ニルヴァーナの『イン・ユーテロ』のレコーディングで使われたマイクが競売に

ニルヴァーナの『イン・ユーテロ』のレコーディングで使われた3本のマイクが今回オークションに出されている。

この機材は1993年にパキーダーム・スタジオで使用されたもので、アルバムが24周年を迎えたことを受けて、アルバムのプロデューサーだったスティーヴ・アルビニはオークションを開始している。

GETTY

Photo: GETTY

「このマイクは僕が持ってきたもので、ニルヴァーナの『イン・ユーテロ』のレコーディングに使用されたんだ。アルバムの20周年で再発された時の写真にも残ってるよ」とスティーヴ・アルビニはインタヴュー動画で語っている。

「あの写真が出てから、このマイクは歴史的埋蔵物となってね。この機材が重要で、意義深い、価値のあるものになったのを知ってすぐに、スタジオで使用するのを止めなきゃならなかったよ」

「僕はニルヴァーナの残ってるメンバーたちに連絡をとったんだ。デイヴ・グロールに連絡をとった時はパット・スメアも一緒でね。あとはクリス・ノヴォゼリックだよね」と彼は続け、ニルヴァーナに関連する品々を保管する場所があるかどうかを尋ねたという。

「両者ともすぐに『それを売るべきだよ』って言ったんだ」

「僕も売るべきだと感じてね。大切に扱ってくれる人の手に渡すべきだってさ。レコーディング・スタジオの慌ただしい環境でリスクにさらすべきじゃないってね」

オークションは2つ開催されており、一つは「Lomo 19A9」のステレオのセットで、もう一つは「Electro-Voice PL20」が単体で販売されている。

販売サイトでは次のように説明されている。「Lomo 19A9デイヴ・グロールのドラムキットで頭上に掲げられて使用されたものです。また、Electro-Voice PL20とLomo 19A9の1本はカート・小ヴァーンのヴォーカルのレコーディングにも使用されています」

オークションはこちらから。

https://reverb.com/shop/electrical-audio

オークションは9月30日まで受け付けられている。

RECOMMEND NEWS

  1. 桑田佳祐 アルバム”1位返り咲き”は20年ぶりの快挙

  2. 英俳優、娘がベスティバルの会場で亡くなったことを受けて心境を明かす

  3. エアロスミスのスティーヴン・タイラー、ステージ復帰となる公演が決定

  4. 和田アキ子がついにアメブロ開設へ

  5. 香取慎吾「スマステ」きょう最終回、テレ朝前には多くのファン

  6. リンキン・パーク、チェスター・ベニントン追悼公演に出演するゲスト・アーティストが明らかに

  7. 金子マリ率いるMari kaneko Presents 5th Element Will パール兄弟の窪田晴男を迎え4年ぶりに新作をリリース! 本日より新宿アルタビジョンにてトレーラー映像放映

  8. フレデリック、最新ミニアルバムの特典DVDトレーラー映像を公開

  9. 黒木華、腹が立った時は「ロックを大音量で。重低音が好き」

  10. ナイル・ホーラン、ソロ・アルバム『フリッカー』の詳細が決定。国内盤にはオフショット映像も

  11. シュリスペイロフ 新曲「ガール」の先行配信&MV公開決定!

  12. U2、「サタデー・ナイト・ライヴ」の映像を自身のYouTubeチャンネルで公開

  13. SuG、初の日本武道館公演のライブDVD&Blu-rayが12月に発売決定

  14. ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ、来年1月に新作をリリース&新曲を公開

  15. ヴァンパイア・ウィークエンドのエズラ・クーニグ、バンドの新作について更に語る