グーグル、Google Play Musicに代わる新たな音楽サービスを発表

グーグルはGoogle Play Musicに代わる新たな音楽サービスを発表している。

サービスは「YouTube Music」と題されており、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、韓国で5月22日よりサービスは開始される。

スポティファイと同じく、広告を介した無料ユーザーと「YouTube Music Premium」というプランの有料ユーザーが存在し、有料ユーザーの月額はアメリカで9.99ドルになるという。Google Play Musicのユーザーは新サービスをすぐに利用できることになるが、Google Play Musicの具体的な終了時期は明らかにされていない。

広告なしで独占コンテンツなども視聴できる「YouTube Red」も「YouTube Premium」という名称に変更され、「YouTube Red」のユーザーも「YouTube Music」を使用できるという。

YouTubeは音楽の入った動画のクレジット要素について新たな仕様を導入することも発表している。

YouTubeのこれまでの仕様では、音楽を使用した動画をあげる際には、ミュージック・ビデオの監督やプロデューサー、アーティストなどを説明として入力しなければならなかった。今回、「ピッチフォーク」の報道によれば、YouTubeは新たに「ミュージック・イン・ディス・ビデオ」という仕様を導入して、これを変更するという。

今回の仕様変更によって公式のミュージック・ビデオのみならず、ファンがアップロードした映像にも、アーティストやソングライター、レーベル、出版社の情報が自動で表示されることになるという。また、アーティストのソーシャル・メディアのアカウントや公式サイトへのリンクも表示できる。

YouTubeは、著作権を守るためにコンテンツの情報を特定できる「コンテンツID」と呼ばれる管理プログラムを導入しており、それによって許可なしにアップロードされている著作物を発見し、公開を禁止できるようになっている。

RECOMMEND NEWS

  1. ガービッジのシャーリー・マンソン、モリッシーの性的告発に対する見解を非難

  2. エミネム、“Walk On Water”のミュージック・ビデオが公開

  3. U2、「サタデー・ナイト・ライヴ」の映像を自身のYouTubeチャンネルで公開

  4. VAMPS ”籠城型ツアー”の集大成を映像化

  5. フー・ファイターズ、「サタデー・ナイト・ライヴ」の出演映像がYouTubeで公開

  6. ATSUSHI(Dragon Ash)×中村達也による【風人雷人】が東北 3 県で開催

  7. アークティック・モンキーズ、ニュー・アルバムのリリース時期について最新情報が到着か

  8. 宇多田ヒカル「もっとベーシックに戻って」制作した最新曲MV

  9. 豪華コラボ満載の「Perfume FES!!2017」大熱狂で幕

  10. スカパラ 走行中の都営大江戸線でシークレットライブ

  11. マリリン・マンソン、新作より新曲“KILL4ME”の音源を公開

  12. フォー・テット、2年ぶりとなる新作の日本先行発売が決定

  13. 地下アイドル仮面女子がNETFLIXと衝撃のコラボ

  14. ローリング・ストーンズ、『オン・エア』より“(I Can’t Get No) Satisfaction”を公開

  15. ウィーザー、フー・ファイターズとのジョイント・ツアーを行うことになった理由を語る