ローリング・ストーンズ、トランプ大統領のロシア疑惑捜査のコードネームに歌詞が使われる

ザ・ローリング・ストーンズは、ドナルド・トランプ大統領のロシア疑惑を捜査する際のコードネームに“Jumpin’ Jack Flash”の歌詞が使用されていたことが明らかになっている。

ドナルド・トランプのロシア疑惑に関する選挙前の段階での捜査は「クロスファイアー・ハリケーン」と呼ばれ、この言葉はザ・ローリング・ストーンズの1969年発表の名曲“Jumpin’ Jack Flash”に登場する。

今回、『ニューヨーク・タイムズ』紙の報道によれば、コードネームが実際にザ・ローリング・ストーンズの楽曲から命名された事実が明らかになっている。

『ニューヨーク・タイムズ』紙は「トランプ捜査の秘密の起源」と題した記事の中で、この言葉が「大統領府を支配し続けている政治的波乱の予見とも言える」としている。

「(歌詞は)FBIの発疹を刺激し続けることになる政治の嵐を予測していたと言える」と評している。

また、『ニューヨーク・タイムズ』紙は関連記事で、この歌詞はキース・リチャーズのおかげによるものだとしている。「『キース・リチャーズ:伝説にならなかった男(原題:Keith Richards : The Biography)』の中で著者のヴィクター・ボクリスは、リチャーズ氏が第二次世界大戦の真っ最中の1943年に、イングランドのダートフォードで空爆の音やサイレンが空に鳴り響く環境下に生まれたと記している。『俺はサイレンと共に誕生したんだよ』とキース・リチャーズは語っている」

特別捜査官にロバート・ミュラー元FBI長官を任命して捜査が続けられているトランプ大統領のロシア疑惑だが、現在はザ・ローリング・ストーンズにインスピレーションを得たコードネームについては使用されていない。

ドナルド・トランプとキース・リチャーズにまつわる別のニュースとしては、キース・リチャーズが先日、かつて公演のプロモーターを務めていたドナルド・トランプ大統領を「追い払う」ために「ナイフをテーブルに突き刺した」ことがあることを明かしている。

「ドナルド・トランプが(1989年の『スティール・ホイールズ』ツアーの)アトランティック・シティ公演のスポンサーだったんだ」とキース・リチャーズはBBCに語っている。

「俺は本物のナイフを取り出して、テーブルに突き刺して、『あいつを追い払ってくれ』って言ったんだよ」

キース・リチャーズは続けて次のようにジョークを飛ばしている。「今じゃアメリカがあいつを追い払わなきゃならないわけどさ。俺が警告しなかったなんて言わないでくれよな」

一方、ザ・ローリング・ストーンズは現地時間5月22日のロンドン・スタジアム公演から「ノー・フィルター」ツアーをUK公演をスタートさせる。

ミック・ジャガーは先日、バンドのために新曲を書いていることを明かしている。

RECOMMEND NEWS

  1. ローリング・ストーンズ、『フロム・ザ・ヴォルト:ノー・セキュリティ – サンノゼ1999』の発売が決定

  2. バディ・ガイ、新作よりキース・リチャーズとジェフ・ベックが参加した楽曲“Cognac”が公開

  3. ポール・マッカートニー、休暇中にキース・リチャーズと考えたビジネスのアイディアを明かす

  4. ローリング・ストーンズ、ヨーロッパ・ツアー初日のセットリストが明らかに

  5. ローリング・ストーンズ、初のオフィシャル・ポッドキャストがスタート

  6. ローリング・ストーンズ、UKツアーのライヴ会場にベロ・マークの巨大オブジェが登場

  7. ローリング・ストーンズ、『オン・エア』発売を記念して高見沢俊彦によるプレイリストが公開

  8. リアム・ギャラガー、ローリング・ストーンズのサポート・アクトを務めることが明らかに

  9. ローリング・ストーンズ、『オン・エア』発売を記念して10人のミュージシャンのオン・エア・リストが公開

  10. ロニー・ウッド、ナッシュヴィルで開催中のローリング・ストーンズの展覧会を訪れる

  11. ローリング・ストーンズ、ユニバーサル・ミュージックとの契約延長を発表

  12. ローリング・ストーンズ、『ベガーズ・バンケット』50周年盤の日本独自盤のリリースが決定

  13. リアム・ギャラガー、ローリング・ストーンズのサポート・アクトを務めることについてツイート

  14. ローリング・ストーンズ、15枚のアルバムを収録したアナログ盤ボックスセットの発売が決定

  15. ローリング・ストーンズ、初のBBC音源作品『オン・エア』発売を記念して著名人の選ぶプレイリスト第2弾が公開