デヴィッド・ボウイ、6/29に78年から82年の間にレコーディングした3作品がリリースされることに

デヴィッド・ボウイは1978年から1982年の間にレコーディングしていたライヴ音源やスタジオ音源を収録した3作品が6月29日にリリースされることが明らかとなっている。

リリースされるのは『ウェルカム・トゥ・ザ・ブラックアウト(ライヴ・ロンドン‘78)』、『クリスチーネ・F~麻薬と売春の日々~(原題: CHRISTIANE F. – WIR KINDER VON BAHNOFF ZOO)』、『デヴィッド・ボウイ・イン・ベルトルト・ブレヒトズ・バール』の3作品となっている。

『ウェルカム・トゥ・ザ・ブラックアウト(ライヴ・ロンドン‘78)』は今年のレコード・ストア・デイ限定の3枚組アナログ盤として初めてリリースされた未発表ライヴ・アルバムで、今回ついにCDとデジタルでリリースされることとなる。一方、『クリスチーネ・F~麻薬と売春の日々~』と『デヴィッド・ボウイ・イン・ベルトルト・ブレヒトズ・バール』は今回アナログ盤のみでのリリースとなり、実店舗のみでの限定販売となる。

『クリスチーネ・F~麻薬と売春の日々~』は、ドイツ出身の女優クリスチーネ・Fの自伝を元に1981年に映画化された作品のサウンドトラックで、デヴィッド・ボウイはこの映画に本人役で出演もしており、サウンドトラックには“Heroes”のドイツ語バージョンも収録されている。30年の時を経て初めてアナログ盤としてリリースされる今回はレッド・ヴァイナル仕様の限定盤となっている。

『デヴィッド・ボウイ・イン・ベルトルト・ブレヒトズ・バール』は、ドイツの劇作家ベルトルト・ブレヒトの処女戯曲『バール』のために書かれた5曲を収録したEPで、ボックス・セット『ア・ニュー・キャリア・イン・ア・ニュー・タウン(1977-1982)』にも収録されていた。今回、限定10インチ・アナログEPとしてリイシューされる本作は、82年のオリジナル発売時のパッケージを再現している。

『ウェルカム・トゥ・ザ・ブラックアウト(ライヴ・ロンドン‘78)』は国内盤で発売されることも決定している。

リリースの詳細は以下の通り。

WelcomeToTheBlackout_cover

『ウェルカム・トゥ・ザ・ブラックアウト(ライヴ・ロンドン‘78)』
輸入盤: 2018年6月29日発売予定
国内盤: 後日発売予定
デジタル: ダウンロード&ストリーミング、ハイレゾ音源ダウンロード

01. Warszawa / ワルシャワの幻想
02. “Heroes” / ヒーローズ
03. What In The World / ホワット・イン・ザ・ワールド
04. Be My Wife / ビー・マイ・ワイフ
05. The Jean Genie / ジーン・ジニー
06. Blackout / ブラックアウト
07. Sense Of Doubt / 疑惑
08. Speed Of Life / スピード・オブ・ライフ
09. Sound And Vision / サウンド・アンド・ヴィジョン
10. Breaking Glass / 壊れた鏡
11. Fame / フェイム
12. Beauty And The Beast / 美女と野獣

01. Five Years / 5年間
02. Soul Love / 魂の愛
03. Star / スター
04. Hang On To Yourself / 君の意志のままに
05. Ziggy Stardust / ジギー・スターダスト
06. Suffragette City / サフラゲット・シティ
07. Art Decade / アートの時代
08. Alabama Song / アラバマ・ソング
09. Station To Station / ステイション・トゥ・ステイション
10. TVC 15 / TVC 15(ワン・ファイヴ)
11. Stay / ステイ
12. Rebel Rebel / レベル・レベル

ChristianeF

『クリスチーネ・F~麻薬と売春の日々~』
輸入盤: 2018年6月29日発売予定
レッド・ヴァイナルLP

01. V-2 Schneider
02. TVC 15
03. “Heroes/Helden”
04. Boys Keep Swinging
05. Sense Of Doubt

01. Station To Station
02. Look Back In Anger
03. Stay
04. Warszawa

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

『イン・ベルトルト・ブレヒトズ・バール』
輸入盤: 2018年6月29日発売予定
10インチ・アナログEP

01. Baal’s Hymn (Der Choral Vom Großen Baal)
02. Remembering Marie A. (Erinnerung An Die Marie A.)

01. Ballad Of The Adventurers (Die Ballad Von Den Abenteurern)
02. The Drowned Girl (Vom Ertrunkenen Mädchen)
03. The Dirty Song

RECOMMEND NEWS

  1. デヴィッド・ボウイ、ミュージカル『ラザルス』の映像がニューヨークで上映されることに

  2. デヴィッド・ボウイ、ニューヨークで彼がデザインされたサブウェイ・カードが発売に

  3. デヴィッド・ボウイ、71回目の誕生日を記念して“Let’s Dance”のデモ音源が公開

  4. デヴィッド・ボウイ、1983年から1988年の作品によるボックスセットのリリースが決定

  5. デヴィッド・ボウイ、“Starman”の歌詞の下書きがオークションに出品されることに

  6. マリリン・マンソン、デヴィッド・ボウイとの対面を台無しにされたことを振り返る

  7. キラーズ、英ラジオでデヴィッド・ボウイのカヴァーを披露

  8. 回顧展「DAVID BOWIE is」、デジタルコンテンツがAR/VRのフォーマットにてリリースされることに

  9. スリップノットのコリィ・テイラーやビリー・コーガン、デヴィッド・ボウイの追悼カヴァーに参加

  10. デヴィッド・ボウイ、映画『ラビリンス/魔王の迷宮』の舞台化の構想が明らかに

  11. ジョン・レノンやカート・コバーン、デヴィッド・ボウイの手書き文字がフォントに

  12. デヴィッド・ボウイが選んだ100冊に対する読書クラブを息子が立ち上げることに

  13. デヴィッド・ボウイ、映画『スター・ウォーズ』との奇妙な関わりが明らかに

  14. デヴィッド・ボウイ、バッキンガムシャーで3/25に銅像が公開されることに

  15. デヴィッド・ボウイ、70年代に自身の死期を告げられていたとする逸話が公開される