ダミアン・ライス、10年間お蔵入りになっていた楽曲“100 Miles Across The Room”が公開

ダミアン・ライスは10年間お蔵入りになっていた楽曲“100 Miles Across The Room”を公開している。

“100 Miles Across The Room”は「10デイズ・トゥ・バルセロナ」と題されたプロジェクトで制作された楽曲で、このプロジェクトはダブリンからバルセロナまで自身のMiniに乗って旅する中で、1日1曲を作っていくというものだったという。

10年前にダミアン・ライスはこのプロジェクトを行ったが、そこで制作された楽曲はお蔵入りとなっていた。今回、これから数ヶ月にわたって、これらの楽曲のレコーディングをスタジオで行い、このプロジェクトの楽曲を公開していくという。

“100 Miles Across The Room”は2種類のバージョンが公開されている。

ダミアン・ライスが最後にリリースしたアルバムは2014年リリースの『マイ・フェイヴァリット・フェイデッド・ファンタジー』となっている。