モービー、チャリティのために自身のレコード・コレクションすべてを出品することが明らかに

モービーはチャリティのために自身のレコード・コレクションをすべて売りに出すことが明らかになっている。

コレクションにはサイン入りのアナログ盤やレア盤、テスト盤も含まれており、そのほとんどはマーズやナサ、シェルターなどのニューヨークのクラブでのDJセットに使用したものだという。モービーのコレクションは現地時間6月14日よりアナログ盤販売サイト「リヴァーヴLP」で販売される。

「リヴァーヴLP」のウェブサイトはこちらから。

https://lp.reverb.com/

アナログ盤の売り上げはすべて「政策決定機関や業界、医療界、メディア、そして一般の方々と共に、人類や動物のためのよりよい未来づくり」に取り組む機関である「責任ある医療のための医師の会」に寄付される。

「僕は自分で持っているよりもむしろ誰かに持っていて欲しいと思っていてね。だって、他の人が持っているほうが、聴いてくれるだろうし、気に入ってくれるだろうからね」とモービーは自身のコレクションを紹介する動画の中で語っている。

「それに、『責任ある医療のための医師の会』にもお金が行くからね。みんなにとって嬉しいことなんだ。まあ、僕以外は、かな。手元にレコードが一枚もなくなってしまうからね」

「リヴァーヴLP」が公開しているモービーが自身のレコード・コレクションを紹介する動画はこちらから。

「悟りの境地を求めると、諸行無常のように物事を観ることになるわけでさ」とモービーは出品するに至った経緯について「コンシークエンス・オブ・サウンド」に語っている。

「ほら、僕らが愛するものはすべて、いつかなくなってしまうわけでね。そういうわけで、『僕もプロセスに参加して、心から気にかけている団体を支援したらどうだろう?』って思ったんだ」

モービーは先日、エイサップ・ロッキーのサード・アルバム『テスティング』に収録されている“A$AP Forever”にフィーチャリング・アーティストとしてクレジットされており、同曲にはモービーの名曲“Porcelain”のサンプリングが使用されている。

RECOMMEND NEWS

  1. モービー、ドナルド・トランプ大統領のロシア疑惑について語る

  2. モービー、ニュー・アルバムより“Mere Anarchy”のミュージック・ビデオを公開