ニルヴァーナの『イン・ユーテロ』のレコーディングで使われたマイクが競売に

ニルヴァーナの『イン・ユーテロ』のレコーディングで使われた3本のマイクが今回オークションに出されている。

この機材は1993年にパキーダーム・スタジオで使用されたもので、アルバムが24周年を迎えたことを受けて、アルバムのプロデューサーだったスティーヴ・アルビニはオークションを開始している。

GETTY

Photo: GETTY

「このマイクは僕が持ってきたもので、ニルヴァーナの『イン・ユーテロ』のレコーディングに使用されたんだ。アルバムの20周年で再発された時の写真にも残ってるよ」とスティーヴ・アルビニはインタヴュー動画で語っている。

「あの写真が出てから、このマイクは歴史的埋蔵物となってね。この機材が重要で、意義深い、価値のあるものになったのを知ってすぐに、スタジオで使用するのを止めなきゃならなかったよ」

「僕はニルヴァーナの残ってるメンバーたちに連絡をとったんだ。デイヴ・グロールに連絡をとった時はパット・スメアも一緒でね。あとはクリス・ノヴォゼリックだよね」と彼は続け、ニルヴァーナに関連する品々を保管する場所があるかどうかを尋ねたという。

「両者ともすぐに『それを売るべきだよ』って言ったんだ」

「僕も売るべきだと感じてね。大切に扱ってくれる人の手に渡すべきだってさ。レコーディング・スタジオの慌ただしい環境でリスクにさらすべきじゃないってね」

オークションは2つ開催されており、一つは「Lomo 19A9」のステレオのセットで、もう一つは「Electro-Voice PL20」が単体で販売されている。

販売サイトでは次のように説明されている。「Lomo 19A9デイヴ・グロールのドラムキットで頭上に掲げられて使用されたものです。また、Electro-Voice PL20とLomo 19A9の1本はカート・小ヴァーンのヴォーカルのレコーディングにも使用されています」

オークションはこちらから。

https://reverb.com/shop/electrical-audio

オークションは9月30日まで受け付けられている。

RECOMMEND NEWS

  1. リアム・ギャラガー、「俺がブラーと問題があったことはない」と語る

  2. スカパラ 走行中の都営大江戸線でシークレットライブ

  3. リアム・ギャラガー、いつもパーカーとサングラスを身に着けている理由を明かす

  4. カート・コバーンの娘のフランシス、父親の遺産からの収入が明らかに

  5. “史上最高にかわいい”広瀬すずがスピッツ『歌ウサギ』を口ずさむ

  6. リバティーンズ、9/22に予定されていたブラックプール公演を延期することを発表

  7. リンキン・パーク、ファンが制作した“One More Light”のリリック・ビデオを公式公開

  8. アークティック・モンキーズのアレックス・ターナー、アレクサ・チャンと復縁か

  9. ファーギー、新作より“Tension”のミュージック・ビデオを公開

  10. キラーズ、ドナルド・トランプ政権下での北朝鮮情勢について語る

  11. カーリー・レイ・ジェプセン、“Cut To The Feeling”のミュージック・ビデオが公開に

  12. ホラーズ、新作より“Something To Remember Me By”のミュージック・ビデオを公開

  13. デイヴ・グロール、ニルヴァーナの楽曲を元メンバーたちと演奏した時の心境を振り返る

  14. GLAY「無償提供したい」結婚式での楽曲使用に全面協力

  15. 号泣必至の予告映像解禁「8年越しの花嫁」主題歌はback number