グーグル、Google Play Musicに代わる新たな音楽サービスを発表

グーグルはGoogle Play Musicに代わる新たな音楽サービスを発表している。

サービスは「YouTube Music」と題されており、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、韓国で5月22日よりサービスは開始される。

スポティファイと同じく、広告を介した無料ユーザーと「YouTube Music Premium」というプランの有料ユーザーが存在し、有料ユーザーの月額はアメリカで9.99ドルになるという。Google Play Musicのユーザーは新サービスをすぐに利用できることになるが、Google Play Musicの具体的な終了時期は明らかにされていない。

広告なしで独占コンテンツなども視聴できる「YouTube Red」も「YouTube Premium」という名称に変更され、「YouTube Red」のユーザーも「YouTube Music」を使用できるという。

YouTubeは音楽の入った動画のクレジット要素について新たな仕様を導入することも発表している。

YouTubeのこれまでの仕様では、音楽を使用した動画をあげる際には、ミュージック・ビデオの監督やプロデューサー、アーティストなどを説明として入力しなければならなかった。今回、「ピッチフォーク」の報道によれば、YouTubeは新たに「ミュージック・イン・ディス・ビデオ」という仕様を導入して、これを変更するという。

今回の仕様変更によって公式のミュージック・ビデオのみならず、ファンがアップロードした映像にも、アーティストやソングライター、レーベル、出版社の情報が自動で表示されることになるという。また、アーティストのソーシャル・メディアのアカウントや公式サイトへのリンクも表示できる。

YouTubeは、著作権を守るためにコンテンツの情報を特定できる「コンテンツID」と呼ばれる管理プログラムを導入しており、それによって許可なしにアップロードされている著作物を発見し、公開を禁止できるようになっている。

RECOMMEND NEWS

  1. モリッシー、警察の暴力を批判するマーチャンダイズを販売

  2. ジャック・ホワイト、突如新曲“Servings and Portions from my Boarding House Reach”を公開

  3. エミネム、“Walk On Water”のミュージック・ビデオが公開

  4. 桑田佳祐も出演、映画「茅ヶ崎物語」全国公開スタート

  5. ザ・エックス・エックス、バンド自らが選曲した来日記念盤リミックス集のリリースが決定

  6. predia新アートワーク解禁 メンバーの裸体を楽器に見立てる

  7. m-flo 脱退したLISAが復帰、15年ぶりに3人で活動再開

  8. フー・ファイターズ、主催フェス「CAL JAM」の日本特使にマキシマムザ亮君が就任

  9. AC/DCのマルコム・ヤングが亡くなったことを受けて音楽界から追悼の声

  10. デュラン・デュラン、来日公演に向けて日本に到着

  11. YOSHIKI Mステ「ウルトラFES 2017」のラスト飾る

  12. ワイルド・ビースツ、突然の解散を発表

  13. 橋本梨菜 24歳バースデーに魅せたこんがり美巨乳の絶品スタイル

  14. リアム・ギャラガー、セカンド・ソロ・アルバムをリリースする可能性について語る

  15. アンダーワールド、代表曲を起用したプラネタリウム作品の上映が決定