横浜のカルチャーフェス GREENROOM FESTIVAL’18の初日をレポート

5月26日(土)・27日(日)にサーフカルチャーやビーチカルチャーをルーツに、音楽、アート、フィルムのカルチャーフェスティバル「GREENROOM FESTIVAL」が開催されました。会場は横浜の景色と海風を体感できる赤レンガ倉庫。
フェスと聞くと、遠かったり山奥だったりというイメージがあるかもしれませんが、首都圏近郊なのでとにかくアクセスがよく、会場は駅から徒歩10分ほどの距離にあります。気軽に参加できるので、フェスに行き慣れていない人にもオススメです。
当日はお天気に恵まれ、心地よい海風が吹く中、一足早く夏を感じました。
greenroom

今年は初日の入場チケットがソールドアウトし、出演アーティストには

Jimmy Cliff
Vintage Trouble
ハナレグミ
EGO-WRAPPIN’
THE King ALL STARS
平井 大
MONKEY MAJIK
GLIM SPANKY
never young beach
SOIL&”PIMP”SESSIONS
Nulbarich
七尾旅人
KNOWER
スガ シカオ(solo)
藤原さくら
SANABAGUN.
WONK
小袋成彬
Port of Notes
King Gnu
DATS
LUCKY TAPES
DJ HASEBE
高木完
Rude-α
リベラル
DJ TOGA
DJ NORI
Kenichiro Nishihara
Dazzle Drums

と、ジャンルレスにして、小袋成彬やLUCKY TAPESなどの若手アーティストから、THE King ALL STARSやJimmy Cliffなどのレジェンドアーティストまで、カルチャーが根底にあるからこそ、混ざることができるのも、このGREENROOM FESTIVALの魅力だ。

もちろん、サーフムービーや環境映画を鑑賞することができる「BAY THEATER」など、音楽以外でのビーチカルチャーを牽引する、たくさんのアーティストの作品に出逢えるのも、GREENROOM FESTIVALならでは。

アートエリアのコンテナに飾られた作品は、どれも足を止めて見たくなるものばかり。それぞれの表現スタイルでメッセージが込められたアートに、カメラを向ける人もたくさんいます。
また、アパレルのショップが数多く出店していることもあり、おしゃれな人が多く参加しています。
ファッションを楽しむにもちょうどいい気候です。都市型フェスなので、いかにもフェスっぽい格好の人は少なく、普段着で気軽に参加できます。
下がアスファルトなので靴も服も全く汚れません。他のフェスとは違って、フェスのために服装の準備をしなくていいのも魅力的。

夕日に染まる頃には、会場の雰囲気もガラリと変わり、少しずつライトアップされる会場。
ライトガーランドや様々な色に変化する照明がとても幻想的な空間を演出していました。遠くには観覧車やランドマークタワーの夜景も見え、贅沢な景色と少し冷たい夜風を浴びながらゆったりと音楽に浸ることができるのも醍醐味だ。

音楽やアートと海の繋がりを全身で感じることができるGREENROOM FESTIVAL。
普段耳にする音楽も、この場所で聴くと何か特別なものに変わる瞬間がたくさんある。
様々な作品と触れ合い、横浜の海風を浴びながら特別な空間で聴く音楽はとても贅沢なものだった。

GREENROOM FESTIVAL

Official Site:http://greenroom.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/GreenroomFestival
Instagram:https://www.instagram.com/greenroomfestival/

RECOMMEND NEWS

  1. hideバースデーイベント後、突如流れた20年の集大成映像&告知

  2. ファーギー、新作より“Tension”のミュージック・ビデオを公開

  3. ベック、“Up All Night”の日本語字幕入りミュージック・ビデオが公開

  4. 山下達郎『クリスマス・イブ』が32年連続オリコンTOP100入り

  5. アンダーワールド、日本時間10/21午前4時よりアムステルダム国立美術館のライヴが生中継

  6. リバティーンズ、12月にブラックプールで予定されていた公演がキャンセルに

  7. フー・ファイターズ、主催フェス「CAL JAM」の日本特使にマキシマムザ亮君が就任

  8. H ZETTRIO、新曲「What’s Next」が NECのノートPC「LAVIE Note NEXT」CMソングに! 11月中旬以降、全国オンエア!映像には本人も出演。 該当曲12/6(水)配信リリース

  9. グリーン・デイのビリー・ジョー、「バスケット・ケース」と題したアイライナーが発売に

  10. ローリング・ストーンズ、初のオフィシャル・ポッドキャストがスタート

  11. 石野卓球(電気グルーヴ)、自身の誕生日前日にニューアルバム『ACID TEKNO DISKO BEATz』をリリース

  12. レディオヘッドのトム・ヨーク、『トゥモローズ・モダン・ボクシーズ』の再発と北米での2公演を発表

  13. ブロッサムズ、マンチェスター・アリーナ再オープン公演でノエルと会えたことを明かす

  14. ラスベガスの音楽フェスで銃乱射事件が発生。現場の映像がオンラインに

  15. 今年のマーキュリー・プライズの受賞者が発表に&授賞式の全パフォーマンス映像が公開