スマッシング・パンプキンズのビリー・コーガン、ヘヴィ・メタルは見下されていると語る

スマッシング・パンプキンズのフロントマンであるビリー・コーガンはヘヴィ・メタルが上流階級やヒップスターからいかに見下されているかについての持論を語っている。

ビリー・コーガンはメタリカのドラマーであるラーズ・ウルリッヒが司会を務める「Beats 1」の番組「イッツ・エレクトリック」に出演して、少年期に自身を形成した音楽について語っている。

「俺はメタル・ファンでいることでずっとバカにされてきたんだ。人をおとしめてくるんだよ。妙な階級対立に巻き込まれているわけでね。俺たちのような連中の人となりや存在、俺たちが象徴しているものを批判する奴らは大抵いいバックグラウンドを持っているんだ」とビリー・コーガンは語っている。

「俺たちは必ずしもいい学校に通っていたわけではなかったし、クールな新聞を読む機会もなかったからね。俺からしてみれば、あなたたちのようなバンド(メタリカ)から、自分が教えられている世界とは異なる世界があるということを学んだんだ」

彼は次のように続けている。「そういうわけで、俺はマーシフル・フェイトやメタリカ、テッド・ニュージェントを聴いた時にこう思ったんだ。『ちょっと待てよ、あいつらに教えられているような世界とは違う、俺がいるべき別の世界が存在するんじゃないか』ってね。今日においてだって、メタルが動かしてきた金額を考えると、こんなにも見下されているのかって驚いてしまうほどなわけでね」

「ヒップスターの頭の中にそれが届くなんてことはないわけでね」とビリー・コーガンは語っている。「無為に過ごして、自分がなりたいものを紙に描いたところで、メタリカやスマッシング・パンプキンズの一員にはなれないんだよ。こうしたタイプのバンドというのは、そうした人格の相克みたいなところから生まれたものなんだよ」

ビリー・コーガンは先日、90年代の音楽シーンを高校の「人気コンテスト」になぞらえている。

「もしも全員が同じブラシで磨かれるっていうなら、納得できるんだけどね」とビリー・コーガンは語っている。「けど、一部の人たちには高い身分が与えられて、彼らの犯した罪は赦されるっていうことになるわけでね」

ビリー・コーガンは続けて語っている。「俺が好きじゃなかった高校時代を思い出したよ。要は、もっと巨大な高校に入学して、何百万人もの人たちと何百万ドルの金を使って人気コンテストをしているようなものなんだよ。自分の性格の最高の部分なり最悪な部分だけを取り出して使うっていうね。『俺はこの手法で、自分を破壊槌として使うよ。本当の俺ではないけど、これが俺だっていうふりをしてね』って感じでね」

一方、クラシックなラインナップでの再結成を果たしたスマッシング・パンプキンズは現在、来たるUSツアーやEPのリリースに向けて取り組んでいる。また、ビリー・コーガンは先日、“1979”のミュージック・ビデオ風のハウス・パーティーを7月28日にロサンゼルスで開くことを発表している。

スマッシング・パンプキンズは近日中の新曲のリリースが期待されている。

RECOMMEND NEWS

  1. スマッシング・パンプキンズ、最新ツアーのドキュメンタリー映像が公開

  2. スマッシング・パンプキンズ、オフィシャル・サイトでカウントダウン開始

  3. スマッシング・パンプキンズ、待望の新作を11/16にリリースすることを発表

  4. ペイヴメントのスティーヴン・マルクマス、スマッシング・パンプキンズの再結成について語る

  5. ジェイムス・イハ、ア・パーフェクト・サークルには在籍するもツアーには参加しないことを発表

  6. スマッシング・パンプキンズ、『サイアミーズ・ドリーム』のジャケットをオリジナル・モデルで再現

  7. スマッシング・パンプキンズのビリー・コーガン、“Sweet Sweet”を23年ぶりに演奏

  8. スマッシング・パンプキンズのビリー・コーガン、『アドア』制作時の過ちについて語る

  9. スマッシング・パンプキンズのビリー・コーガン、バンドをやる動機について語る

  10. スマッシング・パンプキンズ、再結成ツアーの詳細を発表

  11. スマッシング・パンプキンズ、膨大なアーカイヴ音源をリリース予定であることを明かす

  12. スマッシング・パンプキンズ、ニュー・シングルを今週金曜日にリリースと報道

  13. スマッシング・パンプキンズのジェフ・シュローダー、ジェイムス・イハとの関係について語る

  14. スマッシング・パンプキンズ、豪華ゲスト参加の結成30周年コンサートのセットリストが明らかに

  15. スマッシング・パンプキンズのビリー・コーガン、『シュレック』OSTをめぐってスマッシュ・マウスと対立