グーグル、Google Play Musicに代わる新たな音楽サービスを発表

グーグルはGoogle Play Musicに代わる新たな音楽サービスを発表している。

サービスは「YouTube Music」と題されており、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、韓国で5月22日よりサービスは開始される。

スポティファイと同じく、広告を介した無料ユーザーと「YouTube Music Premium」というプランの有料ユーザーが存在し、有料ユーザーの月額はアメリカで9.99ドルになるという。Google Play Musicのユーザーは新サービスをすぐに利用できることになるが、Google Play Musicの具体的な終了時期は明らかにされていない。

広告なしで独占コンテンツなども視聴できる「YouTube Red」も「YouTube Premium」という名称に変更され、「YouTube Red」のユーザーも「YouTube Music」を使用できるという。

YouTubeは音楽の入った動画のクレジット要素について新たな仕様を導入することも発表している。

YouTubeのこれまでの仕様では、音楽を使用した動画をあげる際には、ミュージック・ビデオの監督やプロデューサー、アーティストなどを説明として入力しなければならなかった。今回、「ピッチフォーク」の報道によれば、YouTubeは新たに「ミュージック・イン・ディス・ビデオ」という仕様を導入して、これを変更するという。

今回の仕様変更によって公式のミュージック・ビデオのみならず、ファンがアップロードした映像にも、アーティストやソングライター、レーベル、出版社の情報が自動で表示されることになるという。また、アーティストのソーシャル・メディアのアカウントや公式サイトへのリンクも表示できる。

YouTubeは、著作権を守るためにコンテンツの情報を特定できる「コンテンツID」と呼ばれる管理プログラムを導入しており、それによって許可なしにアップロードされている著作物を発見し、公開を禁止できるようになっている。

RECOMMEND NEWS

  1. U2、新作よりケンドリック・ラマー参加の新曲“American Soul”を公開

  2. ジ・インターネット、2018年1月に来日公演が決定

  3. 満島ひかり、“生と死”の境で表現 「群青」のMV公開

  4. ローリング・ストーンズ、12/2午前5時よりグローバル・リスニング・イベントを開催

  5. YUKI、自らポールに 15th第2弾シングルはインパクトある逆立ち

  6. 高橋まこと、BOOWYの解散は2年前から4人で意識していた

  7. リバティーンズ、ホテル兼スタジオを計画している不動産を無事購入したことが明らかに

  8. グッドモーニングアメリカ、新曲MV公開 金廣真悟が空を飛ぶ

  9. 二面性を見た新譜、GLIM SPANKY 芯を突く音楽とレミの心が交差

  10. ウィーザー、新作より新曲“Weekend Woman”を公開

  11. デヴィッド・ボウイ、007役で知られるロジャー・ムーアの訪問を避けていたことが明らかに

  12. フレデリック、最新ミニアルバムの特典DVDトレーラー映像を公開

  13. プロフェッツ・オブ・レイジ、アルバムより“Hail to the Chief”のビデオを公開

  14. ワイルド・ビースツ、突然の解散を発表

  15. リバティーンズ、12月にブラックプールで予定されていた公演がキャンセルに