グーグル、Google Play Musicに代わる新たな音楽サービスを発表

グーグルはGoogle Play Musicに代わる新たな音楽サービスを発表している。

サービスは「YouTube Music」と題されており、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、韓国で5月22日よりサービスは開始される。

スポティファイと同じく、広告を介した無料ユーザーと「YouTube Music Premium」というプランの有料ユーザーが存在し、有料ユーザーの月額はアメリカで9.99ドルになるという。Google Play Musicのユーザーは新サービスをすぐに利用できることになるが、Google Play Musicの具体的な終了時期は明らかにされていない。

広告なしで独占コンテンツなども視聴できる「YouTube Red」も「YouTube Premium」という名称に変更され、「YouTube Red」のユーザーも「YouTube Music」を使用できるという。

YouTubeは音楽の入った動画のクレジット要素について新たな仕様を導入することも発表している。

YouTubeのこれまでの仕様では、音楽を使用した動画をあげる際には、ミュージック・ビデオの監督やプロデューサー、アーティストなどを説明として入力しなければならなかった。今回、「ピッチフォーク」の報道によれば、YouTubeは新たに「ミュージック・イン・ディス・ビデオ」という仕様を導入して、これを変更するという。

今回の仕様変更によって公式のミュージック・ビデオのみならず、ファンがアップロードした映像にも、アーティストやソングライター、レーベル、出版社の情報が自動で表示されることになるという。また、アーティストのソーシャル・メディアのアカウントや公式サイトへのリンクも表示できる。

YouTubeは、著作権を守るためにコンテンツの情報を特定できる「コンテンツID」と呼ばれる管理プログラムを導入しており、それによって許可なしにアップロードされている著作物を発見し、公開を禁止できるようになっている。

RECOMMEND NEWS

  1. X JAPAN 創刊229年「ロンドン・タイムズ」表紙に 日本バンドで初

  2. アット・ザ・ドライヴ・イン、新曲3曲を収録したEPを10インチ限定でリリース

  3. 映画「WE ARE X」ヨーロッパ劇場公開を発表

  4. ニール・ヤング、12/1に新作『ザ・ヴィジター』をリリースすることを発表

  5. TWICE いよいよ日本初のオリジナル曲となるシングル「One More Time」のリリースが決定!!

  6. THE YELLOW MONKEY、約17年ぶりの東京ドーム公演 二日間で10万人を魅了!

  7. トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ、最後となったライヴの映像がオンラインに

  8. グウェン・ステファニー、10/6にクリスマス・アルバムの発売が決定&新曲が公開に

  9. ママズ・ガン、2018年1月から2月にかけて来日公演が決定

  10. LUNA SEA 最新アルバム『LUV』のオープニングナンバー配信スタート

  11. ニール・ヤング、“Powderfinger”のミュージック・ビデオを公開

  12. 金爆 樽美酒がフットサルを始めた理由は「SASUKE」

  13. トム・ペティ、訃報に際してマネージャーが発表した声明の全文訳を掲載

  14. タヒチ80のグザヴィエ・ボワイエ、11月に来日公演が決定

  15. カート・コバーンの娘のフランシス、父親の遺産からの収入が明らかに