リバティーンズ、ホテルをオープンさせる地元のパブで行ったライヴの映像が公開

ザ・リバティーンズはケント州マーゲイトにホテル兼スタジオをオープンするのに伴って地元のパブで現地時間5月25日小規模なライヴを行ったという。

カール・バラーはインスタグラムでこのライヴの映像を公開しており、映像ではカール・バラーとピート・ドハーティがマーゲイトのタップルーム・パブで“Death On The Stairs”のアコースティック・バージョンを披露している。

映像はこちらから。

Tonight at the tap room in margate #libertines #rustyjames #etc

Carl Bâratさん(@carlbarat78)がシェアした投稿 –

また、現地時間5月23日、ザ・リバティーンズは同じくマーゲイトのトム・サム・シアターにて、たった80人の観客の前でライヴを行ったという。

ザ・リバティーンズは先日、ホテル兼スタジオをオープンする計画について正式発表している。

フロントマンであるピート・ドハーティは2016年に初めてこの計画について明かしており、「僕らはリバティーンズ・ホテルをオープンするつもりなんだ。スタジオ、ナイトクラブやバーがあるね」と語り、次のように続けている。「料金を払えば誰にでも利用可能なんだよ」

建物については5階建ての10部屋であること、「ジ・アルビオン・ルームス」という名称になることが発表されており、オープン日やローンチ・パーティの詳細についても近日中に発表されるという。

バンドのプレスリリースには次のように綴られている。「映画で観たザ・ビートルズやモンキーズといった昔ながらのバンドの共同生活に感化され、カール(・バラー)、ゲイリー(・パウエル)、ジョン(・ハッサール)、ピート(・ドハーティ)は、リビングに芸術空間があり、ウォーホルのファクトリーのような部屋があり、ゲストルームやバー、そしてスタジオがあるようなクリエイティヴな家を探していました」

関連NEWS

  1. リバティーンズのゲイリー・パウエル、新作の進捗状況について語る

  2. リバティーンズ、フェスでキュレーションを務めるステージの出演者が発表に

  3. リバティーンズ、来月に出演するフェスティバルが当面の間は最後のステージになると明かす

  4. リバティーンズ、9/22に予定されていたブラックプール公演を延期することを発表

  5. リバティーンズ、12月にブラックプールで予定されていた公演がキャンセルに

  6. pete-doherty

    The Libertinesのpete doherty、The VerveのThe Drugs Don’t Workのカヴァーを披露

  7. ピート・ドハーティ、服役者の社会復帰を支援するチャリティにアートワークを出品

  8. リバティーンズやパティ・スミスら、パレスチナの慈善イベントで元マンU選手と共演

  9. カサビアンのサージ・ピッツォーノの個展にリバティーンズのカール・バラーらが出席

  10. リバティーンズ、ロバート・スミスによるメルトダウン・フェスでザ・キュアーの“Boys Don’t Cry”をカヴァー

  11. Pete Doherty

    Pete Doherty、新バンドによるデビュー作より“Who’s Been Having You Over”のビデオが公開

  12. リバティーンズ、ニュー・アルバムのリリース時期を明かす

  13. リバティーンズ、ホテル兼スタジオを計画している不動産を無事購入したことが明らかに

  14. リバティーンズ、ホテル兼スタジオの名称を発表してスタジオからの最初の映像を公開

  15. ザ・リバティーンズ、フェスティバルのキュレーションを手掛けることが明らかに