スマッシング・パンプキンズのビリー・コーガン、“Sweet Sweet”を23年ぶりに演奏

スマッシング・パンプキンズのビリー・コーガンは、『サイアミーズ・ドリーム』に収録されている“Sweet Sweet”を23年ぶりに披露したという。

これは「オルタナティヴ・ネイション」が報じているもので、現地時間9月19日にイリノイ州ハイランド・パークにある自身のお店、マダム・ズーズーズ・ティーハウスでパフォーマンスを行っており、『ギッシュ』や『サイアミーズ・ドリーム』期の“Daydream”や“Vanilla”、“Smiley”、“Snail”といった楽曲と共に“Sweet Sweet”を演奏したという。

Press / Alpha Pan

Photo: Press / Alpha Pan

ビリー・コーガンが公開しているパフォーマンスの映像はこちらから。

ビリー・コーガンは本名のウィリアム・パトリック・コーガン名義で10月13日にセカンド・ソロ・アルバム『オギララ』をリリースすることが発表されている。

「物心ついて以来、自分自身のために書いた曲といずれにせよバンドのために書いた曲の描写するポイントというのは説明できないものなんだ」とウィリアム・パトリック・コーガンはアルバムについて語っている。「そして、それは続いていて、自分自身のために書いた曲というのはすごくパーソナルなものでね、時期は関係ないんだよ。『オギララ』の曲の唯一となる違いは装飾的なものにはしたくない感じだったんだ」

「ヴォーカルとギターで曲を書いて、リックが好きなようにしてもらうようにリックの手に委ねたんだ。通常、僕はもっとやって、プロダクションで下手を打つものなんだけどね。でも、リックはむしろライヴ・テイクを通して分子レベルで届けることについて僕に責任を追わせたんだ」

アルバムのトラックリストは以下の通り。

Zowie
Processional
The Spaniards
Aeronaut
The Long Goodbye
Half-Life Of An Autodidact
Amarinthe
Antietam
Mandaryne
Shiloh
Archer

RECOMMEND NEWS

  1. フー・ファイターズ、新作『コンクリート・アンド・ゴールド』が全米1位を獲得

  2. ニルヴァーナの『イン・ユーテロ』のレコーディングで使われたマイクが競売に

  3. レモン・ツイッグス、今月リリースの新EPより新曲“Why Didn’t You Say That?”を公開

  4. リアム・ギャラガー、兄のノエル・ギャラガーの新作をツイッターで批判

  5. 宇多田ヒカル 早くも次の新曲が映画主題歌に、予告編も先行公開

  6. 日韓4人組バンドGoodies「楽曲はまさに魔性」1stアルバムを発売

  7. ローリング・ストーンズ、『オン・エア』発売の記念して公式コンセプト・ストア”が渋谷と大阪に

  8. リンキン・パーク、チェスター・ベニントン追悼公演に出演するゲスト・アーティストが明らかに

  9. U2、マーヴィン・ゲイの“What’s Going On”のカヴァー音源をスポティファイで公開

  10. Angelo 11周年記念ライブニコ生独占生中継

  11. プロフェッツ・オブ・レイジ、アルバムより“Hail to the Chief”のビデオを公開

  12. カーリー・レイ・ジェプセン、“Cut To The Feeling”のミュージック・ビデオが公開に

  13. ザ・エックス・エックス、バンド自らが選曲した来日記念盤リミックス集のリリースが決定

  14. ローリング・ストーンズ、『オン・エア』より“(I Can’t Get No) Satisfaction”を公開

  15. スマッシング・パンプキンズのビリー・コーガン、ヘヴィ・メタルは見下されていると語る