フー・ファイターズのデイヴ・グロール、かつてナイン・インチ・ネイルズのレコーディングに遭遇した逸話を明かす

フー・ファイターズのフロントマンであるデイヴ・グロールは、かつてナイン・インチ・ネイルズの『ザ・ダウンワード・スパイラル』のレコーディングに遭遇していたことを明かしている。

ナイン・インチ・ネイルズは新作『バッド・ウィッチ』を6月22日にリリースする。6曲を収録した新作は、2016年発表の『ノット・ジ・アクチュアル・イベンツ』、2017年発表の『アッド・ヴァイオレンス』に続く、3部作を締めくくる作品となる。

ブリティッシュ・エアウェイズの機内誌『ハイ・ライフ』によるインタヴューの中で、デイヴ・グロールはかつてバイクで散策していた頃の思い出について語っている。

「エンジェルス・クレスト・ハイウェイをちょっとバイクで行ったり、ヴェンチュラを北に登ったりしたところには、隠れ場所がたくさんあってね。昔は(カリフォルニアの)ヴァレー・マウンテンズをツーリングするのにハマっていたんだ。現実逃避してる気分になるんだよ。ピューマと遭遇したり、迷子になったりしているとね」

「1992年の暑かった日にヴァレーにいたことがあってね。友達と毎日プールがある場所を探していたんだ。ある日友達がこう言ってきてね。『今からどこで泳ぐと思う?(チャールズ・)マンソンが(女優のシャロン・テートの)一家を殺害した家だよ!』ってね。俺たちがそこへ行くと、ナイン・インチ・ネイルズが家の中でアルバムをレコーディングしていたんだ。それで、一週間、彼らとつるんでいたんだよ」

デイヴ・グロールはまた、かつてハリウッドのレインボー・バー・アンド・グリルという店で今は亡きモーターヘッドのレミー・キルミスターと過ごしたことについても語っている。

「レインボー・バー・アンド・グリルはロサンゼルスで一番お気に入りの飲み屋なんだ。この世で一番偉ぶっていないお店だからね。みんな歓迎してくれるんだ。ビジネスマンもいるけど、1982年にホワイトスネイクと働いていた人たちにだって会えるんだよ。一度そこでレミーと飲んだことがあったんだけど、その時にバーテンダーがレミーに郵便物を持ってきたこともあってね。それから、ピザも美味しいよ」

デイヴ・グロールは先日、過去にデヴィッド・ボウイに共作を断られたことを明かしている。

生前、デイヴ・グロールはデヴィッド・ボウイとのコラボレーションを希望していたが、デヴィッド・ボウイには断られたとしている。

今回、とあるバンドがその曲に取り掛かっており、リリースされる予定であることが明らかになっている。デイヴ・グロールは英『GQ』誌に次のように語っている。「実は最近他の人にあげてしまったんだけどね。それには何年も取り組んでいて、これまでで最高にクールなものになると思っていたんだ。俺たちは形にしようとして、少し上手くいったから、映画のサウンドトラックにしようと思って(デヴィッド・)ボウイに一緒にやらないかって連絡したんだ。実現はしなかったんだけどね。彼は映画が気に入らなかったんだ。俺じゃなくてね、気に入らなかったのは映画だよ(笑)。それで俺はもう一回その曲に取り組んでみたんだけど、その後で他のバンドにあげたんだ。彼らはまだそれを使っていないけどね」

そのバンドがその曲をリリースするかどうかについて訊かれると、デイヴ・グロールは次のように答えている。「俺はサプライズを台無しにしたくはないからね」

RECOMMEND NEWS

  1. デイヴ・グロール、ニルヴァーナでソングライティングを担当しなかった理由を明かす

  2. フー・ファイターズ、ホーキング博士が亡くなったのを受けて追悼の意を表明

  3. フー・ファイターズ、米TV番組「エレンの部屋」でパフォーマンスを披露

  4. フー・ファイターズ、ドラムを披露した少年がなかなかステージを降りようとせず話題に

  5. フー・ファイターズ、ジョン・レノンとヴァン・ヘイレンをマッシュアップした動画を公開

  6. フー・ファイターズのデイヴ・グロール、娘と共にアデルの“When We Were Young”をカヴァー

  7. フー・ファイターズのテイラー・ホーキンス、ドラマーとしてリアム・ギャラガーと共演したいと語る

  8. フー・ファイターズのデイヴ・グロール、ジョン・レノンやアデルのように歌いたかったと語る

  9. フー・ファイターズ、ライヴの客席でファンが結婚式を挙げる

  10. フー・ファイターズ、新作『コンクリート・アンド・ゴールド』が全米1位を獲得

  11. フー・ファイターズのデイヴ・グロール、ライヴで再び足を骨折しかける

  12. フー・ファイターズ、最新作のレコーディングでのスタジオ開放主義について語る

  13. デイヴ・グロール、レッチリのチャドとポール・マッカートニーのドラム演奏について語る

  14. 725個のルービック・キューブで作られたデイヴ・グロールの肖像が公開

  15. デイヴ・グロール、カート・コバーンが亡くなった時期の自身を振り返る