リアム・ギャラガー、マンチェスターのチャリティのためにハチの像をデザイン

リアム・ギャラガーはチャリティ「ウィー・ラヴ・マンチェスター」の資金集めに協力するためにハチの像をデザインし、ペイントしている。

リアム・ギャラガーが作ったハチの像は高さ1.8メートルを誇り、プロジェクト「ビー・イン・ザ・シティ」の一環としてマンチェスターの道路に展示されるという。働きバチはマンチェスターを象徴するシンボルとして知られ、昨年、アリアナ・グランデのマンチェスター公演でテロが発生して以降は希望のシンボルともなっている。

2018年7月から9月にかけてマンチェスターで開催される「ビー・イン・ザ・シティ」は100体のハチの像が道路に展示されるもので、すべて異なるアーティストによってペイントされている。リアム・ギャラガーによる「ロックンロール・ビー」の他にも、マッドチェスターの中心地となったクラブ、ハシエンダに基づいて作られた「ハ “ビー” エンダ」、「24アワー・パーティー・ビー」も道路に出現する。アーティストのレスリー・ハミルトンは、ザ・ストーン・ローゼズのデビュー・アルバムのレモンのアートワークにちなんだ「アイ・ワナ・ “ビー”・アドアード」を考案している。

イベントの最後にはすべての作品がオークションにかけられ、そこで得られた収益はすべて「ウィー・ラヴ・マンチェスター」に寄付されるという。「ウィー・ラヴ・マンチェスター」は、マンチェスターの生活環境と安全に寄与する団体となっている。

リアム・ギャラガーによるハチの像はこちらから。

Marie Clare Scott

Photo: Marie Clare Scott

リアム・ギャラガーはハチ好きで知られ、2009年にもミツバチを守る「セイヴ・ザ・ハニー・ビー」キャンペーンを支援し、「ミツバチが絶滅してしまう前に保護しなくてはならない」と語っている。キャンペーンの一環としてリアム・ギャラガーはハチの着ぐるみを着た男性に会い、人々の注意を喚起している。

「これは取り組む価値のある問題なんだ」と当時リアム・ギャラガーは『ザ・サン』紙に語っている。「ハチがいなくなったら、ものすごく困るわけでさ」

リアム・ギャラガーは、2009年のV・フェスティバルへの出演をウイルスによる喉の炎症でキャンセルした際、ハチミツによってすぐに症状が治ったという経験からハチの窮状を意識するようになったという。

RECOMMEND NEWS

  1. リアム・ギャラガー、“Some Might Say”のアコースティック・バージョンを披露

  2. リアム・ギャラガー、兄のノエルと再会することになったことを明かす

  3. リアム・ギャラガー、親として自分には説得力がないと語る

  4. リアム・ギャラガー、初めて買ったレコードについて語る

  5. ローリング・ストーンズ、マンチェスター公演にリアム・ギャラガーが出演しなかった理由を語る

  6. リアム・ギャラガー、一度も会ったことのなかった娘との対面に涙と報道

  7. リアム・ギャラガー、ポール・マッカートニーの前でマルガリータをピザと間違えた逸話を語る

  8. リアム・ギャラガー、肺感染症でロラパルーザ・チリのステージを途中で降りる

  9. リアム・ギャラガー、グラストンベリー・フェスのスピンオフ公演に出演することが決定

  10. リアム・ギャラガー、セカンド・アルバムのレコーディングのためにヨーロッパ・ツアーを延期

  11. リアム・ギャラガー、オアシス解散以降のノエル・ギャラガーについて語る

  12. リアム・ギャラガー、コールドプレイについて最初の2枚は素晴らしいと語る

  13. リアム・ギャラガー、会場の電気関係の問題でリチャード・アシュクロフトとのライヴが中止に

  14. リアム・ギャラガー、オアシス再結成の呼びかけに対する兄のノエルの反応に言及

  15. テロ事件から1年を受けてマンチェスター市民がオアシスの“Don’t Look Back In Anger”を大合唱