レディー・ガガ、初の長編映画出演作のトレイラー映像が公開

レディー・ガガは初の長編映画出演作となる『ア・スター・イズ・ボーン(原題)』のトレイラー映像が公開されている。

映画は全米で10月5日の公開が予定されており、ブラッドリー・クーパーが主演と監督を務めている。

映画のトレイラー映像はこちらから。

映画にはアンドリュー・ダイス・クレイ、サム・エリオット、デイヴ・チャペルらも出演している。

映画にはレディー・ガガがブラッドリー・クーパーと書いたオリジナル曲やルーカス・ネルソン、ジェイソン・イズベル、マーク・ロンソンらによるオリジナル楽曲も使用されている。楽曲はすべてライヴでレコーディングされたという。

レディー・ガガは4月にデビュー・シングル“Just Dance”がリリースから10周年を迎えたことを受けてファンに感謝の気持ちを伝えている。

“Just Dance”は2008年の4月8日にリリースされている。同曲はリリースから半年以上を経た2009年1月に全米シングル・チャートの1位を獲得し、3週にわたって1位をキープしている。

現地時間4月8日にレディー・ガガはテレビ出演時の映像や一般の人によるカヴァー、ダンス動画などを組み合わせた映像をツイートしており、次のようにキャプションに添えている。「“Just Dance”のリリースから10年が経ったなんて信じられないわ。すごく感動しているし、この期間、みんなが一緒にてくれたことについてリトル・モンスターにはすごく感謝してるの。多くのことに乾杯を、そしてみんなが自分自身でいる愛と勇気に満たされることを。本当に愛しているわ」

RECOMMEND NEWS

  1. ウータン・クラン、デビュー作から25周年を記念したショート・フィルムが映画『キックス』のレイトショーにて上映されることに

  2. レディオヘッドのトム・ヨーク、映画『ファイト・クラブ』の音楽を依頼されていたことを明かす

  3. クイーンの映画『ボヘミアン・ラプソディ』、マレーシアで大幅にカットされていることが明らかに

  4. 映画『スパイナル・タップ』、日本劇場初公開を記念してタイアップメニューの販売が開始

  5. レディー・ガガ、デビュー・アルバム『ザ・フェイム』10周年を記念した様々なコンテンツが登場

  6. クイーンのロジャー・テイラー、映画からサシャ・バロン・コーエンが降板した理由を語る

  7. レディー・ガガ、映画『アリー/ スター誕生』のサウンドトラックが10/5にリリースされることが決定

  8. レディー・ガガ、メンタル・ヘルスの問題について言及したエッセイを寄稿

  9. ボブ・ディラン、『君の名前で僕を呼んで』の監督によって『血の轍』が映画化されることに

  10. 映画『ボヘミアン・ラプソディ』、主演のラミ・マレックが賛否両論についてコメント

  11. クイーンの映画『ボヘミアン・ラプソディ』、ウェンブリー・アリーナでプレミア上映が行われることに

  12. モーターヘッド、最後の公式ライヴ映像『クリーン・ユア・クロック』より予告編映像が公開

  13. チープ・トリック、『at 武道館』の東阪Zepp上映でトークショーの開催が決定

  14. レディオヘッドのトム・ヨーク、楽曲を提供した長編作品『サスペリア』の予告編が公開に

  15. クイーンの映画『ボヘミアン・ラプソディ』、主演のラミ・マレックについてのメイキング映像が公開