アヴィーチー、生前に取り組んでいたアルバムのリリースについて彼のチームが言及

アヴィーチーのチームの担当者はアヴィーチーが生前に取り組んでいたアルバムが今年中にリリースされるという噂を疑問視した一方で、いずれはリリースされる可能性も示唆している。

本名をティム・バークリングという、DJにしてプロデューサーのアヴィーチーは現地時間4月20日に享年28歳で亡くなっており、遺体はオマーンのマスカットで発見されている。死因については自殺と報じられている。

ノルウェーの「アフテンブラデット」紙は先日、「アヴィーチーの遺族はレコード会社の代表者や関係者らと話し合いの場」を持ち、「今年中にアルバムをリリースすることで合意に至った」という情報筋のコメントを掲載し、アヴィーチーが生前に取り組んでいたアルバムのリリースが準備されていると報じている。

しかしながら、アヴィーチーのチームの担当者は今回、報道について「噂に過ぎない」とするコメントを発表し、「現時点で音楽のリリースに関する具体的なプランはない」と述べている。

アヴィーチーの葬儀については先日、最も近い近親者のみによる非公開で執り行われることが発表されている。

「音楽ファンの方々からはアヴィーチーとして知られているティム・バークリングの葬儀について、とても多くのお問い合わせを頂いています」と遺族は声明を発表している。

「バークリング家は今回、葬儀については生前にティムと最も近しい関係にあった方々の参列のもと、非公開で行うことを決定致しました。メディアの方々につきましても、今回の決定を尊重頂ければと存じます。今後、さらなる情報を発表する予定はありません」

ホールジーとザ・チェーンスモーカーズは現地時間5月20日に開催されたビルボード・ミュージック・アワード2018の授賞式でアヴィーチーを追悼している。

「彼が亡くなったことは、音楽の世界や僕たちにとって大きな損失です。彼はアーティストとして多くの人たちにあらゆる方法で影響を与えてくれ、簡潔に言えば、彼は僕たちを初めとしてEDMコミュニティの多くのアーティストにとって本当に大切な存在でした」とザ・チェーンスモーカーズのドリュー・タガートはトップ・ホット・100・ソング賞のプレゼンターとして登壇した際に語っている。

RECOMMEND NEWS

  1. アヴィーチーの訃報を受けて遺族が声明を発表

  2. リタ・オラ、人生を変えてくれたとしてアヴィーチーに追悼の意を捧げる

  3. アヴィーチー、亡くなる前に新曲に取り組んでいたことが明らかに

  4. エリック・クラプトン、今年リリースするクリスマス・アルバムの1曲をアヴィーチーに捧げる

  5. アヴィーチー、死亡診断書が発行されたことが明らかに

  6. アヴィーチーの両親、ファンが彼との思い出を共有できる追悼サイトを発表

  7. アヴィーチーが逝去。現時点での声明の全文訳を掲載