ガンズ・アンド・ローゼズ、放送禁止となっていた“It’s So Easy”のミュージック・ビデオが公開

ガンズ・アンド・ローゼズは、過去に放送禁止となっていた“It’s So Easy”のミュージック・ビデオが公開されている。

ミュージック・ビデオは、6月29日にリリースされる『アペタイト・フォー・ディストラクション』のボックスセットに先立って公開されている。ボックス・セット『アペタイト・フォー・ディストラクション:ロックト・アンド・ローデッド・エディション』は、4枚のCD、1枚のブルーレイ、7枚の12インチLP、そして7枚の7インチ・シングルで構成され、全体の73曲のうち、49曲が未発表音源となっている。

今回公開されたミュージック・ビデオは、1989年にロサンゼルスのライヴで撮影された映像に、所々にセクシーなシーンが散りばめられているというものになっている。一説によれば、このミュージック・ビデオは当時MTVで放送禁止扱いとなり、その後およそ30年の間未公開になっていたという。

フロントマンのアクセル・ローズはミュージック・ビデオの冒頭で次のように語っている。「もしMTVのためにふさわしいビデオを撮っていれば、それをリリースしてアルバムなりがもっと売れていたのだろうね。そうしなかった代わりに、俺たちは15万ドルをかけて本当に観たいものを作ったんだ」

“It’s So Easy”のミュージック・ビデオはこちらから。

一方、ガンズ・アンド・ローゼズは物議を醸した楽曲“One In A Million”が発売予定の『アペタイト・フォー・ディストラクション』のボックスセットに収録されないことが話題になっている。

また、ガンズ・アンド・ローゼズはアヴェンジド・セヴンフォールドとオジー・オズボーンと共に今年のダウンロード・フェスティバルでヘッドライナーを務めることが発表されている。ダウンロード・フェスティバルは6月8日から10日の週末にわたってレスターシャーのドニントン・パークで開催される。

RECOMMEND NEWS

  1. ノエル・ギャラガー、ガンズ・アンド・ローゼズの再結成について語る

  2. ガンズ・アンド・ローゼズ、2009年以来初めて全米メインストリーム・ロック・チャートにランクイン

  3. ガンズ・アンド・ローゼズ、ダウンロード・フェスティバルの映像をSNSで公開

  4. ガンズ・アンド・ローゼズ、モーターヘッドのファスト・エディ・クラークを追悼

  5. マニックス、ガンズ・アンド・ローゼズのサポート・アクトを務めることが決定

  6. ガンズ・アンド・ローゼズ、何かを予告する謎のサイトをオープン

  7. ガンズ・アンド・ローゼズ、『アペタイト・フォー・ディストラクション』のボックスセットの発売が決定

  8. ガンズ・アンド・ローゼズの元マネージャー、スラッシュとマイケル・ジャクソンの共演について語る

  9. ガンズ・アンド・ローゼズとコールドプレイ、歴代興行成績のトップ10に入ったことが明らかに

  10. ガンズ・アンド・ローゼズ、ボックスセットや再発盤に“One In A Million”が収録されないことが話題に

  11. ガンズ・アンド・ローゼズのスティーヴン・アドラー、再結成への自身の参加について再び語る

  12. ガンズ・アンド・ローゼズのイジー・ストラドリン、再結成への不参加について発言

  13. ガンズ・アンド・ローゼズ、“It’s So Easy”の未公開ビデオがYouTubeでも公開

  14. ガンズ・アンド・ローゼズ、ヴェルヴェット・リヴォルヴァーの“Slither”をライヴで初めて披露

  15. ガンズ・アンド・ローゼズのアクセル、カート・コバーンが亡くなった当時の逸話が明らかに