フー・ファイターズのデイヴ・グロール、娘と共にアデルの“When We Were Young”をカヴァー

フー・ファイターズのデイヴ・グロールは娘のヴァイオレット・グロールと共にアデルの“When We Were Young”のカヴァーを披露した映像がオンラインで公開されている。

親子によるこの感動的なデュエットは、デイヴ・グロールが現地時間5月12日に出演した、カリフォルニアで開催されたUCSFベニオフ小児病院のためのチャリティ・イベントで披露されている。

デイヴ・グロールは“My Hero”、“Everlong”、“Times Like These”などのフー・ファイターズの楽曲をアコースティックで披露した後、長女のヴァイオレットをステージに招いてアデルの“When We Were Young”のカヴァーを共にパフォーマンスしている。

「この子がこう言っていたのを思い出すよ。『パパ、家族で一番のシンガーはパパじゃないわ』ってね」とデイヴ・グロールは観客に語りかけている。

「そして娘は正しかったんだ!」

オンラインに上がっている映像でヴァイオレット・グロールは非常に素晴らしい歌声を披露しており、12歳の彼女のスターとしてのポテンシャルを確認することができる。

デイヴ・グロールとヴァイオレット・グロールはその後、フー・ファイターズの2017年の楽曲“The Sky Is A Neighbourhood”をアコースティックで披露しており、このパフォーマンスには9歳の娘のハーパー・グロールも参加している。

デイヴ・グロールがフロントマンを務めるフー・ファイターズは一方、先日まで『コンクリート・アンド・ゴールド』を引っ提げた北米ツアーを行っており、ステージに招いた8歳の少年がなかなかドラム・キットから降りなかったことで話題になっている。

フー・ファイターズは現地時間5月4日にナッシュヴィルのブリヂストン・アリーナで行った公演でリトル・フォンジーという名のヴェネズエラ人の男の子をステージに招いており、少年はテイラー・ホーキンスのドラム・キットで腕前を披露している。

リトル・フォンジーが数分間ドラムソロを披露したので、デイヴ・グロールは観客に次のように呼びかけている。「この子はまだ続けてるよ。俺のコンサートを取り返してもいいかな?」

デイヴ・グロールはその後、少年の父親を呼んで次のようにジョークを飛ばしている。「どうすればいい? 俺たちにできることなんてないんだな。でも、ここは託児所じゃないんだ」

関連NEWS

  1. Foo Fightersのデイヴ・グロール、23分に及ぶPlayを豪華メンバーでライヴで披露することに

  2. フー・ファイターズのデイヴ・グロール、ライヴで再び足を骨折しかける

  3. フー・ファイターズのテイラー・ホーキンス、ドラマーとしてリアム・ギャラガーと共演したいと語る

  4. フー・ファイターズ、米TV番組「エレンの部屋」でパフォーマンスを披露

  5. フー・ファイターズのデイヴ・グロールら、メタリカのライヴを訪れて観客を驚かせる

  6. ウィーザー、フー・ファイターズとのジョイント・ツアーを行うことになった理由を語る

  7. フー・ファイターズ、最新作のレコーディングでのスタジオ開放主義について語る

  8. フー・ファイターズ、本日リリースの新作のメイキング・アニメーション映像が公開に

  9. リアム・ギャラガー、フー・ファイターズのフェスティバルでクラウドサーフを披露

  10. デイヴ・グロール、ニルヴァーナでソングライティングを担当しなかった理由を明かす

  11. フー・ファイターズ、俳優のジョン・トラヴォルタと共演

  12. Foo Fighters

    Foo Fightersのデイヴ・グロール、バンドが解散しそうにない理由について語る

  13. フー・ファイターズのデイヴ・グロール、バーで豪快なチップを支払ったことが明らかに

  14. フー・ファイターズのデイヴ・グロール、ジョン・レノンやアデルのように歌いたかったと語る

  15. フー・ファイターズのデイヴ・グロール、『ソニック・ハイウェイズ』の続編の可能性に言及