターで曲を書いて、リックが好きなようにしてもらうようにリックの手に委ねたんだ。通常、僕はもっとやって、プロダクションで下手を打つものなんだけどね。でも、リックはむしろライヴ・テイクを通して分子レベルで届けることについて僕に責任を追わせたんだ」

アルバムのトラックリストは以下の通り。

Zowie
Processional
The Spaniards
Aeronaut
The Long Goodbye
Half-Life Of An Autodidact
Amarinthe
Antietam
Mandaryne
Shiloh
Archer

RECOMMEND NEWS

  1. テイラー・スウィフト、最新ビデオで過去の自分と取っ組み合う場面の舞台裏映像を公開

  2. キラーズ、英ラジオでデヴィッド・ボウイのカヴァーを披露

  3. YOSHIKI Mステ「ウルトラFES 2017」のラスト飾る

  4. ノエル・ギャラガー、ロックスターが生まれなくなってしまった原因について語る

  5. モリッシー、警察の暴力を批判するマーチャンダイズを販売

  6. 小室哲哉×浅倉大介の新ユニット「PANDORA」が貫禄の初ライブ

  7. スマッシング・パンプキンズ、オフィシャル・サイトでカウントダウン開始

  8. リアム・ギャラガー、ソロよりもオアシスが好きでも無理強いはできないと語る

  9. グリーン・デイのビリー・ジョー、米TV番組で“Ordinary World”を弾き語りで披露

  10. XTCのアンディ・パートリッジ、著作の邦訳版が12月に刊行されることに

  11. スピッツ 恒例「ロックのほそ道」に藤原さくら・フラカンら出演

  12. ゲスの極み乙女。新曲MV 「週刊文春」と驚愕コラボ

  13. チープ・トリック、4/25に予定されていた来日公演が延期となることが明らかに

  14. U2、“Get Out Of Your Own Way”のビデオ撮影をトラファルガー広場で敢行

  15. スマッシング・パンプキンズ、ニュー・シングル“Solara”が公開