グーグル、Google Play Musicに代わる新たな音楽サービスを発表

グーグルはGoogle Play Musicに代わる新たな音楽サービスを発表している。

サービスは「YouTube Music」と題されており、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、韓国で5月22日よりサービスは開始される。

スポティファイと同じく、広告を介した無料ユーザーと「YouTube Music Premium」というプランの有料ユーザーが存在し、有料ユーザーの月額はアメリカで9.99ドルになるという。Google Play Musicのユーザーは新サービスをすぐに利用できることになるが、Google Play Musicの具体的な終了時期は明らかにされていない。

広告なしで独占コンテンツなども視聴できる「YouTube Red」も「YouTube Premium」という名称に変更され、「YouTube Red」のユーザーも「YouTube Music」を使用できるという。

YouTubeは音楽の入った動画のクレジット要素について新たな仕様を導入することも発表している。

YouTubeのこれまでの仕様では、音楽を使用した動画をあげる際には、ミュージック・ビデオの監督やプロデューサー、アーティストなどを説明として入力しなければならなかった。今回、「ピッチフォーク」の報道によれば、YouTubeは新たに「ミュージック・イン・ディス・ビデオ」という仕様を導入して、これを変更するという。

今回の仕様変更によって公式のミュージック・ビデオのみならず、ファンがアップロードした映像にも、アーティストやソングライター、レーベル、出版社の情報が自動で表示されることになるという。また、アーティストのソーシャル・メディアのアカウントや公式サイトへのリンクも表示できる。

YouTubeは、著作権を守るためにコンテンツの情報を特定できる「コンテンツID」と呼ばれる管理プログラムを導入しており、それによって許可なしにアップロードされている著作物を発見し、公開を禁止できるようになっている。

関連NEWS

  1. RIZE、JESSE監督による3部作のMV最終章、日仏合作のフルアニメーションを解禁!

  2. グリーン・デイのビリー・ジョー、「バスケット・ケース」と題したアイライナーが発売に

  3. ボブ・ディラン、11月に『ザ・ブートレッグ・シリーズ第13集』のリリースが決定

  4. ローリング・ストーンズ、『オン・エア』発売を記念して10人のミュージシャンのオン・エア・リストが公開

  5. エアロスミスのスティーヴン・タイラー、ステージ復帰となる公演が決定

  6. ザ・エックス・エックス、バンド自らが選曲した来日記念盤リミックス集のリリースが決定

  7. フー・ファイターズ、主催フェス「CAL JAM」の日本特使にマキシマムザ亮君が就任

  8. ももクロ百田夏菜子初ソロ主題歌、山寺宏一とデュエット

  9. GLAY『聖者のいない町』がドラマ「マクガイバー」ED曲に決定

  10. LUNA SEA Xmas公演はメンバー全員が楽器電源を水素エネルギーから供給

  11. ナイル・ホーラン、ソロ・デビュー・アルバム『フリッカー』が10/20にリリースされることが決定

  12. セックス・ピストルズ、40周年を記念して『勝手にしやがれ!!』の35周年盤が再発されることに

  13. 桑田佳祐、WOWOW放送のスペシャル番組 全貌が明らかに

  14. テイラー・スウィフト、新作より新曲“New Year’s Day”のパフォーマンス映像が公開

  15. 中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2017 山田将司(THE BACK HORN)ら出演 トークセッション・映画上映など追加発表